社会連携センター

幼稚園教諭普通免許状 特例講座について

幼稚園教諭の普通免許状に係る所要資格の期限付き特例について

「幼保連携型認定こども園」で勤務するには、「幼稚園教諭免許状」と「保育士資格」の両方が必要です。改正認定こども園法では、施行後10年(令和6年度末)までは、幼稚園教諭免許状または保育士資格のどちらかを有していれば、「幼保連携型認定こども園」で勤務することができます。しかし、それ以降は「幼稚園教諭免許状」と「保育士資格」の両方が必要となります。
現在、実務経験がある場合、少ない単位数でもう一方の免許状(資格)を取得することができる特例制度が実施されています。

特例講座の対象となる方

保育士資格を有し、認定こども園や保育所等での保育士としての勤務経験が3年かつ4,320時間以上の実務経験を有する方は、所定の科目を8単位以上修得することで、幼稚園教諭免許状を取得することができます。
さらに上記の条件に加えて、幼保連携型認定こども園で保育教諭として2年かつ2,880時間以上の勤務経験がある方は、所定の科目を6単位以上修得することで、幼稚園教諭免許状を取得することができます。

  • ※実務経験の要件を満たしていない方でも、予め単位を修得していただき、実務経験年数などの要件を満たした時点で申請していただければ、資格の取得が可能です。ただし、本特例の期限は2025年3月31日までとなっておりますので、期限までに要件を満たし、申請する必要がございます。ご注意ください。

本学での受講をご希望の方へ

本学での受講をご希望の方は、申込書に必要事項をご記入の上、郵送またはメールで下記お問い合わせ先にご送付ください。

お問い合わせ

新潟青陵大学・新潟青陵大学短期大学部 社会連携センター
〒951-8121 新潟市中央区水道町1丁目5939番地
TEL:(025)368-7053  FAX:(025)266-0124
E-mail:ex※ ※メールを送信するときは「@」および「n-seiryo.ac.jp」を付けてください。
開室時間 平日9:00~17:00(土曜日・日曜日・祝日は除く)