*帰国にあたって*



 帰国の時は意外と頭を使います。例えばこんなことをします。
 

飛行機のチケットの確認 飛行機のチケットはもう取ってあるのですが、それがちゃんとその日のその時間に取ってあるのか、電話で確認します。 誰か一人がやればいいことなので、ジャンケンで決めましょう。
銀行口座を閉じます アメリカで開いた口座を閉じます。私は一人で銀行に行って閉めました。自分はこんなことできるんだなーと我ながら関心。今はもうそんな度胸ないかも ・・・。
お土産を買いまくる とにかくお土産を買いましょう! ここはお金を気にせず買うべきだと思います!
払うべきお金を払う これはまあ普段ちゃんと払ってたらなんの問題もないのですが、向こうに行くと、学費はかからないけど、施設費というのを自分でちゃんと払わなければいけなくなります。正確に払わないで日本に帰ってくると 、めんどくさいことになるので、 Casher というところへ行って、間違いなく払ってきましょう
荷物を送る 私の場合帰るときには荷物が3〜4倍にもなりました。そのため、私はダンボール2つにお土産やらかさばる冬服やらを 詰めて日本に送っちゃいました。飛行機に乗せてはいけないものやスーツケースに入れたらかさばるものは、送るといいと思います。料金は着払いで 、エア便18000円くらい、船便10000円くらいでした。値段はバカみたいに高いです。


  荷造りは想像以上に頭と時間を使います。私はナメていたので、ギリギリまで終わらなくて焦りました。たたみ方や入れ方によってスーツケースのかさばり度が全く違うので、頭をフル回転させましょう。圧縮袋が重宝しました。

悔いを残さないように…

 今まで6ヶ月もいたところから離れるのは、なかなか実感がわきませんでした。でも 「もう来られないんだ」 と自分に言い聞かせて、ラストスパートをかけましょう! 私はスターバックス1号店に行ってなかったので、帰国2日前くらいに友達に無理を行って連れて行ってもらったり、普段会わなかった友達に会いに行ったり、いつもは高くて食べないようなメニューをレストランで頼んでみたり・・・。とにかく、できることは全部する気でいろいろしました。


次へ

目次へ