2.ホストファミリー

 

ホストファミリーの紹介

 私がお世話になったホストファミリーは、Gordon (ゴードン)家です。ホストファーザーの Gary ( ゲイリー)とホストマザーの Jody (ジョディー)の二人暮 らしの家庭でした。彼らの子供達はもう成人していて、家を出て働いていました。仲が良く愛のある二人を見ていると、私もとても幸せな気持ちになりました。

ホストファーザー

Gary (ゲイリー)

 いつも"Hi"と言って笑顔で話しかけてくれる、優しいパパです。なんでも力になってくれて、とても頼りになりました。よくおもしろいジョークを言っては笑わせてくれて、毎日が本当に楽しかったです。私が英語がうまく話せなくて戸惑っている時は、一生懸命理解しようとしてくれたし、一緒に英単語の発音練習をしてくれたこともありました。とても感謝しています。
ホストマザー

Jody (ジョディー)

 面倒見が良く、とても優しいママです。インテリアのセンスが良く、リビングはいつもカントリー調のおしゃれな家具や雑貨で飾られていました。クリスマスやバレンタインの時の飾り付けも 、とてもすばらしかったです。12月からリビングの中心に登場した大きなクリスマスツリーは、デコレーションが三変化して、2月まで飾られていました。ママにとってクリスマスツリーはクリスマスだけの木ではなく、「冬の木」なんだそうです。
ホストブラザー

Rick (リック)

 結婚して、家にはいませんでしたが、クリスマスやサンクスギビングデーなどのお祝いの日には子供達と一緒に来ていました。あまり話す機会がありませんでしたが、クリスマスプレゼントをあげたら 、とても喜んでくれました。奥さんのシャロンは、子供達と一緒によく遊びに来ていました。会うといつも笑顔で話しかけてくれる、かわいくて明るいママでした。
ホストシスター

Ellen (エレン)

 一緒に住んでいなかったので、たまにしか会うことができませんでした。話好きで、いつも楽しそうにおしゃべりしていたのが印象的です。明るくて優しくて、憧れのお姉さんでした。
ホストシスター

Sarah (サラ)

 中学校の数学の先生をしていました。一緒には住んでいませんでしたが、毎週日曜日は遊びに来ていました。送り迎えをしてもらったこともあったので、彼女とはいろいろ話をしました。日本に来たことがあるそうで、日本の ことに詳しかったです。とても親切にしてくれて、本当のお姉さんのようでした。
Shadow (犬)  ラブラドールレトリーバーの3歳のメス犬です。庭で遊ぶのが大好きで、私が外に出るとおもちゃのボールをくわえて駆け寄って来ます。天気のいい日は、よく一緒に庭で遊んでいました。

 

Gary と Jody

私 と Shadow

 

ルームメイト

 12月から1月までの約1ヶ月間一緒に過ごしたルームメイトです。

Chi (チイ)  台湾出身の1歳年下の女の子でした。すぐに仲良くなり、毎日たくさん話をしました。朝までおしゃべりをしていたこともあります。お互いに言いたいことがどうしても伝わらない時は、ノートに絵や漢字を書いて説明しました。時にはケンカをしたり、真剣に語り合った り、彼女とは多くの時間を一緒に過ごし、多くのことを学びました。とても大切な友達です。

 

ルームメイトと私

 

ホストファミリーとの思い出

【家】

 私が6ヶ月間お世話になった Gordon 家です。周りは木に囲まれていて、広大な庭がありました。ホストファーザーがマメに芝を手入れしていたので、庭はいつもきれいでした。家の赤色の壁と緑色の芝のコントラストがとてもかわいくて、大好きな風景です。隣人がアヒルダチョウクジャクなどのたくさんの動物を飼っていて、写真を撮らせてくれました。隣人のクジャクがたまに庭に遊びに来ることがあって、最初見た時は驚きました。リスやウサギもよく庭に来ていました。自然と人が静かに共存する、とてもいい環境にある家でした。

6ヶ月間過ごした家 カントリー調のかわいいキッチン

 

【イベント】

ハロウィン
(Halloween) 
 死者の霊をまつる日です。子供達が仮装して、"Trick or Treat? "と言って、おかしをもらうために家々を回ったり、カボチャをくり抜いて顔を作ったお化けのランタンを飾ります。私のホストファミリーは、ハロウィンは魔術や魔法を象徴するお祭りなので 、宗教的な違いのためお祝いなどは特にしないそうです。私はそれまでこの日は全てのアメリカ人にとってのお祭りだと思っていたので、とてもびっくりしました。でも、ホストマザーがハロウィンの数日前から 、オレンジ色の小さいカボチャを私の部屋に飾ってくれました。
サンクスギビングデー
(Thanksgiving Day)
 日々の食べ物や家族の健康に感謝する日です。アメリカの家庭にとって 、この日はとても大切な日で、七面鳥、クランベリーソース、マッシュポテト、スイートポテト、フルーツサラダなどのごちそうを作ってお祝いします。このお祭りの期間中はお店は閉まり学校も休みになるので、みんな家族と一緒に過ごします。私はホストファミリーと一日だけ一緒に過ごして、残りの休日はカナダへ旅行に行きました。
クリスマス
(Christmas)
 キリストの誕生日。アメリカの各家庭で盛大に祝われます。私はイブの24日にホストファミリーと一緒に教会に行きました。正装をしたたくさんの人達が集まり、会う人全てに"Merry Christmas."と声をかけます。聖歌を歌い、キリストにまつわる劇を見ました。アメリカ人のクリスマスに込められた強い想いを実感し、とても感動しました。
 教会からの帰り道、ホストファーザーがクリスマスのイルミネーションがきれいで有名な通りに連れて行ってくれました。通りは渋滞していましたが、イルミネーションは息を呑むほど美しかったです。
 家に着いてからは、ホストファミリーと一緒に、クリスマスツリーの下に数え切れないほど置かれたクリスマスプレゼントを開けました。エレンさんやサラさん、ホストペアレンツからたくさんプレゼントをもらいました。気持ちの込もった物ばかりで 、うれしくて泣きそうでした。
 その夜は本当に楽しい夜で、遅くまでホストファミリーやルームメイトと一緒に過ごしていました。
新年
(New Year's Day)
 アメリカの年越しは日本とはかなり違いがあり、特別なお祝いもせず、とてもシンプルに過ごしました。ホストファミリーと一緒にテレビを見ながら新年までのカウントダウンをしました。テレビではシアトルの様子が伝えられていて、スペースニードルから花火が打ち上げられていました。
バレンタインデー
(St. Valentine's Day)
 大切な人同士がプレゼントを送り合う日です。日本とは少し祝い方が違いました。私はホストファミリーからチョコをもらいました。

 

次へ進む

目次へ戻る