留学をして

私は昔から英語が好きで、高校生のとき、青陵短大の学校案内を見てこのプログラムのことを知りました。最初は3週間の語学研修のプログラムに参加しようと考えていましたが、このプログラムの説明会に参加したとき、先生や先輩方の話を聞いてアメリカでの生活がとても楽しそうだなと思いました。それからだんだん、アメリカでの生活しながらもっと英語が喋れるようになりたい!という思いでこのプログラムに参加しました。

留学していた3ヶ月間はとても楽しくてあっという間でした。空港に着いてホストファミリーと対面したときは、うまく生活していけるのか、ちゃんと英語で会話できるのかなど、不安でいっぱいでした。しかし学校が始まるとそんな不安は一気に吹き飛びました。学校でできた友達は面白くてやさしい人たちばかりでした。私がうまく話せなかったときも、最後までちゃんと話を聞いてくれました。3ヶ月という短い間でたくさんの人と仲良くなることができ、いろんな思い出を作ることができました。また、ホストファミリーにはたくさん迷惑をかけましたが本当の家族のように接してくれて、とてもうれしかったです。

しかしそんな留学も、楽しいことだけではありません。友達と話していても自分だけうまく話せなかったり、ホストファミリーの言っていることが分からず落ち込むなど、辛いこともたくさんありました。そんなときはいつも周りの友達が助けてくれました。特に一緒に留学に行ったみんなにはとても助けられました。私の悩みを聞いてくれて、ときには厳しい言葉をかけてくれました。私が3カ月間過ごせたのは、そんな周りのひとたちの助けがあったからこそだと思います。

この留学で自分自身成長することができ一生忘れることのできない思い出を作ることができました。このプログラムに参加させてくれた両親、留学の指導をしてくれた先生方、支えてくれた友達にとても感謝しています。

本当にありがとうございました!

 


アルバム

目次へ戻る