*6ヶ月を振り返って*
 


 




 とにかく、この6ヶ月間は、本当に楽しかったです。


 行くまで、本当に視野が狭く、単独行動が苦手で、一人では何もできないような人間でした。そして、自己主張が苦手で、損ばかりしていました。そんな私が留学したいなんて言い出したので 、親は本当にびっくりして、即答で 「あんたには無理!」 と言いました。自分でも、「私には無理」 と思っていました。実際は、やっぱり無理だよねーと、諦めようとしていました。でも、行かなかったら、6ヶ月後アメリカ留学 から帰ってきた人達を見たときに、絶対に後悔すると思いました。留学へ行った人達が6ヶ月間アメリカで過ごしてる間、私はなんの目的もなくちゃらんぽらんに生活して、帰ってきた彼女達を見たときに本当に後悔してる自分が目に浮かびました。そして私は行く決意をしました。
 テーマは「自分改造」でした。アメリカにはいろんな人がいました。いろんな人に出会いました。自己主張が メチャクチャ強い人、お前はガキかと言いたくなるような性格の人、本気でケンカをした人、そして私のウジウジした性格をちゃんとしかってくれた人、私を理解して受け入れてくれた 友達、お前は本当に最高だと言ってくれた友達。私はみんなとの出会いに本当に感謝しています。そして、こんな性格の私が心配で心配で夜も眠れなかったであろう両親。母がある日 、私に言いました。「心配で夜も眠れなくて、目の下にクマができて、パンダと間違われました。」 父もある日言いました。「リイコ(私)の写真が more 欲しい。」 本人達はそんなつもりはないんだろうけど、毎回メールで笑わせてくれて、背中を押してくれた両親にも本当に感謝しています。

 勉強することは大事です。アメリカに行って勉強することで、勉強したかった こと以上のことを学んだ気がします。人として、大事なことを。後悔は全くないです。みんな本当に感謝しています。そして、これからもよろしく!!!




目次へ