社会連携センター

生活支援体制整備事業

 本学では平成29年度より、新潟市より委託を受け、新潟市中央区関屋・白新圏域における生活支援体制整備事業を運営しております。
 本事業は単身や夫婦のみの高齢者、認知症の高齢者が増加する中、生活支援・介護予防サービスを担う多様な事業主体と連携しながら多様な日常生活上の支援体制の充実・強化及び高齢者の社会参加の推進を一体的に図ることを目的としております。
 具体的には支え合いのしくみづくり推進員が地域ニーズや既存資源の把握、関係者間のネットワーク構築、定期的な情報共有の場づくり等を行っています。

関屋・白新圏域買い物マップ・地域の茶の間一覧

関屋・白新圏域の買い物マップ、地域の茶の間マップ、地域の茶の間一覧、配達してくれるお店一覧を掲載しております。掲載した内容は地域の皆さんや事業者などからいただいた情報をもとに2020年4月時点での情報をもとに作成しております(2020年9月更新)。変更・休止している場合がありますので、必ず実施主体または支え合いのしくみづくり推進へお問い合わせください。

地域の茶の間とは・・・

地域の茶の間とは、集会所や空き家などを利用した、子どもから高齢者まで、障がいの有無や国籍などを問わず、地域に住む誰もが気軽に立ち寄り自由に時間を過ごせる自宅のお茶の間のような場所で、地域の方々が運営しています。新潟市では「地域の茶の間」をベースに支え合いのしくみづくりを進めております。