まとめ



 私は留学オリエンテーションで先輩方のお話を聞いて、私も初めての土地で自分自身の力で生活してみたいと思いました。また、学生生活で大きなチャレンジをしてみたいと思い、参加しました。両親に留学をしたいと思いを伝える時は、自分がどうして留学をしたいのか、そこで何をして、どんなふうに成長したいのかをしっかり伝え、了承してもらいました。英語が得意ではなかったので不安もありましたが留学組のみんなで勉強したり、先生とオリエンテーションしていくうちに留学が楽しみになりました。

 アメリカでは新しい生活にワクワクしつつも、自分の伝えたいことが伝わらないもどかしさがありました。自分の英語力のなさ嫌になり、暗い気持ちになった時もありました。1か月くらいたった時に、留学組のみんなといてばかりでは時間もお金も無駄になると思い、外国人のクラスメイトや友達と行動するようになりました。そのおかげで友達ができ、会話をする機会が増え、話すことが楽しくなり、積極的に話そうと思うようになりました。先生やホストファミリーに英語はあなたの第2言語なのだから、失敗を恐れないでどんどん話そうと言われ、英語が伝わらなくてもジェスチャーなどを使って思いを伝える努力をしようと思いました。友達はアジアの国の人が多かったですが、文化や価値観全く違い、他の文化にも興味を持ちました。他文化を知ることは、勉強になるだけでなく、日本文化のすばらしさに改めて気づく良い機会になりました。ホストファミリー、先生、友達のおかげで今までで1番濃い6か月で夢のような時間過ごすことができました。

 留学を通して、自分に自信をつこと、積極的に行動する大切さを知りました。日本の生活が楽なのは日本語だからとういうだけでなく、いつも周りのみんなに助けてもらっていたからだと分かりました。自分だけでは何もできず、周りの支えがあってこそ、私は頑張れるのだと思いました。なので、これからは自分から率先して、意見を言ったり、行動を起こしたりしようと思います。日本から支えてくれたみんなやアメリカでお世話になったみんなに感謝しています。今回の経験をこれからの生活に活かしていきたいと思います。


 私はもともと自分に自信がなく、英語も得意ではありませんでした。そんな自分を変えるために留学しました。なにかに一生懸命挑戦するすばらしさや努力する大切さに気づくことができると思います。自分が見ている世界がどんなに小さいものなのかを知ることもできます。たくさんの影響を受けて、6か月で必ず変われると思います。自分を変えたい方、大きなチャレンジをしたい方は自分から一歩を踏み出してみてください。







ありがとう


目次へ