Green River Community College

 青陵大学短期大学部の姉妹校、GRCCは、たくさんの草木やリスなどに囲まれて、広々としていて、とても環境がよいです。 また、様々な国の様々な年代のたくさんの人がこの学校にいます。特に、日本、香港、台湾、韓国、ベトナム、などアジア人が多いです。

学校案内

図書館 ここで無料でDVDや本を借りることができます。テレビやパソコン、勉強するための小部屋もあります。朝はパソコンを使う人でとても賑わっています。
ステューデントオフィス ここで Halloween Party, Seattle Trip, CORE, Conversation Partner などの申し込みの手続きをすることができます。
カフェテリア ここでお昼を食べる人が多いです。電子レンジがあるので、お昼を温めることができます。また、毎日味の違うスープや「シアトルズベスト」のコーヒー 、ホットドック、ハンバーガーなどたくさん売られています。私はよく「シアトルズベスト」でココアを買って飲んでいました。
ブックストアー 文房具やGRCCのグッズ、お菓子、教科書などが売られています。DVDも有料だけどレンタルできます。
キャッシャー ここで授業料や施設費を払います。切手も売られています。でも、手紙を送りたいときは、郵便局に行ったほうがよいです。手紙は日本まで84セントしかかかりません。

 


 

オリエンテーション

 オリエンテーション期間中はホストファミリーが送り迎えしてくれていました。クラス分けのテストもオリエンテーション中にありました。

9月の日程

9月15日(金) 08:00-17:00 オリエンテーション お昼あり
9月16日(土) 08:30-17:30 Seattle Trip 
9月17日(日) 休み
9月18日(月) 08:00-17:00 オリエンテーション お昼あり
9月19日(火) 休み
9月20日(水) 08:00-17:00 オリエンテーション お昼あり
9月21日(木) 休み
9月22日(金) CORE
9月23日(土)
9月24日(日) 休み
9月25日(月) 授業料支払日 授業開始

   

        アドバイザー

 日本人のアドバイザーは Cynthia でした。彼女は日本人の悩みを聞いて解決してくれていました。

Cynthia とのお別れパーティー。お世話になった Cynthia にありがとうと言いました。 お別れパーティの時、大勢の日本人が集まりました。 Cynthia は本当に優しくてよい人でした。

        CORE (Camping Overnight that's Really Exciting and free)

 オリエンテーション期間中にキャンプで、 グループに分かれてゲームで競ったり、皆でダンスをしたり、キャンプファイヤーなどをしま した。

皆日本人に見えるけど、実は違うんです。韓国・香港・スペイン人がいます。COREでたくさん友達ができます! ここにもスペイン人と香港人。会話をするときはもちろん英語です。

    Seattle Trip

 15ドルで、学校の友達とシアトルの観光名所を一通り、自由に回れます。自由参加だけど、絶対行った方が良いと思います。

シアトルの街に馬が走っていて、感動して写真をとってみました。 Uwajimayaには日本食品が売られています。中には紀伊国屋もあります。値段は少し高いけど日本のものが恋しくなるものです。イチローの奥さんに会えるかも♪ Uwajimayaで1本1ドルもする水のペットボトルを買いました。 アメリカでは場所によって水道水が飲めないので、水を買うか水道水を沸騰させるかしなければなりません。Fred Mayer Safeway という大型スーパーに行けばもっと安く買えます。それでも高いです。

        クラス分け

 クラスはレベル1から5まであります。レベル2とレベル3に配属される人が大勢いました。

Level 1 Basic Grammar

Reading/Writing

Listening/Speaking

Level 2 Intermediate
Level 3 High Intermediate
Level 4 Advanced
Level 5 Academic Presentation Academic Grammar

TOEFL

Reading/ Writing/Research

Note Taking & Presentations

 

クラス分けテスト
Grammar & Listening マークシート方式で、実用英語技能検定と出題の仕方が少し似ていました。
Writing Essay 3つのお題の中から1つ選びます。私は「諦めることと、頑張ることどちらが大切か」というお題について書きました。
Speaking Writing のテスト中に名前を呼ばれ別の部屋へ連れて行かれました。10分程度のテストで、家族のこと、将来のこと、アメリカの印象などについて聞かれました。

 


クラス

 9月25日からクラスが始まりました。その日に授業料も払いました。最初の授業までに教科書の準備しなければなりません。

秋クォーター(9〜12月)

Level 3

Grammar 先生は John でした。基本的な英文法を親身に教えてくれました。 ペアになって会話したり 、議論したり、少し Speaking の授業のようになっていました。テスト前に質問をしに行けば、時間を割いてわかるまで教えてくれる先生でした。最後の授業で自分の興味のあることについてプレゼンテーションもしました。
Reading/Writing この授業も John が先生でした。教科書を読んで、わからない文は先生がわかりやすく説明してくれていました。ファイナルの Writing テストでは、 「クリスマスのモニュメントを空港に飾ることをどう思うか」という難しいお題が出されました。他のクラスと比べて難しく感じました。
Speaking/Listening 先生は Monica でした。グループディスカッションや発音練習、リスニング問題、プレゼンテーションをしました。1番楽しい授業でした。映画を 見てプレゼンテーションというより劇をすることが多かったです。プレゼンテーションは、見るのも、演技するのも面白かったです。

 

 ファイナルテストや小テスト、授業態度などを全て含めて全教科の平均点数が80%を超えれば、次のレベルのクラスに上がることができます。全教科の平均が95%以上ならさらに上にレベルアップできます。

 

冬クォーター(1〜3月)

Level 4

Grammar 先生は Emily でした。先生の説明が比較的にわかりやすかったです。テストも難しく感じませんでした。 内容はレベル3で習ったものとさほど変わりはないように思えました。
Reading/Writing この授業も Emily が先生でした。Essay の基本的なルールや書き方を習い、たくさん書きました。毎週末に、”Newsweek”という週刊誌を読み、感想を書くという課題も出されました。ファイナルの Writing テストでは 、「音楽は私たちにどのような影響を与えるか 」というお題を書きました。レベル4は落第する人が多くて難しいけれど 、やる気を見せることが大切だと思います。
Speaking/Listening ネイティブスピーカーのアカデミックの学生20人ににインタビューする Survey Project という課題が出されました。最近の気になるニュースについてのプレゼンテーションでは 、Saddam Hussein の死刑について話しました。面白い授業でした。

   

お世話になった先生たち

Reading/Writing の先生の Emily。 この先生は日本語を勉強していて、授業中に少し日本語を喋ってくれました。 Grammar と Reading/Writing の先生の John。 最初、John が何を言っているのか私には聞き取れなくて、よく質問しに行きました。何でも快く教えてくれた、よい先生でした。 Speaking/Listening の先生のMonica。 このクラスは他のクラスに比べて楽でした。発音練習や皆のプレゼンテーションをみるのが面白かったです。

   

 

授業日程
〜12:00

図書館で予習復習をします。

12:00〜12:50

Grammar

教科書に沿って文法を習い、問題を解きます。大抵、教科書の問題をやってくるという宿題が出ます。
12:50〜13:50

昼休み 

14:00〜15:15

Reading/Writing

いろいろな文章を読んで、問題を解いたり、簡単なエッセイを書いたりします。1日で最も大変な授業でした。
15:30〜16:45

Speaking/Listening

週に1度ぐらいの割合で、プレゼンテーションをします。リスニング問題を解いたり、発音練習をしたり、クラスメートと話し合ったりもします。
16:45〜

帰宅or遊ぶ


Conversation Partner

 学校でネイティブスピーカーと週に3回くらい会って、いろんな話をしあうことができます。 お互いの文化について知ることができて、最初は聞き取れないネイティブ英語も少しずつ聞けるようになります。 私は週末に車でショッピングモールに連れて行ってもらったり、難しい英語の表現や授業でわからなかったこと、宿題などを教えてもらったり、お別れパーティをしたり、とても仲良くしてもらいました。 アメリカでは高校卒業時、プロムパーティーというパーティーがあり、そこでパートナーと一緒に踊るそうです。私のConversation Partner の旦那さんはその時のパートナーで、18歳の時に結婚式を挙げたそうです。「アメリカ人は結婚するのが早いのよ」と言っていました。Ms. Jackson Janelle には3ヶ月お世話になりました。

冬休み前にお別れ会をしました。彼女が買ってきてくれたドーナツはとてもおいしかったです。 一緒にスーパーモールに行った時に、2歳の子供を連れてきていました。

 

次へ

目次へ