*学校生活1*
- Green River Community College -

 

 私がほぼ毎日通った学校(通称 GRCC )です。青陵大学と比べるとかなり大きいです。犬の散歩をしている人や赤ちゃんを連れている人など いろいろな人がいて楽しかったです。静かで、緑が多い大学だったので、晴れた日などは気持ちよくて、友達と騒いだりもしました。

 


*オリエンテーション*

Thursday, September 15  アメリカに着くと、また同じ日が繰り返されていて、面白かったです。アメリカ1日目は飛行機の中で長時間過ごしたのですごく疲れていて、ホストマザーとシスターと 少し話したあとすぐに寝ました。 空港からホストファミリーの家までの車内の会話でさえうまくできなくて少し落ち込みましたが、ホストマザーが「今まで持ってきた学生の中には、単語もわからない 学生もいた 」と言ってくれて、大分気が楽になりました。
Friday, September 16  オリエンテーション初日。
 これからの予定、学校のこと、Activity などについて説明を受けました。もちろん英語で説明されるので結構難しくて 、周りの人に聞いたりしてなんとか理解しました。オリエンテーションの間は特にいろいろな Activity が用意されています。面白いものばかりなので 、できるだけ参加するといいと思います。ほとんどの Activity で Sign up (申し込み)が必要なので 、忘れたり、しそこなったりしないように気をつけて下さい。
Saturday, September 17  学校の Activity の一つ Seattle Trip の日でした! Fall Quarter から GRCC に入学した人が集まって、みんなで Seattle に行って買い物♪ 友達もできるし、Seattle の街を観光できます。日本やアジアのものが手に入る宇和島屋にも行きました。英語を使って初めての買い物だったので、緊張しました。
Sunday, September 18  ホストファミリーのクリスとコートニーと、生活用品を買いに出かけました。必要なものが見つからなかったら 、遠慮なくホストファミリーに伝えて、いろいろな場所に連れて行ってもらうといいと思います。
Monday, September 19  週末が明けたかと思うと、休む間もなくクラス分けのテストでした。2つのグループに分けられて行動しました。文法、エッセイとオーラルのテストのあとは 、図書館に行って使い方の説明などでした。
Tuesday, September 20  学校は休みでした。銀行と市役所?のようなところに行ってきました。銀行では行員さんが何を言っているのか全くわからなくて、ホストファミリーに簡単な文にしてもらいながら口座を開いてきました。この 時にトラベラーズチェックを全部預けました。
 市役所では WAID (Washington Identification Card) を作りました。とても長い列だったので疲れました。体重と身長を聞かれた時に 、単位が日本と違うので答えられなくて困りました。結局、相手が見た目で判断していました。
Wednesday, September 21  月曜日に受けたテストの結果を受け取り、そのあとは GRCC の近くのモールなどに買い物に行きました。私はレベル3からのスタートでした。
Thursday, September 22  アメリカのこと、カルチャーショックなど、留学生のための説明会がありました。そのあとは※C.O.R.E.に出発!
Friday, September 23  この日の午後に C.O.R.E. が終わり、GRCC に着きました。月曜からは授業です。

 ※C.O.R.E.というのは GRCC が企画した Activity の1つです。オリエンテーション中に新入生が集まってキャンプ場に行き、キャンプファイヤーやダンス、ゲームなどを楽しみます。


 

*ESL*

 私たちは、英語を第二言語として学びに来た人のための ESL (English as a Second Language)というところで勉強をしました。オリエンテーション中にクラス分けテストを受けました。レベルは1から5まであります。 私はレベル3からのスタートでした。

レベル1 Basic
レベル2 Intermediate
レベル3 High Intermediate
レベル4 Advanced
レベル5 Academic Preparation
Academic grammar/TOEFL

 


*Fall Quarter ESL レベル3*

Speaking の授業中

 Grammar と Reading/Writing の授業の先生は Susan,そして Listening/Speaking の授業の先生は Monica でした。初めの頃は英語だけの授業に不安を感じていましたが、すぐに慣れてしまいました。クラスは Grammar と Reading/Writing のクラス は先生もクラスメイトも一緒でした。Listening/Speaking のクラスになると先生が 変わり、クラスメイトも少しだけ入れ替わります。レベル3の時にできた友達とはとても仲良くなって、クラスが別れてからも一緒に遊んだりしました。

Grammar  Susan のクラス。日本でもしてきたような基本的な文法を勉強しました。Susan は宿題に厳しい先生でした。宿題を忘れて怒られたこともありました。わからないところがあると 学生がわかるまでじっくり教えてくれる先生なので 、よく質問をしに行っていました。
Reading/Writing  一番大変なクラスでした。長文を読んで趣旨を理解したり、いきなり英文を書かされたりします。初めの頃は Reading の用語、英文を書くことに慣れていなかったので大変でしたが、すぐに慣れました。
Listening/Speaking  一番好きな授業でした。先生の Monica は、かわいいし、面白いです。クラスの雰囲気もとてもよくて、みんなどんどん発言します。それに負けないように私も頑張りました。私はプレゼンテーションの準備がいつも遅くて 、前日になってから必死になってやっていました。

 


*Winter Quarter ESL レベル4*

Patrick とクラスの女子全員 Ann のクラスは本当に楽しかった

 レベル3をパスして、冬のクオーターからはレベル4になりました。ESLの中で一番難しいレベルと言われているだけあって、勉強の内容や宿題の量はレベル3の頃とは全く違いました。でもその分日本では習わなかったことや 、役に立つ言い回し、興味深いことをたくさんやったので、とても面白かったです。

 先生は Grammar と Reading/Writing が Ann、そして Listening/Speaking が Patrick でした。Ann は それまで GRCC の準講師だったのが、この冬クオーターから正式にESLの先生になりました。そのため、何回も「私のやり方に満足してる?」と質問されました。私は Ann が大好きなので、教え方も 、学生に対する接し方も 大満足でした。Patrick は厳しい先生と聞いていましたが、実際はそんなことはなく、面白く、でもしっかりとした先生でした。

Grammar  レベル3の時に習った文法をさらに詳しく、広く勉強しました。口語表現なども教えてくれたので 、面白かったです。難しい文法を勉強する時は最後にグループを作り、その文法を使い簡単なロールプレイを作り、みんなの前で発表したりもしました。
Reading/Writing  とにかく宿題が多いクラスでした。教科書を数十ページ読まされたり、Webサイトの記事の Summary など、とにかく大変でした。教科書に出てくる単語も難しくなり 、テストの質問の意味がわからないことさえありました。それでも、レベル4が終わる頃にはすらすらと英文が書けるようになり、自分でも成長したことがわかり 、とてもうれしかったです。 一番楽しかったのは最後の課題の Research Project です。レベル 4が終わる頃にはEssayを書くことが大好きになっていました。
Listening/Speaking  レベル3の授業も楽しいですが、レベル4のクラスは楽しく、さらに興味深いことをよりたくさんやったと思います。 リスニングはレベル3とは比べられないほど難しくなり、15分から20分間の長く難しい講義を聞きながらノートを取り 、問題を解くというものでした。
 プレゼンテーション は自分がやりたいからしている、という感覚で取り組むことができました。プレゼンテーションの一つ、Survey Project ではネイティブスピーカーの人から意見を聞きます。普段はあまり話す機会がないので、とても楽しくすることができました。

 


 

次へ

目次へ