幼児教育学科

教育目標・ポリシー

学科がめざす人物像(ディプロマ・ポリシー)

  1. 保育者としての知識と技能、問題解決能力を身につけている。
  2. 保育現場で必要とされている多様な表現方法を習得している。
  3. 社会から要請される保育について、主体的かつ創造的に実践することができる。
  4. 保育現場に臨む際の人権尊重の精神と礼節を身につけている。

学びの基本方針(カリキュラム・ポリシー)

  1. 初年次教育において、専門分野を学ぶための基礎的な学習方法を身につける。
  2. 教育学、社会福祉学、心理学、保育における5領域に関する講義、演習群を通して、保育者の基礎的な知識・技能を養う。
  3. 保育に関わる理論とともに、実技・実習を重視し、保育者としての実践力を養う。
  4. 保育の各専門分野において、基礎的な内容から、より専門的な科目、実践的な科目へと展開するとともに、能動的学修の充実を図る。
  5. 実習指導の活動を核に、実習に関するサポートをきめ細かく行い、理論と実践の有機的な統合ができるよう配慮する。
  6. 領域「表現」において、3分野(音楽・造形・身体)」それぞれの表現指導法を設置し、充実を図る。
  7. 共感する心とそれを表現する力を養い、保育者としての豊かな感性と創造性を育む。
  8. 人権尊重の精神を学ぶとともに、社会人としての礼節を身につける。
  9. 様々な保育の現場に対応するために、人権尊重の保育と基本的な礼節を重視し、演習や実習指導に取り組む。

学科が求める人物像(アドミッション・ポリシー)

  1. 保育をめざす高い志と、本学での就学に必要な基礎学力及び、基礎技能をもつ人
  2. 積極的に学ぶ意欲と臨機応変に課題を処理する柔軟性をもつ人
  3. 明朗活発で協調性があり、対人関係を円滑に築くことができる人