事前準備

渡米までの準備

6月に留学に行くことが決まってから、出発までに準備することがたくさんありました。常にメモをとりながら、予定を忘れないように気をつけましょう。

5月 留学の説明会があります。先輩や先生から留学についていろいろと話を聞きました。
6月 留学に行くための選抜試験があります。TOEICと英会話の面接をしました。
7月 親を交えてのオリエンテーションがあります。旅行会社の方や先生、先輩方から留学について詳しい説明を聞きました。7月中旬にホームステイの斡旋料を払いに郵便局へ行ったり、成績表をもらいに高校へ行きました。
8月 オリエンテーションのため何度か学校に行きます。カルチャーショックについて学んだり、旅行会社の方から保険のことなどについて聞きました。8月中旬には東京のアメリカ大使館にみんなでビザを取りに行きました。
9月 渡米

 


 

持ち物

パスポート・I−20・ビザ・保険証 とても大切なものなので、無くさないように気をつけましょう。
スーツケース 私は大きめのものを2つ持っていきました。帰るときは荷物でパンパンになったので、大きめのものがいいと思います。
衣類 半袖を2枚、長袖を4枚、ズボンを2枚持っていきました。シアトルの冬は寒いので、コートは必ず持っていきましょう。カーディガンやパーカがあると便利です。
カバン・くつ 通学用にリュック、普段用に少し大きめのカバンを持っていきました。しかし教科書が重すぎて、途中でリュックが壊れてしまいましたカバンは丈夫なものを持っていきましょう。靴はスニーカーだけ持っていきました。
タオル バスタオルを2枚、タオルを4枚持っていきました。多めに持っていきすぎたので、2枚ずつくらいでもいいと思います。
日用品 洗顔料・化粧品・シャンプーを持っていきました。私は肌が弱かったので洗顔料と化粧水は普段使っているものを持っていきました。シャンプーは携帯用の小さいものを持っていき、アメリカで大きいものを買いました。シャンプーは向こうで安く手に入り、香りの種類も豊富なので、ぜひ使ってみてください。
私は胃薬・酔い止め・風邪薬を持っていきましたが、あまり使いませんでした。どの薬を持っていけばいいのか分からない人は、風邪薬と胃薬は持っていくのがいいと思います。
ドライヤー アメリカでも使えるものを買って持っていきました。電器店で安く購入できます
パソコン・USB プレゼンでパワーポイントを使ったり、課題について調べたり、パソコンはよく使っていました。USBは作った課題や写真などを持ち運べるので1つは持っていきましょう。学校でも買えます。
電子辞書 毎日使っていたので、いつもカバンに入れていました。
デジカメ カメラも常にカバンの中に入れていました。ぜひアメリカでたくさんの思い出を撮ってきてください。
文房具 筆記用具とノートを一冊持っていきました。ノートは日記用です。文房具は学校でも買えます。
折り畳み傘 急に雨が降ることが多いので、いつもカバンの中に入れていました。
圧縮袋 日本へ帰るとき、荷物が多かったので、整理するのにとても便利です。
お土産 ホストファミリーへのお土産です。私はおせんべいやお寿司の形をしたアメなど日本のお菓子を持っていきました。

 

お金

現金・トラベラーズチェック 現金300ドル(約3万円)とトラベラーズチェックを35,000ドル(約35万円)を持っていきました。トラベラーズチェックはアメリカで銀行口座を作り、全てそこに入れて使っていました。
日本円 成田空港から新潟へ帰るときに必要になります。私は2万円持っていきましたが、留学中お金が足りなくなり、1万円をアメリカの銀行でドル札に替えてもらいました。そのため帰りのお金が足りなくなり、一緒に帰ってきた子に少し借りて帰りました。心配な人は少し多めに持っていくことをおすすめします。また、日本円からドル札に替える際はパスポートが必要です。
クレジットカード 服やお土産はクレジットカードで買っていました。何かあったときに使えるので便利です。

 

 携帯電話について

私が普段使っていた日本のケータイはアメリカでは使えなかったので、ホストファミリーに連れて行ってもらい、デパートでプリペイド式のものを買いました。しかし通話料や通信料が高く、入っているお金がなくなったら、その都度プリペードカードをスーパーなどで購入しなければならないので、手間もかかり、とてもお金がかかりました。ケータイショップに行き店員さんと相談して買った方が安いプランもあるので、もし携帯電話を買う際はケータイショップへ行って買うことをおすすめします。

 

次へ進む

目次へ戻る