1日の流れ

青陵幼稚園でもっとも大切にしている活動は、なにより“毎日の生活”です。

毎日同じ時間に同じルールで生活リズムを安定させることで、
愛情をじゅうぶんに受け止める準備や、集中できる安心感を得ることができます。

  • 登園〜10:30

    登園した子どもたちを待っているのは曜日ごとに用意されるメインの遊び。にじみ絵、蜜蝋クレヨン、機織りなど、感覚が豊かに感じられる道具たちとふれあいます。

    〜お片付け〜
    保育者は時間になると「♪〜お片付けの時間です〜♪」と歌いながら片付け始めます。子どもたちはそれを真似て、片付けを始めます。

  • 10:40〜10:50
    朝の会(ライゲン)

    自然の描写や、生活の営みなどを身体で表現するリズム運動、季節の歌や香りなどを保育者と友だちと共に楽しみ、ファンタジーの世界の中で五感を大いに育みます。

  • 10:50〜外遊び

    光や風、自然の豊かさに触れ、それぞれが、お気に入りの場所で遊んでいます。

  • 11:30 給食

    園の給食は、乳製品と卵を使っていません。ご飯・味噌汁・副菜の和食が基本で、食材と調味料はなるべく地元や国産のものを使用しています。アレルギーの方などは、お弁当や代替えのおかずをお持ちいただくこともできます。

  • 12:30〜13:10
    園庭遊び

    食後の時間はお部屋から出て、園庭などで思い思いに遊びます。思い切り体を動かして楽しむ姿がたくさん見られます。

  • 13:25〜13:50
    帰りの会(わらべ歌・素話)

    1日の終わりとして心を落ち着けて、ゆったりと静かな時間を過ごします。みんなでわらべうた遊びなどをして友だちと一緒の活動を楽しみます。その後、お部屋を少し暗くしてろうそくに火を灯し、集中してお話を聞く「素話」の時間が始まります。

  • 14:00
    さようなら

    さようならの挨拶はひとりひとりに、「あなたを大切に思っている」というメッセージが伝わるように心をこめてしています。

  • 14:30 降園

    降園の時間。
    お迎えの保護者の方には、今日のようすをお伝えしたりも。預かり保育のお子さまは星の子ルームへと移動します。

毎日の生活の中で子どもたちは日々、
新しい発見がたくさんあります。