準備期間

  

 渡米までにやること

留学に行くまでに準備することはたくさんあります。私は留学専用のノートを用意して、メモをとっていました。

5月 留学先で姉妹校である GRCC から、ステファニーさんが来てくれて、 GRCC の話をしてくださいます。
6月  TOEIC と英語面接での選抜試験があります。行きたいという強い気持ちがあれば、伝わります! 
7月 親子でのオリエンテーションがあります。これから留学準備期間中お世話になる旅行会社の方や、卒業した先輩から話を聞きました。
高校へ英文の成績証明書を取りにいきました。
8月 夏休み中、関先生とオリエンテーション開始。アメリカの文化や暮らし方、またよく使う表現などを学びます。
アメリカ大使館で VISA を発行してもらいます。英語で話す場面も少しあります。
9月 渡米


荷物と持ち物

スーツケース2個 私は容量が約60Lのスーツケース2つ持っていきました。あまり大きいスーツケースだと、別料金がかかってしまいます。
パスポート、I-20、VISA この3つがないと、アメリカに入ることができません。 VISA はパスポートに貼り付けてあります。留学中、旅行に行くときにもこの3つは必要です。
折りたたみ傘 シアトルは雨の日が多いです。日本で使うような大きい傘を持っている人は見かけませんでした。アメリカで買うのもいいと思います。
電子辞書 授業中にたくさん使いました。普段の生活でも必需品です。替えの電池も忘れずに! 
かばん リュックを2つ持っていきました。教科書が重いので、1つは通学用の頑丈なリュック、もう1つは外出用でした。
パソコン、USBメモリ 持っていったパソコンは家で使っていました。学校の図書館でもパソコンは使えます。 授業でプレゼンテーションがあるのですが、その時にUSBを必ず使うと思います。
スリッパ 家で履いていました。
洗濯ネット アメリカにはなかなか売っていないので、日本から持っていくのがいいと思います。
食べ物 インスタントラーメンやインスタントカレーなどを持っていきました。日本食が恋しいときに食べていました。
デジカメ 写真は一番のお土産です。私は毎日カメラを持ち歩いていました。充電器も忘れずに。
アメリカの薬は日本人の体に合わないと思います。自分に合った薬を持っていくことをおすすめします。
文房具 ノートには授業で大切なことのメモをとっていました。筆記用具は向こうでも買えます。
衣類 コートは2着、タイツや下着は一週間分、靴はスニーカー1つとブーツ2つ持っていきました。ホッカイロなどもあるといいと思います。
圧縮袋 日本へ帰るときに荷物が増えると思うので、衣類を入れるのに便利です。

    

   

お金

トラベラーズチェック3,500ドル現金500ドル、日本で作ったクレジットカードを持っていきました。トラベラーズチェックはアメリカで銀行口座を開き、全てその口座に入れました。お金を使いたいときには、口座を開くときに一緒に作ったデビッドカードを使いました。デビッドカードとは、銀行口座から即時引き落として支払うカードです。デビッドカードはクレジットカードのようにお店で支払うこともできますし、 ATM でお金を引き出すこともできます。日本から持っていったクレジットカードは、お金が足りなくなったときに使いました。

デビッドカードは、いつどのくらい使い、口座の残高はいくらかをインターネット上で確認することできます。インターネット上で登録(無料)が必要なのですが、私はこのシステムを利用せず、残高もわからずにお金を使いすぎてしまい後悔した経験があるので、ネットサービスを利用することをおすすめします。

日本円は成田空港から新潟へ帰る時の交通費、成田空港から自宅までのスーツケースの宅配のために3万円持っていきました。新幹線に乗る際、学割を使うためには青陵の学生証が必要です。

 

携帯電話について

日本のものは止めて、アメリカで購入したプリペイド式の携帯電話を使っていました。到着して4日後にホストファミリーが携帯電話のショップに連れていってくれました。毎月30ドルのプランでした。毎月インターネットを使いクレジットカードで支払っていました。

 

 

 

次へ進む

目次へ戻る