【人間総合学科】
 人間総合コース

【人間総合コース】フードビジネス

たとえばパスタも生地からつくる。そこから様々なことが見えてきます。

学びのポイント

  • Point1
    実生活で役立つ知識と実践力を養成します。

    食品の栄養素などの成分やその働きといった基礎の理論はもちろん、食の本質である「おいしさ」「楽しさ」「おもてなし」が学べる調理やコーディネートの実習・演習も豊富。製造から販売、消費までの食品流通も具体的に学びます。

  • Point2
    「食」の消費・流通分野で活躍する専門家に。

    食品業界では、消費者に近い流通や販売業には専門家が少ないのが現状です。フードスペシャリストやフードコーディネーター3級を取得することで、食の専門家として、食品の開発製造、流通、販売、外食産業など、広範な分野で活躍できます。

  • めざす資格

    • フードスペシャリスト資格
    • フードコーディネーター 3級資格
    • ビジネス実務士
    • マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS) など
  • 卒業後の職種

    • 食品販売職
    • 食品営業職
    • ホテル社員
    • レストラン社員
    • 協同組合職員 など

Pick upカリキュラム

  • 食の安全性

    食の安全性

    食の安全性について不安が高まる現状をふまえ、食中毒の原因や防止、食品の腐敗や変敗の防止、食品添加物や遺伝子組み換え食品の安全性などについて学び、食品安全性評価の手法を修得します。

  • 食品学実験

    食品学実験

    講義で得た食品特性の知識をより深く理解できるよう、栄養素、食品添加物、天然色素の定性実験やキャラメル、豆腐、かまぼこ、こんにゃく、パスタ、チーズ、バターなどの製造実験を行います。

Pick upゼミナール

ゼミでは友だちが増えます!専攻しているコースの先生が担当するゼミなので、授業の内容から+αの内容まで教えてくれます!

  • 食育研究

    自身の食育について考えるゼミです。1年を通じて簡単な菓子から豆腐、卵麺まで、素材から手づくりすることによって、食の「おいしさ」「楽しさ」「大切さ」を実感できます。また、食材、文化、衛生、テーブルマナーなど、食育に欠かせないトピックを書籍や動画で学び、レポートにまとめて食の知識を深めていきます。

  • 食品の機能に関する研究

    食品の健康への影響(機能)について学びます。食品表示からわかること、食品に期待できる健康維持や疾病予防の機能について調査研究を行います。また栄養素の吸収と排泄に関わる腸の働きについて学び、自身や家族の各ライフステージにおける健康管理のための基本的な知識や技術を修得します。

学生の声

「より食の近くで仕事をしたい」&「短大で学んだことを活かしたい」

人間総合学科 2年 永井 佑果さん

人間総合学科 2年
永井 佑果さん 新潟県 北越高校出身

「食」に絞り切らず、広く学べる環境を選ぶ
青陵短大への入学は卒業生である姉の薦めがありました。将来の夢は明確ではなかったのですが、食には興味があったので、知識を深め、食に関係する職業に就きたいと漠然と考えていました。青陵を選んだのは、食について学びながらも様々な資格にチャレンジでき、ビジネスの知識も身につけられるからです。
興目標が定まっていない人こそ青陵短大に入学してほしい
自分自身を振り返ると1年次はフードを中心に学びながらビジネス資格の取得に力を注ぎました。2年次に近づく頃に自己分析をはじめ、就きたい職業が絞られてきました。興味のある食の分野で取得した資格を活かしたいと、食品会社の事務職を志望しました。青陵短大には将来の目標が明確に決まっていない人にこそ入学してほしいです。自分に合った将来が、資格取得の勉強や多様な授業を学ぶ中で見つけられると思います。「より食の近くで仕事をしたい」「短大で学んだことを活かしたい」という希望がかなって良かったです。

私の履修選択

取得資格

  • フードコーディネーター 3級
  • ビジネス実務士
  • ビジネス能力検定 3級
  • マイクロソフトオフィススペシャリスト(Word)

取得予定資格

  • ビジネス能力検定 3級
  • フードスペシャリスト資格
  • フードコーディネーター 3級

5つの履修コース