最後に

 
 私は英語が正直嫌いで、苦手科目の1つでした。しかし私は嫌いだったからこそ、英語を好きになりたい!という思いで、アメリカへの短期留学プログラムに参加しました。また、私は海外の文化にも興味があったので、実際に現地に行き、文化の違いなどに直接触れてみたいとも思っていました。

 アメリカでの半年間で、英語が通じなかったり、言いたいことが言えなったり、文化の違いに戸惑ってしまった時には、正直「半年は長いなーと感じたこともありましたが、それでもやはり違う国の友達ができ、毎日のように楽しく冗談を言い合ったり、ホストファミリーとたくさん会話ができるようになった時は、辛さ以上の喜びを感じることができました。そして、「もっとアメリカにいたい」と思うようになっていました。しかし、英語がうまく伝わらない時には、コミュニケーションを取ることが少し難しかったです。言葉で伝える大切さも感じることができました。うまく伝わらなかったときは、「もっと英語を頑張ろう!という気持ちになれたので、学んだことをすぐに活かせる環境で勉強することの素晴らしさも実感することができました。アメリカで半年間過ごしたことで自信を持つことができ、英語を学ぶ楽しさも感じることができました。アメリカ留学を通して、いろいろなことに挑戦し、とても素敵な経験ができました。

 今回の留学でお世話になったホストファミリー、仲良くしてくれた友達、英語を教えてくれた先生方、関わってくれた人みんなが私にとってかけがえのない存在です。毎日刺激があり成長させてくれた日々は私の一生のとなりました。留学を支えてくれた短大の先生方両親家族友達みんなに感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました!!





アルバム

野球観戦

アイスホッケー観戦

サッカー観戦

シアトル

GRCCのイベント

友達の誕生日パーティー



まだまだたくさんの写真を撮りました。思い出は一生の宝物です。積極的に声をかけて友達とたくさん写真を撮りましょう!



目次へ戻る