*留学の準備*
 

 私は特にすごい準備はせず、 最低限の準備だったと思います。でも、英語の授業は全部取り、先生から言われた留学のための課題はきちんとやりました。行く前からものすごく頑張って英語 に対する準備はしなくていいと思います。
 でも、私がアメリカに着いて思ったことは、自分に語彙力がないために相手が話していることの意味がわからないということです。 初めの頃は、会話の中にあまりにも知らない単語が出てくるので、その度に話を1回止めて、相手に単語の意味を説明してもらっていました。そのため、普段と比べて、会話をするのに とても時間がかかっていました。 1つの単語の意味がわかるだけで、相手の話の内容をつかめることもあります。また、文法をたくさん勉強していっても、相手の話が理解できなかったらその文法も使えないし、なによりアメリカに行っていきなり すぐに話せるようにはならないので。留学する前になにかしていきたいと思うなら、単語帳を作ったりして語彙力を上げるのがお勧めだと思います。

 


*事前学習*

 TOEIC テストが終わって留学メンバーが決定すると、事前学習が本格的に始まりました。私はパスポートがなかったので、パスポート作りから始まりました。

 パスポート作りが終わった頃から忙しくなってきます。銀行口座の残高証明書、出身高校の成績証明書や親のサインなどどんどん必要なものがでてきます。私は新潟で一人暮らしをしていたので、親となかなか直接連絡が取れないし、長岡と新潟 を何回も行ったり来たりして大変でした。必要な書類などはとにかく早め早めに余裕を持って準備していくといいと思います。

 夏休みが始まると一週間に一回くらいの割合で学校に集まって、アメリカの文化、カルチャーショックや英会話などについて学びました。毎回 、前年に留学に行った先輩が来てくれて、 いろいろ話したりもしました。この事前学習で先生からもらったプリントは役に立つことがたくさん載っているので、アメリカにも持って行って何度も読み返していました。他に夏休み中には 、ビザの取得のためにみんなで東京に行ったり、ホストファミリーが決まったりと 、楽しいことがたくさんです。アメリカに行ってから Green River Community College (GRCC) で受けることになるクラス分けのテストの準備も夏休みの事前学習でします。アメリカに行ってから本当にすぐに受けることになるので 、アメリカではほとんど勉強できないと思ってください。日本で一生懸命取り組んだほうが自分のためになります。

 留学に行くと1年後期の授業は取れません。帰ってきてから気づいたのですが、取ろうとしていた資格が取りにくくなっていたり、思うように取りたい授業が取れなくて困りました。 できるなら行く前からある程度計画を立てておくと、慌てることがなくて安心だと思います。


*持ち物*

 私は怠け者で、ずっと荷造りをしないで、ギリギリになって大慌てで荷造りをしました。アメリカに行ってから結構忘れ物があることに気づき、後悔しました。

 荷造りをしている時に、これ必要かも・・・でも微妙、みたいな荷物はいらないと思います。私はそういうものをたくさん持って行って、最終的にはすごい荷物の量になってしまって大変でした。 大抵のものはアメリカで買うことができます。

パスポート、I-20  入出国の時に絶対必要なものです。私は失くさないように、アメリカに着いてからはずっと鍵のかかったスーツケースの中に入れておきました。I-20は 、アメリカに着いたばかりの頃は何回か必要になります。
スーツケース  大き目のサイズのを2つ持っていきました。それでも、私はいらない物をたくさん持って行ったので、中身はギュウギュウでした。
かばん  3個持って行きました。小物が入るくらいの大きさのショルダーバッグ、学校用の大きいリュック、そして遊びに行く時のためのかばんです。
衣料品  いろいろ迷って、結局特にいらない服をたくさん持って行きました。衣料品が一番かさばるので、最低限必要な分だけでいいと思います。それにアメリカに行ってから 、服は安くたくさん手に入ります。シアトルの冬は寒いので、マフラーや手袋なども持って行きました。
 スニーカー、パンプス、教会用の黒い靴とスリッパを1足ずつ持って 行きました。スニーカーはアメリカにいる間に壊れて、もう1足買いました。パーティー用に、ヒールのある靴があるといいかもしれません。
日用品  化粧品などにこだわりのない人は全部アメリカで揃えることができるので、消耗品以外はなくてもいいと思います。ただ、アメリカについてすぐに買い物に行けるかどうかはわからないので、旅行用のお出かけセットみたいなものは持って 行くといいと思います。私は敏感肌で化粧品にも愛用しているものがあったので、買いだめして 行きました。タオルなどはホストファミリーが貸してくれたので、2〜3枚しか持って行きませんでした。
学用品  ノートなどはアメリカで揃える気だったので、筆記用具だけ持って行きました。 ルーズリーフやバインダーは日本のものとは違い、GRCCでは3つ穴のものを使うことになります。私の時は、先生が指定したものしか使えませんでした。
 アメリカの薬は合わないと聞いていたので 、風邪薬を持って行きました。それから常備薬も持って行きました。
携帯電話  アメリカでも使える携帯に買い換えて行きました。でも使用料がすごく高いので、結局アメリカでプリペイド携帯を買って使っていました。携帯電話は友達と連絡が取れるので 、持っているとすごく便利だし、楽しいです。
デジカメ  デジカメは持って行ったほうがいいと思います! すごく便利だし、パソコンも持って行けば、データを移せます。フィルムのカメラに比べれば荷物にもならないし、日本に帰ってきた 時にHPを作るのが楽になります。
ノートパソコン  運がよければホストファミリーの家でインターネットにつなげる場合もあるし、学校の宿題で Word  や PowerPoint を使うこともあるので 、持って行ったほうが便利だと思います。 設定を変えればアメリカのDVDを見ることもできます!
メモリースティック  常に筆箱に入れて、いつでも使えるように持ち歩いていました。あるとすごく便利です。エッセイなどを家のパソコンで作ってメモリースティックに入れて学校でプリント アウトしたり、音楽を友達のパソコンからコピーしてもらったり、とにかくいろいろなところでたくさん使いました。
MD(プレイヤー)、CD  音楽が好きなので、たくさん持っていきました。CDプレイヤーはアメリカで16ドルで買いました。
変圧器  アメリカと日本では電圧が違うので、デジカメ、ドライヤー、MDプレイヤーなどの電化製品を持って 行く場合は必要なことが多いです。
電子辞書  必要だと思います。紙辞書は単語を引くのに時間がかかるし重いので、アメリカで使っている留学生はほとんどいません。
腕時計  日本とは違って、常に携帯を持ち歩くことはなかったので、毎日必ず身につけていました。学校では教室が1つ1つ離れているので、移動してる時など 、すぐに時間が確認できるので必需品です!
写真、プリクラ  ホストファミリーに見せようと持って行きました。小さい頃の写真などはすごく面白そうに見ていました。それから私は持って写真を学校の※プレゼンの 時にも使いました。プリクラは友達に見せたらすごく興味を持ってくれて 、おもしろかったです。
お土産  ホストファミリーの家族構成がわからなかったので、適当に買って行きました。実際は大家族だったので、お土産は足りませんでした。日本ぽいものよりも 、大人にはアクセサリー、子供には普通のおもちゃが一番喜んでもらえたような気がします。 (ホストファミリーと事前に連絡が取れる人は、趣味や興味のあるものを聞いておくといいと思います。)
その他  私は読書が好きなので、気分転換ができたらと思って小説を数冊持っていきました。自分がリラックスできるものを持って行くと、落ち込んだりした時に気分転換になって いいんじゃないかと思います。

 

 ※スーツケースに中身を入れすぎて重くなると、空港で追加料金を払うことになるので気をつけましょう。 また、機内に持ち込めるもの持ち込めないものなどは事前に調べて、中身を分けておくと、空港で慌てることがなくて良いと思います。私は空港で荷物を広げて、ほんとに大変だったし恥ずか しかったです。
 ※プレゼンとはプレゼンテーションのことで、3〜15分間くらいの時間を使い、クラスのみんなの前で自分の意見などを発表するものです。相手にわかりやすく自分の意見を伝えるために 、PowerPoint を使ったりしました。基本的には Speaking のクラスでやることになります。
 


*お金*

現金  1,000ドル分持って行きました。ホストファミリーにすぐに現金で家賃を払わないといけないと思っていたので、その分と生活用品を買うための分でした。でも実際には500ドルくらいで十分だと思います。 9月に銀行に行って両替してきました。
トラベラーズチェック  紛失や盗難の時など再発行が可能な小切手です。2,000ドル分持っていきました。銀行 口座を開設した時に、全部銀行に入れました。現金と同じで、9月に銀行で両替してきました。
日本円  成田空港から新潟に帰ってくる時に、新幹線などの切符を買うのに必要です。私は多めに 5万円分くらい持っていきました。アメリカに着いたらもちろん 必要なくなるので、失くさないようにパスポートと一緒に、鍵のかかったスーツケースの中に入れておきました。
クレジットカード  アメリカで一般的なVISAカードを作って持って行きました。お金がなくなった時や急に必要になった時に、あると便利です。ATMによってはキャッシングができるものもあったので、私はよくしていました。

 ※現金はなるべく細かくして100ドル札や50ドル札はないほうがいいと思います。私は留学をしている間ホストファミリーが100ドル札や50ドル札を使っているのを 1度も見なかったし、スーパーでもめったに見かけませんでした。日本の1万円札を持つのとは感覚が全く別で、私にとってはとても使いにくいし、ものすごい大金を持っているような感覚でした。どうしても持って 行くことになった時は 、なるべく早くくずすほうがいいと思います。
 ※トラベラーズチェックも現金と同じだと思います。銀行口座を開設したあとにその口座に振り込むなら、大きい金額で両替してもいいと思いますが、買い物で使うならお釣りが大きくなるので、 できるだけ細かくしていくといいと思います。

 


 

次へ

目次へ