事前準備

 

渡米までの流れ

渡米に必要なパスポート・VISA・お金(ドル)などの準備や、ホストファミリーの斡旋料金の支払いなども行います。夏休みには事前学習として、関先生からアメリカ文化や生活の仕方、レベル分けテストに関する説明などを受けます。また、8月下旬には自分のホームステイ先が決まるので、ホストファミリーと連絡の取り合いを行いました。

5月中旬 オリエンテーション
6月上旬 留学希望者選抜(TOEIC+面接)
7月下旬 先輩・先生・親を交えての説明会
8月下旬 事前学習
9月11日 渡米

持ち物

出発間際になってあせらないように、余裕を持って準備を始めてください。

パスポート・
I-20・ビザ
手持ちカバンに入れてください。これがないと出入国できないので、絶対に忘れないように何回も確認してください。
お金 現金(ドル・円)とトラベラーズチェックを持っていきました。アメリカでは現金はあまり使わず、クレジットカードを使っていました。
航空チケット これもとても大切です。失くさないようにしてください。
パソコン・USB パソコンは持っていくように指示されます。また、USBがあると便利です。
デジカメ これは毎日使っていました。いっぱい写真を撮ってきてください!
辞書 授業以外で使うことはあまりありませんでしたが、持っていった方が良いと思います。
衣類 私は夏服をたくさん持っていきましたが、9月に夏服は一切必要ありませんでした。アメリカでも買い物をすると思うので、衣類は少しあればいいと思います。
日用品 洗顔・化粧水・生理用品は持って行きました。シャンプーなどはアメリカで買って使っていました。
最低限の風邪薬・腹痛薬は必要です。私はアメリカの薬も飲みましたが、大丈夫でした。
お土産 アメリカにも日本の物はたくさん売られているので、珍しいもの、変わってるものなどを持っていくと面白いと思います。
変圧器 何かと必要だと思います。
充電器 デジカメ・携帯電話などの充電器です。忘れやすいので、忘れないようにしてください。

そのほか

私が留学前に不安だったことです。

携帯電話について 私は日本の携帯電話は停止させ、アメリカでプリペイド式のものを買いました。本体は30ドルで、プリペイドカードは30ドルで300分話せるものから種類もたくさんありました。他にもアメリカの携帯会社と契約をして利用する方法もあります。
他にはどんな準備をしていたか 他の国の人に興味を持ってもらえるような話題をたくさん考えたり、日本で写真のアルバムを作ったりしました。他にもホームステイに関する本を読んだりしていましたが、これはあまり役に立ちませんでした。
お金について 現金・トラベラーズチェックの他に、海外でも使えるクレジットカードを作っておくと便利です。

 

次へ進む

目次へ戻る