留学を終えて




 私は中学生のときから英語が一番苦手で、大学受験のときも英語で失敗してしまいました。そのため、英語に対しての苦手意識が強く、英語の勉強から逃げていました。
 しかし、もともと異文化に興味があったことから、GRCCのステファニーさんの話を聞いたとき、留学をして外国で生活してみたい、たくさんの外国人と関わりたい、と思うようになりました。そこで、いつまでも苦手なものから逃げていては何もできないと気づき、短期留学プログラムに参加することを決意しました。留学に行く前は不安なこともありましたが、両親、先生、友達の応援に勇気づけられ頑張ることができました。
 実際、アメリカに行ってみたら、英語を話せない、聞き取れない、など大変なこともたくさんありました。しかしホストファミリー、留学メンバー、アメリカでできた友達の優しさのおかげで楽しく生活を送ることができました。みんなに感謝しつつ、人に頼ってばかりではいけないと思い、自分でできることは全て自分でするように心掛けました。
 どんなに大変なことがあっても、アメリカでの短期留学を後悔したことはありませんアメリカに行って、貴重な体験をたくさんすることができてよかったです。このような思いになれたのも、両親、先生、ホストファミリー、友達の支えがあったからだと思います。 本当に感謝の気持ちでいっぱいです。みなさん、ありがとうございました。
 留学で学んだことやたくさんの経験を自信にして、これからもいろいろなことに挑戦し、成長していきたいと思います。


アルバム

パイクプレイスマーケット

レベンワース

スターバックス1号店

私の誕生日

チョコレートファクトリー

宇和島屋のクレープ

ジャックランタン

お別れ会

マリナーズの試合観戦




目次へ戻る