最後に





感想


                                                     
 私は高校生のときに短大のオープンキャンパスに参加して留学プログラムについて知り、入学後の説明会で詳しい説明を聞き、もっと英語を話せるようになりたい、世界中の人たちと友達になりたいと思い、留学を決意しました。高校生のときからアメリカに留学をしたいと両親に話していたので、反対はされませんでしたが、一緒に行きたそうでした。 不安もありましたが、私は楽しみな気持ちでいっぱいでした。

 アメリカに行ってみて、最初の頃は英語でコミュニケーションを取ることができず、自分の言いたいことも言えず、思い通りにいかない毎日でした。そんな自分を変えたくて、学校のイベントに参加したり、毎日予習復習宿題をやったりしました。少しずつですが、英語が聞き取れるようになり、友達ともスムーズに会話できるようになったと実感できたときは嬉しかったです。アメリカでの生活に慣れてくると、1人でできることが多くなり楽しかったです。

 アメリカに留学してみて、自分から積極的に行動することの大切さがわかり、そして自信がつきました。辛いことも楽しいこともたくさん経験した半年間は、私のかけがえのない思い出になりました。最後に
留学をさせてくれた両親、支えてくれた先生、友達、ホストファミリーに感謝します。ありがとうございました。
 






アルバム

レベル2のクラスメート

レベル3のクラスメート

C.O.R.E.

友達と

マリナーズの公式ショップ

カウボーイ





目次へ