出発前準備


事前準備

 5月

 
 留学やGRCCについて、実際にGRCCのステファニーさんから説明を受けたり、先生や先輩方から話を聞いたりしました。申込書の提出とTOEICを受験しました。
 

 6月

 
 メギール先生との面接も受けました。留学に行きたい、という意思を伝えたり、留学に関することで質問したりしました。何を言うか準備しておくことが大切 です。
 

 7月

 
 旅行会社の方、先生、先輩から両親と一緒に留学についての詳しい説明を受けました。しっかり聞いて、たくさん質問もしましょう。
 

 8月

 
 夏休み中に先生や旅行会社の方、先輩方と一緒に留学準備やオリエンテーションを何度か行ないます。また、東京のアメリカ大使館へVISAを取りに行きます。円をドルに替えるのもこの頃にやります。
 

 9月

 
 荷物を詰め終えたスーツケースを成田空港へ送り、いよいよアメリカに向けて出発 です。
 

 

持ち物

 パスポート・VISA・I-20

 
 アメリカだけでなく、海外に行くときは必ず必要です。パスポートは命の次に大切なものなので、留学先での保管にも注意 しましょう。
 

お金

 
 ドルに替えた現金を20万円分ほど持って行きました。向こうでの生活費などは、アメリカで銀行口座を開設したあと、日本から送ってもらいました。海外での現金の持ち歩きは危ないので、買い物は基本的にVISAカードやDEBITカードで支払いました。帰国時の荷物宅配料と新幹線代を3万円ほど日本円のまま用意して行きました。
 

 PC・USBメモリ

 
 授業での発表やレポート作成、撮影した写真をまとめたりするのに使いました。
 

 携帯電話

 
 T-Mobileというアメリカの携帯ショップでホストファミリーとの連絡用に携帯本体を100ドルほどで購入しました。通話やメールで毎月30ドルほどかかりますが、私の携帯料金はホストファミリーが払ってくれました。日本から持って行く携帯は、Wi−Fiがあれば通話・メール以外、アプリなどはできる ので、充分です。
 

 カメラ

 
 たくさん写真を撮りましょう。また、帰国後のHP作成などにも写真が必要です。
 

 電子辞書

 
 向こうでの生活に必要不可欠です。予備の電池なども忘れずに持って行きましょう。
 

 薬

 
 アメリカの薬は強いです。日本の薬を持って行くことをお勧めします。
 

 衣類・洗濯ネット

 
 シアトルは寒いので、冬用の衣類や室内・屋外で体温調節のしやすい服を持って行きました。洗濯が週に一度だったので、衣類も1週間分ほど持って行きました。また、洗濯は1週間分を分けたりせずまとめて洗ったので、洗濯ネットがあると便利 です。
 

 日用品

 
 基本的に向こうで何でも買えるので1〜2 週間分ほど準備しておけば大丈夫です。ただ、空気が乾燥しているので、今使用している保湿クリームなどは日本から同じものを持って行くことをお勧めします。
 

 折り畳み傘

 
 シアトルはほぼ毎日雨が降るので、折り畳み傘があると持ち歩くのにも便利です。
 

 お土産

 
 日本のタオルや、扇子を渡しました。特に扇子は喜んでくれました。留学前にホストファミリーと連絡を取って、聞いてみるのもいいと思います。
 





次へ

目次へ