留学準備

 

準備期間

5月中旬 留学オリエンテーション 先生や前年度留学生の先輩方から詳しいお話を聞きました。
6月上旬 短期留学選抜試験 TOEIC と面接試験を受けました。面接は緊張せずにリラックス!
7月上旬 留学説明会 前年度留学した先輩方、先生、旅行会社の方、保護者、留学生を交えた説明会。
とても大事な説明会なので、前もって聞きたいことを考えておくといいです。
8月上旬〜
9月上旬
保険加入、VISA 旅行会社の保険に加入したり、VISA取得のために東京に行きました。
9月上旬 渡米 いよいよ渡米です! 空港でいろんな作業がありました。帰りは先生がいないので、よく手順を覚えておくといいです。

 

持ち物

パスポート・I-20・VISA この3つはとても大事なので、手荷物の中に入れてきちんと管理してください。渡米後なにかしら使うこともあるので、なくさないように必ず保管しておいてください。
お金・保険証 私はトラベラーズチェック3,100ドル、現金で800ドルと日本で作ったクレジットカードを1枚持って行きました。また日本に帰るときの新幹線代などが必要なので、その分の3万円を残しておきました。保険証は、渡米する前に作った旅行会社の保険証日本の保険証を持って行きました。
スーツケース スーツケースは大きいのを2個持って行きました。帰るときは荷物が多くなるので大きいのがいいです。
パソコン・USBメモリ パソコンは絶対必要です。USB は、授業のプレゼンで Word や Power Point を使うことがあるので必要です。
靴・鞄 普段使う鞄は、丈夫なリュック。出かけるとき用に、小さなカバンを1つ持って行きました。靴は黒のスニーカーとショートブーツを持って行きました。
衣類 下着と靴下は1週間分持って行きました。シアトルは寒いので、暖かい服を持っていくといいと思います。アメリカにも forever21 や H&M があるので、そこでとても安く服を買うことができます。コートは最低でも1着必要です。
シアトルは雨がたくさん降るので、折り畳み傘を常に持っていましょう。
デジカメ デジカメで毎日写真を撮っていました。たくさんの思い出を写真にとって、日本に持ち帰りましょう。
薬・冷えピタ アメリカの薬は日本人にとってきついので、日本の風邪薬や胃薬を持って行った方がいいです。私はアメリカに行ってから、4回熱を出しましたが、日本の薬と冷えピタのおかげで何とかなりました。
日用品 シャンプーや化粧水などは、なくなったらアメリカで買えますが、自分にあったものを使うことをお勧めします。私は髪が傷むのが嫌だったので、ずっと日本で使っていたシャンプーリンスを使っていました。また、日本食が恋しくなるときがあるので、お味噌汁やご飯のパックを持って行くといいと思います。
辞書 電子辞書は必須アイテムです! 友達やホストファミリーと会話したり、授業中わからない単語があったりしたときにフル活用でした。
お土産 日本のお土産をホストファミリーに持って行きました。私は、絵ハガキタオルを持って行きました。ホストファミリーに絵ハガキをプレゼントしたら、飾ってくれました。

 

行くときと帰るときとで、荷物の量がだいぶ変わります。帰るときは、なるべく荷物を少なくするためにアメリカで買った服や日用品、日本から持ってきて余った薬、味噌汁やご飯のパックは全部友達にあげて帰りました

風邪薬は多くて困ることはないので、たくさん持って行った方がいいと思います。私はホームステイ先で39度6分の熱を出したことがあり、そのときは日本から持ってきた風邪薬のおかげで、一晩で治すことができました。

パスポート・I-20・VISAは学校のオリエンテーション期間中や、どこか旅行に行くときに必要なので、絶対なくさないようにしてください。私は洋服タンスの底にしまっておきました。

 

次ページへ進む

目次ページへ戻る