1.準備

 

 オリエンテーション&アメリカ大使館

 
まず、留学が決まって、まだパスポートを持っていない人は早めに申請しましょう!
 
夏休み中に週1回のペースでオリエンテーションを行いました。そこではカルチャーショックについて学んだり、先輩に面接練習をしてもらったり、質問したりという準備をしました。ビザ申請の手続きもこの時にしました。 ビザ申請にはクレジットカードが必要です。
  アメリカ大使館には、順番を待ちの人がたくさんいました。しかし、1時間程度で査定も終わり、その後は東京を観光したり、ホストファミリーへのお土産を買ったりしました。後は、留学に 向けて英語の勉強や荷物の準備です。 現地では学校でテストがあります。文法練習など、テストに向けて勉強しました。


 持ち物

スーツケース&
 キャリーバック
 スーツケースは2つ持って行きました。半分は日用品で埋まってしまいました。機内持ち込み荷物は2つ認められているので、手荷物バックとキャリーバックを持って行きました。
パスポート&I -20  両方とも出入国の時にすぐ出せるようにしておきましょう。
お金&
トラベラーズチェック
 トラベラーズチェックで2,400ドルを最初に持って行きました。銀行口座を開いたので、後から送金もしてもらいました。 帰国後に成田から帰ってくる日本円も持って行きましょう。
日用用品  シャンプーなどは旅行用のでよいと思います。化粧品は日本製のを6ヶ月分持っていきました。コンタクト保存液は日本より少し安く買えるので、携帯用を持って 行って向こうで大きいのを買っても良いと思います。タオル類は2〜4枚くらい。私はホストファミリーのタオルを借りました。他にはソーイングセット、ピンセット(両方ともトランクに入れること!)、ドライヤー、耳掻きを持って行きました。 ポケットティッシュは必須です!
服・靴  服は11日分持って行ったのですが、後から洋服が増えて苦労したので、少なめでよいと思います 。 浴衣も持って行きました。靴はスニーカーなど3足持って行きました。
カバン  学校用にリュック、お出かけ用に一つ持って行きました。教科書は重いので 、しっかりとした作りのカバンがよいです。
腕時計  2つ持って行きました。1つは日本時間用にし、もう一つは現地時間用にしました。しかし2つとも紛失しました・・・。
 腹痛薬、風邪薬、一通りの薬は持って行きました。ビタミン剤など必要ならば持って行きましょう。
折畳み傘  シアトルはよく雨が降ります。朝晴れていてもいきなり雨ということが多いので 、折畳み傘を持って 行きましょう。
電子辞書  必須です! 
筆記用具・ハサミ ハサミは手荷物ではなくトランクの中に! 刃物は検査に引っかかります!
手帳  スケジュール管理をするのに便利です。後々HPを作る時にもわかりやすくてよいと思います。
パソコン  写真を保存したり、日記を書くために持って行きました。設定を変えれば米国のDVD も見 られます。電話回線をつなぎインターネットもできるようにしました。
CD-RW  データ保存やプレゼンテーションの原稿を入れるために持って行きました。USB メモリでも大丈夫です。 アメリカでも買えます。
変圧器  一応持って行きましたが、途中から使っていませんでした。使っていなくても特に支障はなかったです。
デジタルカメラ  出かけた時にいろいろ撮って遊びました。アメリカでは日本よりも安く現像ができるので、たくさんしました。充電器や接続器を忘れずに!
 出発当日忘れたことに気がつき、急遽兄に届けてもらいました。
写真  友達に見せたり、プレゼンテーションで使いました。桜 や日本の四季に関するものを持って行くとよいと思います。プリクラ帳も持って行きました。
勉強道具  英語の単語の本2冊を持って行きました。アメリカへ行ってから、もう少し勉強しておけばよかったと度々後悔したので、文法の問題集や高校の時に使っていた参考書を1冊か2冊持って行くとよいと思います。
 秋学期は読む余裕がないくらい時間がなかったのですが、後半 、休日などを利用して読みました。ネット上でもいろいろな小説が読めます。
日本のおやつ  あまり洋食が食べられなくて、日本から持って行ったお煎餅を食べていました。しかし 、子ども達に食べられました・・・。
お土産  日本風のハンカチ、木彫りの茶碗、扇子、浴衣などです。

♪洋服や日用品は基本的に持って行くのは少量でよいと思います。買い物をすると思うので・・・。

♪アメリカに現金を持って行く場合は、細かい額にして持って行きましょう。1ドル〜50ドルくらいの間がお勧めです。

6ヶ月留学の人は銀行口座を開くのもよいと思います。多額のお金を管理しておくには便利です。日本の銀行からの送金は 1回目は2週間くらいと時間がかかり、2回目からは1週間くらいで送金されました。又、銀行カードで買い物ができます。口座引き落としという形で使えます。お金を持って歩くのがいやだと思う人は、カードとIDさえ持っていれば買い物ができます。


 お土産について

 
初日にホストファミリーの家に行ってみたら、当初教えてもらっていた家族構成と違い、ホストファミリー+娘夫婦が住んでいました。兄弟の皆さんも来ていてくれて嬉しかった のですが、お土産が足りなくてあせりました。しかし、日本風のハンカチを何枚も余分に持って行っていたので、家族全員にお土産を渡すことができました。 クレイグ、ダーンとコートニーには木彫りの茶碗を、コートニーにはもう一つ紫の浴衣を持って行きました。浴衣の着付けをしたら喜んでくれました。お土産は余裕を持って!  家族構成を知っておきましょう!

着付けた時の写真です。着付けは母に教わってから渡米しました。

☆次へ進む☆

☆目次へ戻る☆