準備期間

 

青陵短大の短期留学プログラムというのは、自分で3か月か6か月を選び、アメリカワシントン郊外にある Green River Community College という青陵の姉妹校で、英語を集中的に学習しようというプログラムです。アメリカ滞在中はホストファミリーと一緒に生活をします。

 

*渡米までの事前指導*

5月 留学オリエンテーションがあり、留学についての話を聞きます。
6月上旬 短期留学希望者選抜試験(TOEIC と英語で面接試験)
7月 パスポート作り、ホームステイの支払い、親子でのオリエンテーション
8月(夏休み中) 東京のアメリカ大使館にてビザを発行してもらう、留学準備!
9月上旬 渡米

 

荷物*持ち物

スーツケース(2つ 大と小) ベルトがあると本当に便利です。私は持って行ったスーツケースが小さくて帰りの荷物が入りきらなかったので、向こうで新しく買いました。
パスポート・I−20・ビザ 絶対に忘れてはいけないので、何度も確認しましょう!
折りたたみ傘 Seattle は雨の日がとても多いです。
電子辞書 日常でも、授業中も使います 電池も忘れずに。英英辞典なら、テストへの持ち込みもOKな時がありました。
デジカメ・充電器 いっぱい思い出を残しましょう。
カバン(大きめのリュック・小さい手さげなど) 学校用の大きいカバンと、ちょっとした買い物用のポシェットを持って行きました。
薬(自分に必要なもの) 私は風邪薬・胃薬・便秘薬などを持って行きました。
圧縮袋 帰りの支度の時に、とても便利でした。
お土産 ホストファミリーと、向こうでできた友達にあげました。
目ざまし時計 部屋に時計が無かったので、とても便利でした。
アルバム 会話の種になったりプレゼンでも使えましたし、プリクラ意外と人気でした。
筆記用具 向こうでも買うことができます。
スリッパ 家の中ではいていました。
スニーカー・パンプスなどあったらいいです。
洗濯用ネット 洗濯をする時にとても便利でした。
日記帳・単語帳 向こうでの生活を日記につけましょう。
雑誌・i pod 日本が恋しくなった時、いつも見たり聞いたりしていました。
ドライヤー 海外で使えるトラベル用の小さいものを持って行きました。
タオル 必要最低限で。
シャンプー・リンス アメリカのを試してみるのもいいかも!
パソコン・USBメモリ 学校のパソコンを持って行きました。USBはとても役に立ったので、必要です!
日用品 普段使っているものを。(コンタクト・化粧品など)

 

お金について

トラベラーズチェック4,000 ドル現金1,000ドル持って行きました。途中で旅行に行くことが決まって両親に800ドル入金してもらいましたが、節約して使っていたので、余ったお金は日本に持って帰ってきました。必要最低限で大丈夫ですよ。

 

Q&A

お土産は? 日本のお菓子などは意外に喜ばれませんでした。それで、私は100円ショップなどを利用してちょっとした小物を友達用に買い、ホストファミリーにはそれぞれプレゼントを買いました。ホストマザーがおしゃれな人だとわかったので、浴衣を持って行ったところ、ハロウィンの時に着てくれたり嬉しかったです。ポストカードなども喜ばれました。下調べをしてみては?
洋服は? 向こうの学生は、日本の学生のようなおしゃれをしている人は多くはないです。向こうでも買うことができるので、持って行くのは必要最低限でいいと思います。でも、お気に入りの服やアクセサリーも、着るだけで元気が出るので必要ですよ! 靴もブーツなどたくさん売られています。

 

荷物は足りないものがあればいくらでも買えるので、必要最低限でいいです。持って帰ってくるのがとても大変になってしまいます。ショッピングに行ったり、向こうの生活を真似してみるのも楽しいですよ! どんどん行動してみましょう!

 

次へ進む

目次へ戻る