出発前の準備〜アメリカへ

事前指導

 週に一回の割合で留学組の皆で準備をしました。夏休み中にも学校へ行きます。そこで留学前の準備として、英語だけでなく文化や注意する点を学びます。先生が皆の都合を聞いてスケジュールを作るので、講義や大事な予定がある場合は事前に先生に知らせておいた ほうがいいです。私の場合は 夏休み中に旅行実務の講義が入っていました。夏休み中の講義を受ける予定のある人は気をつけてください。
 ちなみに私達はこんなことを勉強しました。

 ・面接練習として英語の質問に答える
 ・ カルチャーショックについて
 ・ ホストファミリーとの生活について
 ・ 学校生活についてなど
 

 

 持ち物リスト

 パスポート
 I-20
 受け取ったら大事に保管しておきましょう。もしパスポートを持っていない場合は、早めに作っておいたほうがいいです。
 新潟〜成田空港までのチケット  これも当日まで大事に保管しておきましょう。
 航空チケット(往復券)
 成田〜バンクーバー、バンクーバー〜タコマ
 これは帰りの分も含まれているので、アメリカに着いたあとも大事に保管しましょう。
 現金、トラベラーズチェック  早めに銀行で用意しておいたほうがいいです。
 旅行保険証  保険は学校が斡旋してくれたものに入りました。
 パソコン  あると便利です。
 授業で Power Point の課題があるとき、家で作れるので大変役立ちます。図書館で借りた DVD も設定を変えて見ることができます。何よりリスニングテストがある日は CD で勉強できます。
 でも、私は行って二ヶ月もしないうちに壊しました。
 電子辞書  持ち運びに便利な電子辞書をオススメします。
 デジカメ&充電器  思い出をいっぱい撮ってください。
 メモリースティック  アメリカでも安く買うことができます。私は生協で買っていきました。
 向こうでは可愛い色のメモリースティックはあまり見かけませんでした。
 携帯電話  携帯電話を持っていくなら、充電器も必要です。
 ちなみに私は忘れました。
 日本で撮った友達や風景の画像を見せてあげることもできます。
 変圧器  私は持っていきませんでした。パソコンとデジカメには不要です。
 ドライヤーやヘアアイロンを持っていくなら必要です。変圧器なしだと、火が吹いてくる危険があるので注意してください。
 スーツケース  一番大きいスーツケースを買って持っていきました。
 ネムタグとベルトもあったほうがいいです。もちろん向こうでも買うこともで きます。特に帰りは荷物でパンパンになるので、ベルトはあったほうがいいです。
 衣類  必要最低限でいいと思います。向こうで揃えることもできます。
 ただ下着はサイズの関係で日本で揃えていったほうがいいです。
 ちなみに私が行ったときの冬は思ったより寒かったので、もっと暖かい服を持っていけばよかったと思いました。
 医薬品  アメリカの薬を使うのが不安な人は、一通り揃えたほうがいいと思います。
 生理用品  アメリカの製品を使ってみるのもいいと思います。
 化粧品  アメリカの製品を使ってみるのもいいと思います。
 お土産  思いを込めて用意してください。

 

 お金

 日本円  成田空港から新潟まで帰るために必要なお金です。
 2万円あれば十分だと思いますが、私はもしものことを考えて5万円用意しました。
 トラベラーズチェック(T/C)  4500ドル分を全てトラベラーズチェックに替えて持っていきました。
 米ドル  500ドル分を米ドルに替えて持っていきました。
 私はこれで十分だと思いました。ただ、クレジットカードを用意しなくてもいいけれど、お金を持っていくときはカードの方が安心できると言われました。私は 、アメリカで口座を開いて、そこにトラベラーズチェックをほとんど入れてしまおうと考えていたので、100ドル分と50ドル分のトラベラーズチェックを多めにしてもらいました。何よりサインをするのが大変で面倒でした。
 逆に現金は10ドル札、20ドル札を多めにしてもらいました。アメリカでは現金で大きい額のお札はあまり持たないで、カードを使っての買い物が主流のようです。私は口座はお金の保管のためにして、カードでの買い物はあまりしませんでした。




目次へ  次へ