事前準備



準備

5月

留学についての説明会があり、先生や先輩から話を聞きました。

6月

TOEIC英語の面接を受けました。

7月

親を交えての留学についての詳しい説明会がありました。ホームステイの斡旋料を払うほか、出身高校に英文成績証明書をもらいに行きました。

8月

週に1回程度、先生や先輩、旅行会社の方とオリエンテーションがあります。日本円をドルに換えるために銀行に行ったり、VISA取得のために東京にあるアメリカ大使館に行ったりします。

9月

スーツケースに荷物を詰めて空港に送ります。最後のオリエンテーションを終え、いざアメリカへ!







持ち物

パスポート・I-20・VISA

絶対に必要! これがないとアメリカに行くこともできません。絶対に忘れないでください。

保険証

これがないと学校で授業を受けることができなかったり病院に掛かったときにお金を全額負担しなければなりません。

パソコン・USBメモリ

関先生にレポートを提出したり、授業でプレゼンをしたりするときに必要です。

電子辞書

最初はこれがないと生きていけません! 忘れないようにしましょう。

デジカメ

写真をどんどん撮って、たくさん思い出を残しておきましょう

スマートフォン

アメリカは日本よりも"Wi-Fi"が繋がる場所が多かったので、家や学校、デパートなどで使っていました。

音楽プレイヤー

通学中に自分の好きな曲を聴いていました。

ヘアドライヤー

ホストファミリーに言えば貸してもらえると思いますが、私は自分で持っていきました。

日用品

シャンプー・石鹸・洗顔料・化粧水・化粧品・歯ブラシ・歯磨き粉・バスタオル3枚・リップクリーム・ボディローション・ティッシュ・ハンカチ・生理用品。どれもアメリカで買えるので、必要最低限のものを持っていけば大丈夫です。

衣類

スニーカー・ブーツ・コート2着・ジャージ・ズボン3本・スカート2着・ニット4着・シャツ2枚・マフラー・手袋・ニット帽。洗濯は週に1回だったので、下着と靴下は1週間分持っていきました。シアトルはとても寒いので、暖かい服を持っていきましょう。夏服は、Tシャツ1枚あれば十分だと思います。アメリカでも服は買えるので、そんなにたくさん持っていく必要はありません

アメリカの薬は日本人にとって強いので、日本のものを持っていったほうがいいです。私はいろいろな薬を持っていったのですが、使ったのは生理痛の薬風邪薬だけでした。自分が普段服用している薬は忘れずに

コンタクト

私はほぼ毎日コンタクトを着けていたので、6か月分のコンタクトと、洗浄液を持っていきました。留学するので6か月分のコンタクトが必要だといえば、医者から処方してもらえます。

折りたたみ傘

シアトルは雨の街といわれるほど、雨がたくさん降ります。必ず持っていきましょう。







その他

 お金

現金とトラベラーズチェック合わせて4,000ドル(33万円)を持っていきました。アメリカに着いてすぐに銀行口座を開き、ほぼ全額をそこに入れました。私はハウジング代だけアメリカの銀行から引きおろして、あとの支払いは主にVISAカードでしていました。ちなみに1ドル84円でした。

 携帯電話

T-mobileという携帯電話のショップで、50ドルほどで買えるプリペイド式の携帯電話を買いました。メールと電話しかできませんが、それで十分だと思います。私は毎月パソコンから30ドルチャージしていました。

 お土産

風呂敷ホッカイロ、ホストファミリーの愛犬用のおもちゃとお菓子を持っていきました。その中でも、愛犬へのお土産が一番喜ばれました。私のホストファミリーは多くの日本人を受け入れていたので、家には日本の物がたくさんありました。そのため、あまり日本を強調するよりも、ファミリーの趣味などに合わせて持っていくといいと思います。




次へ

目次へ