□留学を終えて□

帰国

 学校が3月21日に終わってからは、帰国の準備で大忙しでした。6ヶ月でたくさんの物が増えて、スーツケースに収まりきらなかったので 、小さな荷物を送ることにしました。スーツケースは、重量制限があるので体重計で何度も 計って、何とか制限以内に収まりました。それでも服などはたくさん捨てましたお土産を買いそろえたり、残り少ない時間を大切な友達と過ごしたり と、本当に忙しかったです。
 最後の学期は、楽しいことがたくさんだったので、あっという間に過ぎてしまいしました。新潟の友達と、アメリカでできた友達 、最後に一緒にパーティーをしました。そこで友達がウェブカメラをプレゼントしてくれました。他にも韓国人の友達からアルバムを作ってもらったりしました。そんな時に 、本当に大切な友達がたくさんできたなぁと実感して、日本に帰りたくなかったです。
 帰国の日には、ホストファミリーからかわいいプレゼントとカードをもらって、本当に幸せでした。この半年間 、私を家族として受け入れてくれたホストファミリーには、とても感謝しています。空港にも、大切な友達が見送りに来てくれて、私たちが去るのを悲しんでくれて嬉しかったです。日本にいる家族に会えるのは嬉しかったけど、ここで出会った大切な人たちと別れるのは本当に悲しかったです。辛いときに支えてくれた人たち、楽しい毎日を一緒に過ごした友達と離れるのは、辛いものでした。

 


 

最終的なコスト

※1ドル=110円計算


ビザ申請料
 
 \20,000  これらはすべて旅行会社を通して払うものです。

航空運賃
 
\230,000

空港保険料・使用料
 
 \8,750

空港までの新幹線代
 
 \9400

旅行取扱手数料
 
 \2,100

保険料
 
\85,420 私は旅行会社の薦めるものに加入しました。

ホストファミリー斡旋料
 
$100 (\11,000) これは青陵短大を通して払います。

お土産代
 
\5,000 これは家族構成によって異なると思います。

家賃(6ヶ月分)
 
$3,372 (\370,920)
私は部屋に電話を引いてもらったので、月々$25 (\2,750) を余計に払っていました。また、最初の月は$600 払います。
 

GRCC施設料
 
$190 (\20,900)

学期が始まるごとに支払いをします。


教科書・ノート代
 
$400 (\44,000)
教科書はかなり高かったです。最初の学期は5冊、次の学期は4冊でした。またルーズリーフやバインダーなども買い揃えます。
 

生活費
 
$2,000 (\220,000)
私はバス通学だったので、乗り放題のパスパスを毎月購入していました。他には買い物、食事、お土産、学校のイベントなどに使いました。
 

旅行費
 
$650 (\71,500)
私はカナダカリフォルニアに旅行 をしたので、結構旅行費用がかかりました。日本でバイトをしていて良かったと思いました。
 

合計
 
約110万円
私は旅行代がかかり、この金額になりました。人によって金額は変わってくると思います。もし節約したいのなら 、費用をもっと抑えることも可能です。ですが、一生に一度かもしれない留学では、やはり思い切り楽しむべきだと思います。
 

 


 

よく使った英語表現

  私がアメリカでよく使った言葉や、習った言葉を紹介したいと思います。 日本で習っていても、使う機会が無かったり、使うには勇気がいる 、といった英語表現もあると思います。留学ではそれを大いに役立てるチャンスですから、恐れずに使ってみましょう。友達などとの会話で、新しく聞いたフレーズはどんどん使ってみてください。使うことで、体に染み付いていくということもありますし、それを使うことで、もっと会話の幅が広がるかもしれません。また会話の中で、これから私が紹介するようなフレーズを使って、もっと言葉のキャッチボールをしてみてください。そうしたことにより、お互いの理解も深められますし、スピーキングの力もついていくと思います。これらは、ほんの一部でしかありません。留学をしたら、これ以上のことを覚えて帰ってこれると思いますので、がんばってみてください。

 

あいさつで使う言葉


Hi. / Hello.
 
こんにちは。 あいさつは、どこに行っても大切なものですから、きちんとあいさつをすることを、心がけましょう。

Good morning. / Morning.
 
おはよう。

How are you? / How are you doing?
 
元気?
What's up? なにかあった?
友達同士のみで使うスラングです。間違っても先生や家族などの目上の方には使わないでください! 答えるときは、"Not much."などが主流です。
 

See you. / See you later.
 
またね。 人と別れるときなどに使う表現です。もしその人が、これからパーティーなどに行くならなら、"Have fun."と、一言声を掛けてあげましょう。

Take care.
 
気をつけてね。

Have a good day. / Have fun.
 
よい一日を。 / 楽しんでね。

Bye. / Good bye.
 
バイバイ。

Good night. / Have a good night.
 
おやすみ。
主にホストファミリーと使う言葉ですが、寝るときには、誰にでも言うあいさつだと思うので、どんどん使いましょう。
 

Have a good dream.
 
良い夢を。
Long time no see. 久しぶり。
久々にあった人に対して使いましょう。私は英会話の先生や、カリフォルニアにいるホストファミリーに使いました。
 
Excuse me. すみません。
これは様々な場面で活用する言葉です。くしゃみをしてしまったら、一言これを言いましょう。また人にぶつかった時や何かを聞きたいときなど、使える場面はいろいろあります。
 

 

ホストファミリーと使った言葉

How is your school so far? 
→Pretty good.

ここまでで学校のほうはどう?
→結構順調です。
 

これらは、ホストファミリーが気づかって聞いてきてくれるので、きちんと本音で答えましょう。問題があっても彼らが助けてくれるはずです。
 
How was your school?
→Good! / So so. 

学校どうだった?
→良かったよ!/まぁまぁだった。
 

Could you ... please?
 
〜していただけますか? これはよく使う表現です。ホストファミリーにお願いをするときや、承諾を得たいときに使いましょう。

May I ...?
 
〜してもよろしいですか?

What is this?
 
これは何ですか? わからないものは、恥ずかしがらずに聞きましょう。

How to use it?
 
これはどうやって使いますか?
Could you help me my Homework?
私の宿題を手伝ってくれませんか?
 
宿題でわからないところは、いつもホストファミリーに聞いていました。宿題を手伝ってもらうと言っても、見直しや、わからない所の説明を聞く程度です。リサーチの記事が難しすぎて 、よく要訳してもらいました。
Could you check my paragraph?
私のパラグラフを見直してくれませんか?
 
Could you explain it more easily?
これをもっと簡単に説明してくれませんか?
 

Smells good!
 
いいニオイ! おいしそうなニオイ、料理がおいしそうなときやおいしいときは、素直に感情を表現しましょう。ホストマザーもきっと喜んでくれるはずです。

Yum.
 
おいしそう。

Yummy.
 
おいしい。

It's good!
 
Thank you for your delicious dinner! ごちそうさま。
私はこのフレーズは、堅苦しくて好きではなかったので、「ごちそうさま」と言う、日本語の意味を説明して、毎回日本語で言っていました。ホストマザーも興味をもってくれて、 「"You're welcome."は日本語でどう言うの?」と聞いてきてくれました。私は、「どういたしまして」と教えて、毎回二人でこのやり取りをしていました。
 
It looks good on you. これ似合ってるよ。
ホストマザーはとってもおしゃれだったので、このフレーズをよく使いました。買い物に行ったときに、友達同士でも使えるので便利だと思います。
 

How was your ...?
 
〜はどうだった? 仕事や買い物、映画などの感想を聞くときに使いました。

What did you buy?
 
何買ったの? 買い物をしてきたときに聞きました。

Could you buy ... please?
 
〜を買っていただけませんか? 何か必要なものがあるときは、このようにお願いしましょう。

Can I use it?
 
これ使ってもいい? 他人の家庭ですから、きちんと承諾を得てから借りましょう。

I'm gonna stay over night at my friend's house.
 
今日は友達の家に泊ります。 毎週金曜日はこのパターンで、本当によく使いました。

I'm leaving! See you on Sunday!
 
行ってきます!また日曜日にね。 週末に友達の家に出かけるときに使いました。

What time is Bubba coming home?
 
 Bubba はいつ帰ってくるの?  Bubba は仕事が変則的で、帰宅時間がいつも異なっていました。

Could you lend me your computer?
 
パソコンを貸してもらっても、いいですか? インターネットが無くて、本当に困ったときに使いました。

I'm home!!
 
ただいま!! これは学校から帰って来たときの、まず一言。

I have a cold.
 
風邪をひきました。 風邪をひいたことはきちんと伝えましょう。それによってお世話をしてくれます。

I have a sore throat.
 
のどが痛いです。

Can I help you?
 
手伝おうか? 忙しそうなときは、必ずお手伝いをするよう心がけましょう。

 

クラスで使う言葉


What does it mean?
 
どういう意味ですか? わからないことはきちんと質問しましょう。質問をして理解することで、初めて身につくものだと思うので、がんばってみてください。

How do you pronounce it?
 
どう発音しますか?

Could you explain it again?
 
もう一度説明してくださいますか?

Could you give me some examples?
 
例などをくださいますか?

Why is it incorrect?
 
これはなぜ間違いなのですか?

Does it make sense?
 
意味が通りますか?

I agree with you.
 
あなたに賛成します。 ディベートで使うフレーズを授業で習い、使う練習をしました。

I know what you mean, but ....
 
おっしゃるこもわかりますが〜

I don't think so.
 
私はそうは思いません。

I think so too.
 
私もそう思います。

Why do you think so?
 
どうしてそう思いますか?

I'd like to talk about ....
 
〜について話したいと思います。 毎週あるプレゼンテーションで使う言葉です。"That's it."と言って終わらせるのはタブーです。絶対に使ってはいけません。

In my opinion, ....
 
私の考えでは〜

Thank you for your listening ....
 
聞いてくれてありがとうございました。

 

友達との会話


Where do you come from?
 
どこの出身ですか? これは友達を作る際のきっかけになる言葉ですね。

Are you living with your host family?
 
ホストファミリーと暮らしていますか? アパートなのかホストファミリーなのか、気になったときに聞きました。

What are you gonna do on Friday?
 
金曜日は何をする予定ですか? 金曜日といったら週末の始まりなので、みんなだいたい予定があります。

How do you say ... in Korean?
 
韓国語で〜は何て言うの? 他国の言葉を学ぶのもおもしろいものです。

How was your weekend?
 
週末はどうだった? 月曜日にはみんなこう聞いてきます。

Are you gonna ....
 
〜するつもりですか? 予定を聞くときに使う表現。

How long have you been here?
 
ここに来てどのくらいですか? 自分と同じ時期に来たのか、気になったときに聞きました。

Have you ever been to Japan?
 
日本に来たことありますか?
日本に興味を持っている人はたくさんいるのでそういう人に聞いてみましょう。
 

It's too cold today!
 
今日は寒すぎだよ。 冬の教室移動のときに毎回友達と言っていました。

Which level are you in?
 
あなたのレベルは何ですか? みんなのレベルは気になります。

Are you gonna take 181 bus?
 
181のバスに乗りますか? バス停にいる友達などに聞いてみましょう。

Can I visit your house?
 
家に行ってもいい? 友達の家に遊びに行っていいか聞いてみましょう。

How did you get here?
 
どうやって来たの? バスなのか車なのか、気になったときに聞いてください。

How was your test?
 
テストどうだった? テストに自信が無いときに友達に聞きました。

What is your major?
 
専攻は何ですか? アカデミックの友達に聞きました。

 

その他のよく使う言葉


Really?
 
本当に? 相手の意思を確かめる表現です。

Are you sure? / Are you serious?
 
本気?

How come?
 
なんで?

No way!
 
まさか! 信じられないことを聞いたときに言ってみましょう。

Just kidding.
 
冗談だよ。 冗談を言って、"No way."と言われたら、言ってみてください。

Is that OK?
 
それでもいい? 自分の提案などに対し、相手の意思を確かめるときに使います。

Just to make sure that ....
 
念のために〜
旅行などをするときに注意を払うようホストマザーからアドバイスを受けたときに使っていました。
 

I see.
 
なるほど。 理解をしたという意思を表します。

That's funny.
 
それおもしろい。 相手の話を聞いたときなどに、こう答えてみましょう。

Good job.
 
よくやった。

Can I get ...?
 
〜をください。 レストランでの表現です。

You know what I mean?
 
私の言ってる意味わかる? 自信の無い英語表現のときに、相手に確かめましょう。

Me too. / Me either (Neither.)
 
私も同感。 人の意見に対する返答。

That's cool. / That's awesome. / That's sweet.
 
それ最高。いいね。 賛成や、満足度を表します。

I have been to ....
 
〜へ行ったことがあります。 「韓国へ行ったことがあるよ」と韓国人の友達に話しました。

I'd better go now.
 
そろそろ行かなきゃ。 バスの時間などがせまっているときなどに使うといいと思います。

I need to ....
 
〜が必要だ。 買わなければならないものなど、何かが必要なときに使います。

I'm glad to hear that.
 
それを聞いてうれしいです。 良いことを聞いたときに言いましょう。

I'm looking forward to ....
 
〜を楽しみにしています。 英会話の先生にもうすぐ会える時に、メールで使いました。

What kind of ....?
 
どんな〜だ。
 Marlene が孫からのそっけないキスを貰ったときに、"What kind of kiss is that?"と叫んでて面白かったので、それからいろいろな場面で活用しました。
 

Kind of.
 
まぁね。 ある程度合っている時に「だいたいね」という意味で使えます。

I mean, ....
 
つまり〜 自分の意味が通らなかったときに使って、説明しなおしましょう。

I wanna ....
 
〜をしたい。
何かをしたいときに使いますが、これは会話のみの短縮形ですので注意してください。
 

Can I borrow your ...?
 
〜を借りてもいい? 何かを借りたいときに使ってみてください。

Should I get this?
 
これ買うべき? 買おうか迷っているときに、友達に聞いてみてください。

It's ok.
 
いいよ。 これは良く使う表現です。

It's up to you. / It depends on you.
 
あなた次第です。 相手の意思に任せるときに使います。

Bless you.
 
お大事に。
くしゃみをした人に言ってあげましょう。
 

Let me ....
 
〜させてください。
何かをさせてほしいときに使います。
 

Never mind.
 
なんでもない。 「気にしないで」というときに使ってください。

What should I do?
 
どうしたらいい? アドバスをほしいときに友人に聞いてください。

Could you change it to one dollars?
 
これを1ドル札にかえてください。 両替をしたいときにこう言ってみてください。

Yeah.
 
はい。 "Yes."よりもくだけた言い方。友達同士で使う表現です。

 


 

6ヶ月留学の感想

 この半年間は、本当に忘れられない楽しい思い出をいっぱい作ることができました。ずっと留学をしたかった私にとっては、ひとつ夢が叶ったと言う感じです。私は初めて親元を離れて生活をしました。ホストファミリーと一緒に住んでいても、やはりある程度のことは自分でやらなければいけません。そういった面でも、 学校で山のような宿題をもらっても、すべて苦にならずにやり遂げたことは、自分でも驚いています。本当にアメリカにいる間は 、なんでも自分でやれるというような感覚で、ホームシックにもならず毎日が楽しかったです。
 この留学では語学の勉強だけではなく、たくさんのことを学びました。最初は、やはり英語もできないし、何をするのも怖くて 、新潟のメンバーと固まっていました。でもだんだんと友達の輪が開けていくうちに、気づけば そんなこともなくなって、毎週のように友達の住んでいる CCA (学校の寮)に通いつめ、楽しい時間を大切な仲間と過ごせました。私は授業面でも生活面でも 、いろいろと友達に助けてもらったり、アドバイスをもらいました。この半年間で、友達がどんなに大きな存在かという ことに気づきました。この留学ではアメリカ人、他国の人々、ホストファミリーや先生に出会うだけでなく、日本人のさまざまな年齢層の人々にも出会い、知り合い、それによって自分も成長できたと思っています。
 
この半年間はもちろん楽しいことばかりでなく、辛いこともたくさんありました。勉強でも友達でも悩む時期はありました。でも 、そういった経験を乗り越えてこそ成長できると思うし、辛いことを乗り越えることも大事なことだと思います。留学を終えてみれば 、辛い経験も、それを乗り越えたことも思い出のひとつとして残るはずです。それに辛いこともあれば楽しいことも本当にたくさんあり、留学生活を楽しむかは 、自分次第だと思います。もし今、留学への参加を悩んでいる人がいるなら、まずはやってみる ことが大事だと思います。そこでたくさんの友達を作れば、友達が助けとなって、辛いことも一緒に乗り越えたり、アドバイスをくれたりしてくれるはずです。私はこの留学生活が今までで一番の良い思い出になり、いつかまたきちんと英語の勉強をするためにアメリカに戻ろうという目標ができました。 たくさんの人に出会い、たくさんのことを経験して来れたのは、チャンスを与えてくれた家族や先生のおかげだと思い、本当に感謝しています。私の最高の経験を、みなさんにも体験してもらいたいと思うので、ぜひ留学にチャレンジしてください。


楽しかったステファニーの Grammar の授業。いろんなゲームをしました。 この日は最後の授業でした。
 
先輩のお別れパーティー。本当に先輩達と出会えて 良かった。帰るときは本当に悲しかった。


この日はみんなでシアトルの Cheese Cake Factory にご飯を食べに行 きました。車の運転が怖かったけど、みんなで出かけられて楽しかったです。
 
これはみんなと記念に撮りました。ちょっと恥ずかしいです。でもみんなアルバムありがとう!!!

 

 

♪目次へ♪