準備期間



渡米までの流れ
 渡米するまで、することはたくさんあります。期限もいくつかあるので、忘れないようにメモをとっていました。留学用のノートがあると便利です。

5月

 留学オリエンテーションがあります。GRCCからステファニーさんが来て、学校のことなどを説明してくれます。英語で質問できる時間があるので、考えておくと良いと思います。また、留学へ行った先輩方のお話を聞けたり、写真を見ることができます。興味がある人はぜひ参加してみてください。

6月

 留学希望者は、選抜試験があります。筆記はTOEICを行い、英語の面接もあります。面接は関先生とメギール先生との3人でです。緊張せずにリラックスして行ってください。そして、留学に行きたいという強い気持ちを伝えましょう!

7月

 親子での留学オリエンテーションがあります。関先生から、学校のことやお金について詳しく聞くことができます。保護者の方も気になっていることが聞ける良い機会です。そして旅行会社の方や先輩方もいるので、お話を聞くことができます。

8月

 夏休み中に関先生とのオリエンテーションが始まります。アメリカの文化英語表現カルチャーショックなど、留学においての最終の準備を行います。

9月

 スーツケースを成田空港へ送ります。最後のオリエンテーションで最終確認をし、待ちに待ったアメリカへ!



持ち物について
 忘れ物をしないように何度も確認して準備しました。人それぞれ持ち物は違うので、自分に必要なものを持っていきましょう!

パスポート、ビザ、I-20  この3点セットは必需品です。失くさないように大事に保管しましょう。
お金  現金とトラベラーズチェックで約35万円分持っていきました。
クレジットカード  アメリカでは、ほとんどカードで支払っていました。あると便利です。
スーツケース 2個  69Lのもの2つ持っていきました。重量制限があるので、気をつけてください。1つ23キロまでです。 
折りたたみ傘  雨が多いので必需品です
電子辞書  よく持ち歩いて使っていました。替えの電池を忘れずに!
パソコン  プレゼンの授業があるので、とても役に立ちます。USBメモリがあるととても便利です。 
デジカメ  たくさん写真を撮りました。充電器も忘れずに!
衣類  コート1着、スニーカー、ブーツ、クロックスなど
 風薬、うがい薬、胃腸薬、生理痛薬など
洗濯ネット  あると便利です。私はホストファミリーと一緒に洗濯だったので。これに自分の物を入れて洗濯していました。
かばん  通学用のリュックと外出用のかばん2つ
お土産  ホストファミリーに日本の和柄の物、湯のみ、箸を持っていきました。
化粧品  パーティーなどがあったので使いました。乾燥するので化粧水があると便利です。


携帯電話について

 日本で使っていたものは、通信データをOFFの状態にし、メール自動受信もOFFにするだけで大丈夫でした。毎月の基本料金は請求されますが他は請求されないので、アメリカでも使っていました。
 アメリカではWi-Fiを利用してアプリなどを使いました。目覚まし時計、電卓、カメラなどの機能は普通に使えるので、日本のものも持っていき、使うと便利です。
 しかし電話ができないので、アメリカの携帯も購入しました。私は一番安い毎月32ドルでメールと電話ができるプランのプリペイド式のものを選びました。



お金について

 現金で2,500ドルほどと、トラベラーズチェックで1,500ドルほどを持っていきました。アメリカに着いたらすぐに銀行へ行き、自分の口座を作り、お金を預けると安全です。銀行へは、ホストファミリーと行くと手伝ってくれます。少し物騒なので出かけるときはあまりたくさんのお金は持ち歩かないようにしましょう。
 日本に帰国したら、成田空港から最寄り駅までの新幹線代と、荷物を宅配してもらうために日本円で3万円程度持っていきました。ちなみに宅配代はスーツケース2個で5,000円程度でした。新幹線のチケットを買う際に、学生証を提示すると安くなります。短大の学生証を忘れずに持っていきましょう。
 私が円をドルに変えたときは、1ドル=82円でした。家賃は月650ドルでした。



次へ進む

目次へ戻る