留学をして

 先輩の留学説明会に参加して話を聞いて留学したいと決心してから、もう1年が経ちますが、本当にあっという間でした。アメリカで過ごした3カ月間は、毎日が発見で楽しくもあり苦しくもありました。何よりも授業に全くついていくことができず、だいぶ悩み、同じレベルなのに周りの皆はできていることに焦っていました。しかし、理解することができたり話すことができたりするようになると、嬉しくて留学してよかったと思えるようになりました。ここでわかったことははじめはできなくて当たり前ということです。

 また、日本では簡単にできることでもアメリカでは大変なこともたくさんありました。バスチケットを買ったり、スタバで飲み物を買ったり、誰かに何かを伝えたり。言語が違うだけでこんなにも苦労するとは思いませんでした。慣れた頃でも、バスチケットを買うときなどドキドキしていました。いろいろな国の人と関わり、文化やコミュニケーションの取り方の違いを知り、戸惑ったこともありましたが、違う国の人と友達になれたことは本当に良い経験になりました。韓国の人とはお互いの国で知っている歌手やドラマの話をしたり、中国の人とは英語が通じなかったとき漢字で筆談したり、遠いようで本当は意外と近い存在だったんだと感じました。

 そして何より、いつも支えてくれたホストファミリーには感謝しています。英語をもっと学びたいと思えたのもホストファミリーのおかげだと思っています。1人でしなければいけないことももちろん多くありましたが、そんな時に支えてくれる人がいたからこの留学を素晴らしいものにできたのだと感じています。

 私は方向音痴のうえ記憶力があまり良くないので、帰りがとても不安でした。1人でちゃんと飛行機に乗れるのか、荷物は大丈夫なのかを考えてばかりでしたが、無事帰ることができました。途中違う方に行きそうになりましたが、なんとか無事帰国! 正直、留学前は1人でなんか無理だと思っていましたが、アメリカ生活の中で行動力がついたらしく、成長したなと思いました。本当に直行便でよかったです!

留学をさせてくれた家族の皆、留学メンバー、関先生、GRCC で出会った皆、アメリカで出会ったみなさん、本当にありがとう

 

アメリカで過ごした3カ月たくさんの思い出ができました!!

みんなの帰りを待つ Ginger 日本人の友達と
みんなで夕食はいつもここで バスの待ち時間はいつもここで勉強
てっぺんは星ではなく天使! とにかく何でも大きい!
バスはいつも学生でいっぱい! シアトルから見える海はキレイ!

 

 

目次へ