ホストファミリー

ホストファミリー
 
 私のホームステイ先になったお宅は、2人の夫婦が住む大きな家で、留学生は私1人でした。ホスト・ファーザー、マザーが出かけることも多く、普段は静かな家庭でした。1月中旬からホスト・グランドマザーが滞在し、少しにぎやかになりました。この3人に、わからないことをよく質問して、教えてもらっていました。とても広い家で過ごしやすく、留学生や来客用のバスルームを使わせてもらっていました。

Art

 ホスト・ファーザーです。今回、私が初めて受け入れる学生だったようで、お互い勉強しながら、暮らしていました。私の悩みや行動についてアドバイスをよくくれました。Art はよく冗談を言っては私が笑い、Minda につっこまれていました。私がなにか間違ったことをしたときには、真摯に叱ってくれました。私のことをよくにかけてくれて、本当の娘のように接してくれました。

Minda

 ホスト・マザーです。Art と同様に、私が初めて受け入れる学生でした。料理上手なお母さんです。彼女に頼みごとをすると、快く引き受けてくれました。引き受けられないときは丁寧に断ってくれる、とても真面目な人でした。よく私をパーティーに連れていってくれました。二人ともいつも私を心配してくれる、とてもいい人です。

Flora

 Art のお母さんで、ホスト・グランドマザーです。彼女は1月中旬から3月末まで滞在していました。一緒にリビングでテレビを見たり、流れてくるニュースについて語り合ったりしました。元英語教師であるため、英語を教えるのがうまく、わからないことがあると、親身になって教えてくれました。彼女と過ごす時間が、私にとってとても大切なものでした。 



部屋

 私が借りていた部屋です。二階にあり、良い日差しが入る場所でした。用意されてあった机でよく勉強していました。部屋にあるラジオにアラームをかけ、流れるニュース番組や音楽で目を覚ましていました。とても寝心地の良いベッドだったので、疲れも取れました。静かな住宅街だったので、宿題がはかどりました。



食事

 ホストファミリー全員がフィリピン出身なので、夕飯にフィリピン料理をよく食べました。アサリと野菜の煮物です。アサリのサイズが大きくて驚きました。アサリは嫌いだったのですが、食べるうちにどんどん好きになっていき、最終的に Art から、「血圧が高くなるから、そんなに食べるな」と言われるほどになりました。
 アメリカにいると、いろいろな国の料理を食べる機会が増えると思います。写真左上と右上がフィリピン料理で、エビと野菜の煮物とキュウリの輪切りです。左下にあるのは中華料理でチャーハン、右下にあるのはマグロのお刺身で、Art が好意で出してくれた日本料理です。
 フィリピン料理です。Flora と一緒に食べました。バナナ、餅、木の実などが入っていて、甘くておいしいデザートでした。今まで食べたフィリピン料理の中でも一番のお気に入りです。
 レーズン・ケーキです。Minda がおやつに焼いてくれたもので、ほどよい甘さでとてもおいしかったです。


次へ進む

目次へ戻る