GRCC

私が通っていた Green River Community College は2つのコースに分けられており、IESL語学コースアカデミックコースがあります。私たちはそのIESLコースで勉強をします。そこには世界各国から来た学生がたくさん通っています。最初の1週間に新入生オリエンテーションがあり、そこで Level 1-5 のレベル分けのテストを受けます。また、キャンプやシアトル旅行などのイベントもあり、そこではきっとたくさんの友達ができます。そのために、オリエンテーションではとにかく英語を話すことが大切だと思います。他の学生たちは、同じ国同士の人といることが多いかもしれませんが、みんなとの共通語は英語です!

 


日程

9/6 7 8

9
アメリカ到着

10
レベル分けテスト
キャンパスツアー
11 12
13
CORE:キャンプ
14
CORE:キャンプ
15
レベル分けテスト結果発表
CORE:スーパーモール
16
Welcome Day
17
時間割発表(インターネット)
18
19
20
クラス開始
21 22
23
24 25
CORE: Seattle Trip
26

C.O.R.E.

新入生だけで一泊二日のキャンプに行きます。このキャンプはたくさん友達を作れるチャンスです。また、ボランティアで来てくれているアカデミック生の人もいます。アカデミック生の人と友達になれるチャンスはあまりないので、ここで友達になれるといいと思います。他にもシアトルやスーパーモールにも行きました。


キャンプファイヤー

お面をもらいました!

*Classes*


時間割

1限(12:00-12:45) Grammar
昼休み -
2限(14:00-15:20) Reading/Writing
3限(15:30-16:50) Listening/Speaking

秋クオーター: Level 2

Grammar
Hannah's Class

この授業は英語の一番基礎の文法から教えてくれるので、今まで全く文法を知らなかった私にとって、とてもためになる授業でした。このクラスでは発言や質問も多く、雰囲気も明るくて、楽しく勉強することができました。しかし、最初の頃はなかなか授業が聞き取れず、他のクラスメイトの積極性にも圧倒され、大変でした。
Reading/
Writing

クラスメイトと
リーディングでは教科書の長文問題をします。また、ライティングではパラグラフを書きます。私はライティングが苦手だったので、いつもテストは赤ペンだらけでした。それで、この授業は特に力を入れて頑張りました。この授業は、大体が先生の解説なので、とにかく眠気との戦いでした。
Listening/
Speaking

Allison's Class
一番の楽しい授業でした。この授業ではスピーキングを中心に勉強しました。このクラスは、グループワークやチームでのプレゼンテーションなど、グループでする作業がたくさんあったので、みんなととても仲良くなることができました。そして、みんなすごく個性的で、いろいろなタイプの人がいるので面白かったです。先生は厳しかったのですが、私たちのことをきちんと見ていてくれ、温かい先生で大好きでした。

 

冬クオーター: Level 3

Grammar
Dave's Class
Level 3 のグラマーは Level 2 のときとあまり変わりませんでした。テスト内容もほとんど一緒だったので、前回と比べ大分楽になりました。
Reading/
Writing
クラスメイト ライティングではエッセイを書き、リーディングでは読む回数や量がとても増えました。また最終課題では、リサーチをして、それを自分のエッセーに取り入れてリライトをするということをしました。そして最終的にそれをクラス合同で発表し合いました。また、毎週小説を読んでくるという課題があったのですが、私はこれに一番苦労しました。毎週3節ずつ読み、授業ではその話の内容の小テストをするので、小説をきちんと読んでいないと最後に痛い目をみます。
Listening/
Speaking

Emily's Class
私はとにかくこのクラスが大好きでした。授業中はいつも冗談が飛び交い、先生やみんなもいつも笑っていました。また、クラス中がいつもきちんと英語を話してくれていたので、とても嬉しかったです。授業でのプレゼン回数はそんなに多くなかったのですが、即席でスピーチをするというのが何回かありました。私は人前で発表するのが苦手だったので、即席でのスピーチは本当に苦労しました。しかし、みんなは人前でもとても上手に発表していて、私はそれを見ていつも研究していました。

 


学校でのこと

授業 最初は授業が難しく、他の学生とも比べて、自分だけレベルが違うのではないかと思うかもしれませんが、大丈夫です。よく観察してみると、他の学生も案外自分と同じレベルです。人には得意・不得意もありますし、分からないことがあれば、友達に教えてもらったり、先生に質問するなどしていれば、すぐに授業にも慣れてきます。諦めないで前向きに勉強する姿勢が大切です。
プレゼンテーション 授業内でのプレゼンテーションは2人1組などのペアワークが多いです。ペアの人によって自分のスコアも大きく左右されるので、もし相方がきちんと準備をしてくれなければ、早めにしっかり言い聞かせた方がいいです。それでももし駄目であれば、ひとりで2人分の原稿作りを頑張ってください。私はそうしなかったので、痛い目をみました。
友達 友達ができるのだろうかということは、私の一番の不安でしたが、そんな私でも多くの友達を得ることができました。友達を作りたいという強い思いさえあれば、英語がうまく話せなくても、絶対にうまくいきます。また、クラスメイトだけではなく、その友達や、毎日バスが一緒の人、パーティーで初めて会った人でも、全ての人が一期一会の出会いです。せっかくの友達づくりのチャンスを逃さないように、積極的に自分から行動してみてください。
Tutor制度 IESLには Tutor というネイティブの家庭教師をつけて勉強することができる制度があります。これを受けるのにはお金もかかりませんし、申し込みをすれば誰でも受けられます。1週間に2〜3日、20分間だけですが、私はこの制度のおかげで、理解できなかった文法なども理解できるようになりましたし、なにより Tutor の人とも友達になることができました。

 

次へ進む

目次へ戻る