【人間総合学科】
 人間総合コース

【人間総合コース】フードビジネス

たとえばパスタも生地からつくる。そこから様々なことが見えてきます。

学びのポイント

  • Point1
    実生活で役立つ知識と実践力を養成します。

    食品の栄養素などの成分やその働きといった基礎の理論はもちろん、食の本質である「おいしさ」「楽しさ」「おもてなし」が学べる調理やコーディネートの実習・演習も豊富。製造から販売、消費までの食品流通も具体的に学びます。

  • Point2
    「食」の消費・流通分野で活躍する専門家に。

    食品業界では、消費者に近い流通や販売業には専門家が少ないのが現状です。フードスペシャリストやフードコーディネーター3級を取得することで、食の専門家として、食品の開発、製造、流通、販売、外食産業など、広範な分野で活躍できます。

  • めざす資格

    • フードスペシャリスト
    • フードコーディネーター 3級
    • ビジネス実務士
    • マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS) など

Pick up

  • カリキュラム/食の安全性

    カリキュラム/食の安全性

    食の安全性について不安が高まる現状をふまえ、食中毒の原因や防止、食品の腐敗や変敗の防止、食品添加物や遺伝子組み換え食品の安全性などについて学び、食品安全性評価の手法を修得します。

  • ゼミナール/食育研究

    ゼミナール/食育研究

    自身の食育について考えるゼミです。1年を通じて簡単な菓子から豆腐、卵麺まで、素材から手づくりすることによって、食の「おいしさ」「楽しさ」「大切さ」を実感できます。また、食材、文化、衛生、テーブルマナーなど、食育に欠かせないトピックを書籍や動画で学び、レポートにまとめて食の知識を深めていきます。

学生の声

食に対する好奇心を自由に伸ばしてくれる環境です

人間総合学科 2年 土岐 菜緒さん

人間総合学科 2年
土岐 菜緒さん 新潟県 北越高校出身

調理実習ではラザニアやパエリアなど難しい料理に挑戦できたり、豆腐を大豆からつくる実習では友人と残ったおからをさらに調理したことが評価されるなど、自由な発想や意欲を伸ばすことができる環境でした。テーブルコーディネートの授業では、演出次第で大きく変わる料理の魅力の引き出し方を学びました。就職は第1志望のスーパーマーケットに決まったので、食の実習経験、専門的な知識、さらにビジネス領域で学んだビジネスマナーやスキルなど、2年間の学びを活かしながらキャリアアップしていければと思います。

私は3つのフィールドを選択!

取得資格

  • フードコーディネーター 3級
  • 秘書技能検定 3級
  • マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)[Word・Excel]

5つの履修コース