★★★ GRCC 生活 ★★★

  グリーンリバー・コミュニティーカレッジ
ここは本当に素敵な所でした。キャンパスは深緑に囲まれ、学生みんなが生き生きと学習に取り組んでいます。そんな GRCC の IESL という英語集中プログ ラムで、秋と冬の2クォーター(2学期間)を過ごしました。     


・・・・・・・秋クォーターが始まる前に


9/15〜9/22

  シアトルに 到着したのが9/14で、次の日から一週間近くオリエンテーションがありました。初めての環境に驚きと緊張! IESL の学生はアジア人が9割を占め ています。オリエンテーションは友達を作る絶好のチャンス!ですが、英語が全く話せなかった私には非常に厳しいものでした。でもそんな時は自分 を捨てて! 留学 生はみんなフレンドリーです。恥ずかしがっていたら損をします。オリエンテーション期間では、いろいろなことをしました。朝学校へ良くと無料 でベーグルやカップラーメンが食べられたり、みんなでシアトルへ行って買い物をしたり、キャンプをしたりしました。こういった期間では、アメリカ ならではのゲームをしたり、食事やお菓子を楽しむことができるので、とっても有意義な時間が送れます。この黄色いバスも「セサミストリートだぁ!」と、初 めて見 たとき感動したのを覚えています。


 ☆ シアトルのシンボルで あるスペース・ニードルです☆



 ☆シアトルダウンタウンの中心地。高級なホテ ルやデパート、レストランなどがあります☆



・・・・・・・・・・さぁ!授業スタート


 まず、オリエンテーション期間中 にクラス分けのためにテストが実施されました。
 クラスはレベル1から5まであり ます。私はレベル3とレベル4で勉強して き ました。
 こちらは私の学校での一日の流れ です。



レベル3
レベル4
自主学習
(図書館で)
11:00〜
 毎日授業開始まで時間があったので、快適な図書館で勉強をしていました。ここには本当沢山の学生が 集 まっているので、友達を作ることや、英会話のスキルアップに最適です。
Grammar
 
(文法)
12:00〜12:50
 涙 のレベル3でした。先生はスーザンというとっても優しくて、でも早口の先生でした。まず先生の言っていることがわからない。辛かったです。自分の無力さに 落胆しました。クラスメイトにも迷惑をかけました。でもみんなは私にたくさんの力と知識をくれました。ありがとう、みんな! 文法は中学の時にきちんと勉強してい ればと後悔。
 先 生の言っていることがわかる! と、冬休み明けの私に変化が! 涙の甲斐があったのでしょうか? 授業内容もレベル3に比べて少しだけ深いもの でしたが、なるほど!っというのもがたくさん出て来たり、日本の授業と違ってロールプレイなどもしたので授業が面白くて仕方が無かったです。先生はエミ リー。 モデル? っというくらい綺麗で若い先生でした。
お昼休み

 サ ンドイッチやレンジで温めるだけの簡単な食事を持参するのがアメリカンスタイル。他にもカフェテリアでピザやサラダを買って、みんなでワイワイ食べていま し た。でに毎週テストやプレゼンテーションがあったので、実際ワイワイともいかなかったです・・・。
 レ ベル3以上に忙しい毎日でした。ほとんどカフェテリアには行かなかったです。図書館や教室のある塔へ早めにいって勉強やプレゼンテーションの準備をしてい ました。
Reading and Writing
 
(読み/書き)
14:00〜15:15


  何 よりもこの時間帯が苦痛でした。
長文の中からセンテンスを探し出したり、自分で長文の内容を読み取ってそれを要約したりし て、クラスメイトと協議し合います。テストも毎回ギリギリの点数で、「なんのこと言ってるの今?」と、まぁこんな状態でした・・・
 先生は同じくスーザン。

  こ ちらもまた私に変化が! この授業には少し複雑な意味を持つ言葉がたくさん出てきます。しかしそういった言葉や先生が伝えようとしてくれている事をスルス ル と理解し吸収できることが多くなりました。もちろん難しいのは当然ですが、授業中に積極的に発言したり、テストで上位の得点を取ることも増えました。先生 は同じくエミリー。
Listening and Speaking
(聞き取り/英会話)
15:30〜16:45

 こ の授業はもっとも活動的なものでした。映画を観てその中のワンシーンを演じてみたり、キャンパス内にある植物についてプレゼンテーションをするために、実 際 に屋外に出たりもしました。先生のモニカは、とっても明るくて、パワフルな先生でした。
 先 生はアレンというおじいちゃん先生でした。この授業は毎週のようにプレゼンテーションやテストがあってみんなで冷や汗をかきながら生活していました。でも 私にとって最後のクォーターだったので悔いの残らないように毎回毎回納得のいくように授業をこなしました。
バス時間まで待機
 バスが来るまでいつも時間があったので、図書館で勉強をしたり、近くに住んでいる友達の家へ遊びに行ったりしていました。




 さて、私が過ごした GRCC での 生活はあっという間に過ぎ去りました。きっとそれだけ忙しくて充実していたのだと思います。 GRCC に通っている人は本当にみ んな親切で、そして頑張っています。そんな人達と友達になることで自分自身も大きな影響を受けることができました。特にクラスレベルが上がることによっ て、クラスメイトも英語力の高い子が多くなるのでの、発音など私は上手な人を見て、そして真似することを心がけていました。また、勉強面だけではな く、留学生はさまざまな国から集まって来ているので、彼らの文化の魅力、日本との違いそして気が付かなかった日本の良さを知ることもできます。




                                                        
        









 この写真はキャンパス内で撮ったものです。真 冬なのにTシャツを 着 ている人がいたり、時には見知らぬ人にブーツを褒められたりと、毎日必ず面白いことが起こる GRCC 。キャンパス内にはタリーズ・コーヒーが入っているので、 みんな片手にコーヒーを持ちながら教室移動します♪

                                                                 




次へ


目次へ