ホストファミリー

シアトル空港到着後、ホストファミリーとのご対面! 今までの人生で一番の緊張でした。ホストシスターとルームメイト2人が、私の名前が書いてある紙を持って迎えに来てくれました。初めは他人事にしか思えず、車の中でも全く実感が湧きませんでしたが、家に到着し荷物を整理しているとき、「これから私はアメリカで暮らしていくのだ」とやっと実感が出てきました。ホストファミリーは私のことをとても温かく迎えてくれ、「これから頑張っていこう」と改めて強く決心ができました。


我らのHeath家

お世話になったホストファミリー:Heath一家


ホストファーザー:Paul
ホストマザー:Susanne
ホストファーザーの Paul は学校で数学の先生をしています。いつも優しく、とても愛妻家のパパです。家に帰ってくるときは必ず "Hello, House!" と大きな声で帰ってきます。アメフトが好きでよくTVでアメフトの試合を見ていましたが、学校ではバスケットボールのコーチをしていました。


ホストマザーの  Susanne はアクティブでパワフルなママです。歌うことが好きで、いつも家の中で歌っていました。私のことを本当の娘のように扱ってくれて、厳しいこともたくさん言われましたが、私がうまくできたときは、たくさんほめてくれました。Susanne が作る料理はおいしく、中でも手作りのお菓子はとてもおいしかったです。

ホストシスター:Abi
Heath 家の長女です。すごく優しくて、よく私たちの面倒を見てくれ、話し相手になってくれました。冬休みの間だけという短い間でしたがとても仲良くなれました。家事の手伝いなどもよくしていて、いいお姉さんでした。お別れのときにはハグをして、「また会おうね」と約束をしました。

ホストシスター:Ali
Heath 家の次女で、今はボランティアをして各地を転々としているそうで、2月から家に帰ってきていました。よくピアノを弾いていて、絵を描くのがとても上手でした。ちなみに、下の Dana の写真にある絵は Ali が描いたものです。

ホストシスター:Amy
ホストシスターの Amy はしっかりした16歳です。学校で日本語を勉強しているそうで、学校を卒業したら日本に来て日本語を学びたいと言っていました。たまに、日本語の宿題やこの日本語はどういう意味なのかと聞かれたりしましたが、Amy が納得できるように説明をするのが本当に難しかったです。最近は柔道も習い始め、日本のゲームや映画も大好きみたいです。よく一緒に日本の映画を見たり、日本のことについて話したりしていました。

ルームメイト:Dana
Dana は中国からの留学生です。優しくてフレンドリーで、私より年下なのにとてもしっかりしていていました。また、私の面倒をよくみてくれて、私も頼ってばかりいました。家にいるときは私の部屋に "Hey, what are you doing?" とよく来ていました。いつも一緒にいたし、暇なときや困ったときなどは Dana の部屋に行っていました。私の頼れる存在であり、大切な友人です。

ルームメイト::Iris
Iris は中国からの留学生で、3ヶ月間一緒に住んでいました。言いたいことは何でもはっきりと言う子で、性格がキツかったのですが、そこが面白くて可愛いくて、我が家のムードメーカーでした。Dana と私のお姉ちゃんみたいな存在で、よく私達の相談に乗ってくれ、助けてくれました。Iris の周りでは常に笑いが絶えず、とても楽しかったです。

愛犬:Chip
Heath 家のアイドルです。家族からとても大切にされています。よく私におやつをねだっていましたが、なかなか言うこと聞いてくれませんでした。花火や大きい音が怖いみたいで、花火の日にはずっと私の後をついてきていました。おとなしくて、とても頭の良いワンちゃんです。

ホームステイについて

家での暮らし 家からバス停までの送り迎えは毎朝ホストマザーがしてくれました。朝食や昼食は自分たちで作るのですが、よくルームメイトが私の分まで作ってくれ、その中でもチャーハンは最高でした。夕食はホストマザーの手料理で、毎日本当においしい料理ばかりでした。夕食の食卓は家族の憩いの場で、その日学校であったことや、テストの結果報告などもしていました。
私のホストファミリーはクリスチャンだったので、毎週土曜日は朝から教会に行っていました。それで、ご飯の前には必ずお祈りをします。そのお祈りが終わるまでは絶対にご飯を食べてはいけません。他にも、家事を手伝うことや、自分の部屋に入り浸りすぎないこと、出かけるときは何時に帰るのかきちんと言っていくことなどの生活のルールがありました。
ルームメイト 私はルームメイトが2人とも中国出身だったこともあり、私ひとりが彼女たちの会話に入っていけず、寂しい思いもたくさんしました。それで、初めのうちはどのようにルームメイトと接すればいいか分からず、家の中でも避けるような暮らしをしていました。しかし、せっかく同じ家に暮らしているのに、こんな気まずいままなのは嫌だったので、ルームメイトの部屋に遊びに行ってみたり、中国語は話さないでほしいなどの自分の言いたいことは伝え、仲良くなる努力をしました。少しでも距離が縮まれば、他の人たちよりずっと早く、最高の友達関係を作れると思います。

 

次へ進む

目次へ戻る