学校生活・GRCC


 

  私はグリーンリバーコミュニティーカレッジという学校に3ヵ月間通いました。周りは自然がたくさんで、リスやウサギなどの動物がいて、歩いているといつでも出会えます。 ここには世界各国の留学生がいて、アカデミックとIESLのコースがあります。私は留学生向けの英語の授業IESLで学びました。様々な施設があるのでとても快適に過ごせます。

 


 

オリエンテーション

9月9日  到着した翌日からオリエンテーションがあります。この期間はホストファミリーが学校まで送ってくれます。朝食や昼食がバイキング形式で食べられるのでとても楽しいです。
 ネームタグの色によってグループ分けをされ、この期間はそのグループで行動します。友達を作るいい機会なので、積極的に話しかけました。
 まずはじめにライティング・スピーキングのテストを受けます。ライティングは文法とテーマを選んで書く作文があります。スピーキングでは、ホストファミリーのことなど聞かれるので、簡単に答えられるようにしておいたほうがいいです。そのあと、学校の説明会があります。とても長くて疲れますが、休憩中はお菓子をたくさんもらえます。
9月11日   パソコンで自分のID登録やメールアドレスの登録などをします。その後、キャンパス内ツアーをしました。キャンパスはとても広く、教室にも自分で行かなくてはならないため、この時にしっかり覚えなければなりません。
9月14日  午後からショッピングツアーがありました。サウスセンターモールに行き、友達とアイスを食べました。ダブルを頼みましたが、とても大きく、甘かったので全部は食べ切れませんでした。
9月16〜17日  C.O.R.E というキャンプがありました。1泊2日でグループに分かれてゴーカートやゴルフのような運動をしたり、体を使ってゲームをしたりました。夜はキャンプファイヤーやダンスパーティーがありました。キャンプファイヤーでは、マシュマロを焼いてクッキーに挟んで食べました。グループに分かれるので友達もたくさんできます。また、部屋は4人部屋だったので同じ部屋の子とも仲良くなれます。森の中だったので、夜はとても寒かったです。
9月23日



 デザートソーシャルというイベントがありました。シアトルトリップに参加する人が集まって、アイスクリームを食べます。バイキング形式で、いろいろなトッピングができて、とても楽しいです。クラスメイトと一緒に行きました。
9月24日  シアトルトリップがありました。バスでアキ・ビーチ、ダウンタウン、スペースニードルに行きました。写真をたくさん撮りました。スペースニードルからはシアトルを一望できてとても気持ちがよかったです。お昼と買い物は自由行動なので、友達と好きなところに行けました。

 

 


 

授業

Grammar  この授業の先生は Dave でした。中学や高校レベルの文法の授業です。教科書を1日1ユニット進み、次のユニットの予習が宿題として出されます。穴埋め問題や英作文などの問題が多いです。授業は先生の Dave が皆に指名して答え合わせをするので毎回楽しんで授業を受けられました。
Reading/Writing  この授業の先生も Dave でした。文章の読み方や書き方、文章の構成を学ぶ授業です。週に1回ほどエッセイも書きます。将来のことや日本のことを書きました。また、決められた本を各自で読み進め、毎週1ユニットごとのテストがあります。そこで語彙などもたくさん覚えられます。プレゼンテーションやポスター作り課題もたまにあります。
Speaking  この授業の先生は Tim でした。Tim は有名な先生でとても教え方が上手でした。授業では、毎回決められたテーマの内容を学びます。教科書の CD を聞いて、授業を進めていきます。ユニットが終わるごとにテストがあり、準備が大変でした。また、そのテーマについてのプレゼンテーションもあり、基本的には、グループで行うのですが、最後のプレゼンテーションは集大成として1人で行います。

 


 

 

授業について

 私は最初レベル2のクラスで樺澤さんと同じケントキャンパスでした。しかし、レベル2のクラスで1番最初にテストを受け、その結果が良かったため、1週間ほどしてからレベル3のクラスに移ることになり、メインキャンパスで授業を受けることになりました。レベル2のクラスで友達がたくさんできていたので、お別れは悲しかったです。また、途中からレベル3のクラスに移ることへの不安もありました。実際に行ってみると先生やクラスメイトが温かく迎えてくれ、その日に友達もできました。 Grammar と Reading/Writing の2つは同じ先生とクラスメイトなのでとても親しくなれました。このクラスでの友達とお昼ご飯を一緒に食べたり、放課後一緒に勉強をしたりしました。

 授業では先生が何を言っているのか最初は全く分からずとても大変でしたが、積極的に質問をしたり、先生に頼んでチューターを付けてもらったりして、だんだんと理解できるようになりました。チューターとはネイティブスピーカーの学生が英語を教えてくれる制度で、先生に頼めば誰でも利用できます。私は週に1回 Grammar と Speaking を教えてもらっていました。また、私はわからないところをホストファミリーに教えてもらっていたので、安心でした。宿題がとても多いですが、だんだんと慣れていきます。

 

次に進む

目次に戻る