事前準備




渡米までにやること


 5月

 留学の説明会があり、先生や先輩、グリーンリバーのステファニーさんが詳しく説明してくれます。
私は、ここで留学に行くことをはっきり決めました。

 6月

 留学希望者選抜試験があり、TOEICと英語の面接を受けます。英語の面接は関先生とメギール先生と簡単な日常会話などをしました。

 7月

 親と先生、旅行会社の方と説明会があります。ホームステイ斡旋料支払い、I-20パスポートの取得、英文成績証明書を作ります。成績証明書は出身高校へ取りに行きます。持っていない方はクレジットカードも作るといいです。

 8月

 4〜5回オリエンテーションがあります。このあたりでホストファミリーが決定しました。
 お金をドルに換えるため銀行に行きます。安全のために、現金トラベラーズチェック に分けて持っていきます。
 ビザの取得 のために東京のアメリカ大使館へ行きます。(1泊2日)

 9月

 スーツケースに荷物をつめて空港に送ります。荷物は渡米の3日前位には送ってしまうので、早めに準備しておきましょう。
 最後のオリエンテーションがあり、最終確認をします。




持ち物


 スーツケース

 容量60Lのものを2つ持っていきました。お土産などで重たくなるので、なるべく大きなものを持っていきましょう。23kgをオーバーすると追加料金を払わなければいけません。私は結局重量オーバーしてしまいました。
 また、空港では結構雑に扱われるので 、スーツケースにつけるベルトがあると便利です。空港でも売っています。

 パスポート、I-20、ビザ、海外保険

 とても大切なものなので、厳重に管理しましょう。私はスーツケースに入れて鍵をかけていました。

 折り畳み傘

 シアトルは雨が多く、突然降り出してくることが多かったので、必需品でした。(地元の人たちはフードをかぶっていましたが・・・)

 電子辞書・英会話の本

 分からない単語をすぐ調べるために、いつも持ち歩いていました。授業でもよく使います。電池も忘れず持って行きましょう。

 かばん

 通学用にリュックサックと外出用のバッグを持っていきました。

 パソコン・USBメモリ

 学校のパソコンを持っていきます。日本にいる家族や先生とSkypeで連絡を取ったり、授業でプレゼンのパワーポイント、エッセイなどに使います。家から学校にUSBメモリで持っていくので、忘れないようにしましょう。

 衣類

 洗濯は1週間に1回程度だったので、下着や靴下、部屋着は1週間分持っていきました。シアトルはとても寒いので、防寒対策はしっかりして行ったほうがいいです。私はコートは2枚持っていきました。靴はスニーカー、ブーツ、家で履く用にクロックスを、1足ずつ持っていきました。

 音楽プレーヤー・本

 リラックスのために持っていきました。また、あちらで新たに聴きたい曲をたくさん入れました。

 デジカメ

 写真をたくさんとって思い出を残しましょう!
 充電器も必ず持っていきましょう。SDカードもできれば持っていったほうがいいです。

 薬

 風邪薬や頭痛薬など普段使っている薬を持っていきましょう。私は風邪を引いて病院に行きましたが、アメリカの薬はとても強力で、日本人には合わない場合があります。冷えピタやホッカイロは念のために持っていきました。コンタクトは、多めに4ヶ月分持っていきました。

 日用品

 バスタオル3枚、洗顔、化粧水、乳液、化粧品など最低限のものを持っていきました。
 シャンプーとボディーソープは、スーパーなどに行けない場合を考えて1週間分 持っていきました。足りなくなっても、値段は少し高いですが、シアトルに日本製品のお店があるので大丈夫です。生理用品は私は3ヶ月分持っていきました。荷物をかさばらせたくない場合は、アメリカ製のものにチャレンジしてみてもいいかもしれません。

日本食

 お茶漬けやレトルトの丼物、お菓子などを持っていきました。日本が恋しいときや自炊のときに食べていました。また、学校に持っていって、友達にあげたりしました。

洗濯用ネット

 アメリカでも買えますが、伸びてしまったり型崩れが気になる場合は、あったほうが便利です。

変圧器

 アメリカは電圧が120VなのでPCの種類により必要です。5,000円位のものを買いしました。

 Skype用のマイク・カメラ

 Skypeをするとき、顔を見て話がしたかったので、1,200円位のものを買いました。PCの種類によってはカメラとマイクが内蔵しているものもあるので確認してから買いましょう。




その他


 お金・カード

 現金1,000ドル(8万円)とトラベラーズチェック4,000ドル(32万円)を持っていきました。トラベラーズチェックはアメリカの銀行に口座を開いて預け、ネットバンキングでも確認できるので安心です。念のためVISAカードも持っていきました。

 お土産

 ホストファミリーへのお土産を事前にメールで聞いて、おせんべいと私の家族の写真、ペットの犬用のお菓子、日本のおもちゃや手ぬぐいなどを持っていきました。

 携帯電話

 アメリカに着いた時に、スーパーでプリペイド式のものを買いました。本体は35ドルで、30ドルのカードを買って1ヶ月ごとにチャージしていました。カードは50ドルと30ドルがあり、50ドルのカードは通話無料で、30ドルのものは1ヶ月100分まで無料でした。私はあまり電話は使わなかったので、30ドルのものにしました。






次へ進む

目次へ戻る