事前準備




渡米までの流れ

5月

 留学先のGRCCからステファニーさんが来て、GRCCについて説明をしてくれます。

6月

 選抜試験があります。TOIECと英語面接を受けます。面接では行きたいという気持ちをしっかり伝えましょう。

7月

 親子で参加する説明会があります。先生、先輩、旅行会社の方から留学について話を聞きます。
高校へ英文の成績証明書を取りに行きました。

8月

 夏休み中、先生と何度かオリエンテーションをします。先輩、旅行会社の方から話を聞く機会もありました。
アメリカ大使館へ行き学生ビザを発行してもらいます。大使館の方とは英語で会話します。

9月

 渡米


持ち物

パスポート、I-20、ビザ

 この3つは絶対に忘れてはいけません。忘れるとアメリカに行くことはできません。また、留学先でもなくさないように、しっかり管理してください。オリエンテーション中や旅行のときにも必要になります。

保険証

 病院に行くときなどに必要になります。また、オリエンテーション中にGRCCの方に見せる必要もあります。見せないと余計なお金を払うことになります。

スーツケース

 容量が69Lのスーツケースを2つ持って行きました。1つにつき23キロを超えないように気をつけてください。

カバン

 通学用のリュックと外出用の小さいカバンを持って行きました。

パソコン、USBメモリ

 パソコンで調べ物をすることがよくありました。USBメモリは授業でプレゼンテーションがあるとき必要になります。

電子辞書

 いつも持ち歩いて、分からない言葉があったらすぐに調べていました。替えの電池を忘れずに。

デジカメ

 毎日新しい発見があるので、常にカメラを持ち歩いていました。写真をたくさん撮ると思うので、容量の大きいSDカードを持って行くことをおすすめします。充電器を忘れずに。

衣類等

 コート1着、下着4日分、靴2足を持って行きました。衣類はアメリカでも買うと思ったので、荷物を減らすためにもあまり持って行きませんでした。

日用品

 私は肌が弱いので、シャンプーや化粧品などの日用品は使い慣れているものを持って行きました。もし大丈夫であれば、アメリカのものを使ってみるのもいいと思います。

圧縮袋

 圧縮袋があると荷物を整理するときに便利です。

 アメリカの薬は日本人の体には合わないと思うので、自分に合った薬を日本から持って行くことをおすすめします。

折りたたみ傘

 日本で使うような大きい傘を持っている人は、あまり見かけませんでした。

お土産

 アメリカに行く前にホストファミリーに何が欲しいか聞いてみるのもいいと思います。

食べ物

 インスタント味噌汁、干し梅や昆布などのお菓子を持って行きました。


お金、携帯電話


お金、トラベラーズチェック

 現金1,200ドル、トラベラーズチェック3,700ドルを持って行きました。私が換金したときは1ドル=約80円でした。また、帰りの新幹線代、荷物の宅配代として、日本円を3万円程度持って行きました。
 アメリカの銀行で口座を開いたとき、トラベラーズチェックは全て入れました。口座を開いたときにデイビットカードを作り、普段はそのカードでお金を支払っていました。いつでも残高を確認できるようにネットバンキングに登録することをおすすめします。

クレジットカード

 日本でファミリーカードを作って持って行きました。旅行に行ったときに使いました。 

携帯電話

 日本で使っていた携帯電話は停めるとお金がかかってしまうので、停めずに電波OFFにして持って行き、帰国したらすぐに使えるようにしました。アメリカでは月25ドルのプリペイド携帯を使っていました。



次へ進む

目次へ戻る