学校生活
 

GRCC に入学してから授業が始まるまで


9月14日

   アメリカに到着した翌日から GRCCでオリエンテーションがありました。世界中からたくさんの留学生が来ているので、友達をつくる絶好の機会です!
 回目のクラス分けのテストを受けました。内容は四択形式の文法問題で、簡単なものから難しいものまで幅広く出題されました。

9月17日

 回目のクラス分けのテストがありました。内容はエッセイと面接です。エッセイは論理立てて面接はかれたことについてできるだけたくさんしゃべることが鍵になってくると思います。
 午後からはキャンパス内を見てまわり、学生証をつくりました。GRCC はとても広いので迷うと思いますが、日ごとに慣れてきます。

9月19日

   テストの結果が出て、自分が段階あるうちのどのレベルで勉強するかがわかります
 午後からは自由行動で、教科書を買ったり、ホールで映画を見たりと、各自自由に過ごしました。

9月20日

 シアトル・トリップという、シアトルを日帰りで訪問する企画です。このツアーは申し込みをしなければ参加できないので、注意しましょう。ほかにもガス・ワークス・パークという広大な公園や中華街をバスで周りました。天気がよく、シアトル中を歩きまわれました。

9月21、22日

 C.O.R.E. と呼ばれる1泊2日のオーバーナイト・トリップに参加しました。留学生全員が参加する企画です。バスでキャンプ場に移動し、バスケットボールやサッカーを始めとしたスポーツのほか、ボート漕ぎや乗馬などの多彩な体験ができました。夜はキャンプファイヤーで盛り上がりました。

9月24日

   秋クオーター最初の日です。クラスメートと友達になるチャンス! どんどん話しかけましょう。緊張するかもしれませんが、リラックスして臨んでください。



授業

 GRCC では、英語を母語としない学生が英語をマスターできるようになるために、IESL クラスを設けています。学生は英語の習得能力に応じて、5段階にレベル分けされ、各々自分に合った教育を受けことができます。 私は Level 3Level 4 のクラスで勉強していました。一日に、GrammarWriting/ReadingListening/Speaking、の3つの授業を受けます。大概の授業は午後から始まります。つたない英語を少しでも改善できるように努めました。一緒にがんばれる仲間がいることで気持ちに張り合いが出ました。先生方は、英語が母語ではない学生に英語を教えるエキスパートなので、わかりやすく教えてくれます。

 秋クオーター:Level 3 インストラクター:Dawn

Grammar

 文法について学びます。教科書の問題を各自で解いて、みんなで答え合わせをしていきました。主語、動詞、形容詞などの品詞も、すべて英語で話されるので、留学する前に、できる限り覚えたほうがいいと思います。わからないところや納得できないところは、質問すれば Dawn丁寧にえてくれるので、ありがたかったです。

Writing/Reading

 英文を書いたり読んだりして学びます。Reading は、教科書や課題図書の文章をパートナーと一緒に読んで、それについてどう思うか、この質問の答えは何かなどについて話し合ました。また、エッセイ(論文)の構造について勉強し、どの文章をどの段落に書いたらいいのかが、わかるようになりました。Writing では主にエッセイを書いていくことがテーマで、いろいろなテーマに沿ってたくさん文章を書くことになりましたが、それが力になっていったんだと、 今にして思います。

Listening/Speaking

 主に英語で話される講義の内容を聞いて、用紙にまとめていく練習をしたり、その講義のテーマに沿って、パワーポイントを使ったプレゼンテーション(発表)を行ったりしました。組む人数はその時々で変わりますが、スピーチもパワーポイントもわかりやすく伝えられるようにするのが難しかったです。なるべくリラックスして挑みました。また、毎週金曜日にドラマや映画をクラス合同で鑑賞し、その時々のパートナーと、出題された問題について話し合うのが面白かったです。


 冬クオーター:Level 4
 インストラクター:Michelle

Grammar

 基本的に Level 3 とやることはあまり変わりませんが、学習する文法の難易度が上がっていました。Level 3 の文法を復習しつつ、新しい文法を学ぶ、というような感じでした。クラスメートとのペアワークを主に、お互いに指定された文法を使いながら会話して理解を深めました。覚えられるように、時には文法でゲームをしたり、文法が使われている歌を聞いたりしました。楽しく文法が学べて、身につきます。

Writing/Reading

 基本的に Level 3 とやることはあまり変わりません。Reading は課題図書の答え合わせをしたり、教科書に沿って授業を行ったりしました。Level 3 でも課題図書は読みましたが、難易度が上がっていて難しく感じました。日本では習わなかった単語がたくさん出てきたので、その都度、調べて理解するようにしていました。Writing のエッセイのテーマもより大学的になり苦戦しましたが、なんとかやりきりました。

Listening/Speaking

 学内の学生や大人に、あるテーマに関する質問をする調査をして、その結果に沿ってプレゼンテーションを行いました。質問に快く答えてくれる人々が多いので、不安になる必要はありません。もちろん教科書に沿った授業も行います。私の中で印象に残っているのは、英語の楽曲を紹介するプレゼンテーションです。Listening の力も上げられて、紹介される曲に興味が持てる完成度の高いものが多く、この時間が楽しみでした。



次へ進む

目次へ戻る