ホストファミリー

私が3ケ月間お世話になった Nickelson 家は二人家族でした。お父さんの Ron 、お母さんの Vicky 。これまでに何人もの日本人学生をステイさせていて、日本好きな家族でした。ペットは犬の Ginger と猫の Chance。またルームメイトは、今回一緒に参加した奈穂でした。同じスティ先に決まった時は驚きました!

ホストファーザーの Ron はいつも元気で、とても声の大きな人でした。車をいじることが好きで、外にいることが多かったです。私が何かに興味を持つと、いつも丁寧に説明をしてくれました。11月には狩りに行き、2週間ほど帰ってきませんでした。いたずら好きで、よく奈穂にいたずらをしていました。

ホストマザーの
Vicky は本当に優しい人でした。授業でうまくいかなかったりして落ち込んでいるときに、いつも励ましてくれました。平日は歯科助士の仕事をしていたので、朝などはあまり会えませんでした。映画のDVDを「英語の勉強になるから」と買ってきてくれたりもしました。 Vicky の作るご飯は最高!

そしてルームメートの
奈穂にはいつも助けられました。学校でも同じクラスでの授業があり、よく宿題について聞いていました。

  

留学前に来たホストファミリーの紹介に Small Dog と書いてあったにも関わらず、 Ginger とても大きな犬でした。私が着いたときはまだ1歳にもなっていませんでしたが、とにかく大きかったです。Chance に触っているとヤキモチを焼いて近寄ってくるのが本当に可愛かったです。

 

Chance は16歳のちょっと大きめな猫でした。普段は庭や家の中で寝ていることがほとんどなので、あまり見かけませんでした。帰国が近づいてきた頃から、私の部屋に来てベッドの上で寝ていました。部屋に来るとドアをひっかいて自分が来たことを知らせるので、何回も起こされました。

 

 

平屋でとても可愛らしいお家でした。イベントがあるごとに家の中の置物などを変えていました。食事については、朝は自分の好きな時間に食べていました。ヨーグルトばかり食べていた記憶があります。お昼は、学校でも買えますが、節約のため家からベーグルを持って行っていました。夜は Vickyの作るご飯! たまに日本食も作ってくれました。本当においしかったです。

学校にはバスで通っていましたが、家からバス停まで歩いて15分ほどかかりました。寒くて歩くのがつらかったです。途中でバスを乗り換えて、そこから約15分くらいで GRCC に着きます。家から学校まで待ち時間を合わせトータルで約1時間半かかりました。Vicky の仕事が遅く始まる日はバス停まで送ってもらっていました。

家の庭 朝食のベーグル

 

休日の過ごし方

日曜日の午前は家から歩いて5分くらいのところにある教会に行っていました。教会のイメージというと讃美歌などを考えていましたが、全く違いました。ステージに楽器を持った人が現れ演奏してくれ、一緒に歌います。静かな感じの曲だけでなく明るい曲などもあり、楽しく歌えました。英語の勉強にもなります。また、この教会で何回かパーティーがあり、連れて行ってもらいました。

基本的には学校の課題が多かったので、土日に一気にしていました。あとは、 Vicky が買ってきてくれた DVD を観たり、買い物に連れて行ってもらったり、クッキーを一緒に作ったりしました。夜はサイコロを使ったゲームをして楽しかったです!

アメリカの大きなイベントの一つであるサンクスギビングデイは、とにかく食べ物がすごかったです。パンプキンパイ、ターキー、伝統的なソースであるグレービーなど本当においしかったです。また、商品がとても安くなるので、買い物にいくには最高の日です。が、とても混むところなどもあるので大変です。

家の近くの教会 サイコロでゲーム中
Thanksgiving Meal クッキーが焼けるのを待つ奈穂


ホストファミリーについて

どんなことを話せばいい? はじめは英語を話すだけでも大変なので、会話もなかなかできませんでした。そこで、日本から持って行った家族や地元の写真を見せました。写真を見せることでいろいろ質問してくれるので、うまく会話をすることができました。また、その日学校であったことやテストのことを話したり、宿題を聞いたりもしました。どこかに出かけたときは「あれは何?」などと聞いて、いろいろ教えてもらいました。

次へ

目次へ