【人間総合学科】
 人間総合コース

【人間総合コース】ファッション・インテリア

ここに集うみんなが幸せになる瞬間をつくります。

学びのポイント

  • Point1
    わたしが「カワイイ」の主役になる。

    アパレルやインテリアは自分を気軽に表現することができ、人を幸せにすることもできるツールです。ファッションショーを通して、服について学びながら創造と表現する楽しさ、人に感動を与える喜びを学びます。

  • Point2
    業界で輝く“プロフェッショナル”をめざす。

    「カワイイ」だけでなく「クール」な業界人となるため、素材や生産・流通・消費分野の基礎知識を体系的に身につけたプロをめざし、消費者の視点から商品を専門的に捉えることを学びます。

  • めざす資格

    • 2級衣料管理士(テキスタイルアドバイザー)
    • ファッション販売能力検定 3級
    • ファッションビジネス能力検定 3級
    • カラーコーディネーター検定 3級
    • 色彩検定 2・3級
    • リビングスタイリスト 2級
    • マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS) など
  • 卒業後の職種

    • ファッションアドバイザー
    • ファッションコーディネーター
    • アパレル販売職
    • アパレル営業職
    • インテリア・家具販売職 など

Pick upカリキュラム

  • インテリアデザイン実習

    インテリアデザイン実習

    インテリア空間を図面や形で表現する方法を学びます。最後の模型制作では、インテリアデザイン概論で学んだことを活かし、窓のデザイン、カーテンの選択や取り付け方、家具の配置、照明計画を行います。

  • 消費科学

    消費科学

    アパレル製品の品質、生産・流通、消費について科学的、総括的に学び、とくに衣料管理士になるためにもっとも大切な、メーカーや流通業者と消費者の橋渡し役としての役割を理解する科目です。

Pick upゼミナール

共通点を持った友人と出会えるのが、私にとってのゼミの魅力です。学校生活でわからないことなど、気軽に先生に相談できる場所でもあります。

  • ファッションデザイン研究

    服装の変遷を時代背景から考察し、流行のファッション・スタイルを研究していきます。その後、ドレスのデザインに欠かせない、ギャザー、フレアー、プリーツ、フリル、ドレープなど様々な技法を、実際に布地を用いて形にして、発表することを目標に授業を行います。

  • 快適性を測定する

    ストレスの多い現代社会において、ストレスから開放される快適な空間や時間はとても重要です。どんなとき、どんな状態が快適かは、個々人によって違います。私たちの身体から快適なときに発信される様々な信号(脳波、ホルモン、心拍変動など)を調べることで、快適な状態を調査・研究します。

学生の声

“興味があることに躊躇しない”が自分の可能性を広げた

人間総合学科 2年 甲斐 汐音さん

人間総合学科 2年
甲斐 汐音さん 新潟県 新潟青陵高校出身

ブライダルに興味があって青陵へ
高校の頃からブライダル業界への憧れがありました。専門学校への進学も考えましたが、それ以外の分野も学びたいと青陵短大を志望しました。ブライダルの演習授業では、実際の結婚式場で挙式や衣装、演出、装花などを学び業務の全体像を把握することができます。またオープンキャンパスのファッションショーで輝く先輩たちを見てから、いつか自分もドレスをつくりたいと思っていたので、ファッションの科目も履修しました。2級衣料管理士の資格も取得し、素材やその特性を学ぶことで、服を買うときの視点も変わったと思います。
ファッションショーを創るまで
ファッションショーを実行できるゼミに所属し、ゼミ長を務めていました。作品製作の大変さに加え、ショーの企画などについて、ほかのゼミ生とたくさんの意見を交換しながら進めてきました。高校時代にオープンキャンパスで見たミニ・ファッションショーは、とても華やかに見えましたが、表からは見えないところに苦労があることを知りました。イメージするドレスが形になったときの感動は言葉に表せないほどでした。ファッションショー当日は、感動とうれしさが交錯しました。先生や大勢の来場者、お世話になった方たちに、ショー終了後、ステージ上から感謝の気持ちを伝えることができました。

私の履修選択

取得資格

  • 2級衣料管理士(テキスタイルアドバイザー)
  • 色彩検定 3級
  • ビジネス実務士
  • ビジネス文書検定 2級
  • 日本語検定 3級

5つの履修コース