1.渡米

オリエンテーション

 

 夏休みに何度か学校に集まりました。事前授業前半では、ホームステイの心構えカルチャーショック、そしてパートナーと英語で自己紹介など、英語を話す練習をしました。後半は、保険について、ビザの とり方、書類を書くなど本格的に準備しました。
 留学メンバーみんなで、ビザを取るために東京のアメリカ大使館に行きました。厳重なセキュリティーチェックを通り、長い時間待って、やっとビザを受け取る手続きができました。

 

手荷物

 

ボストンバック
 手荷物すべてをこの中に入れます。行きよりも帰りのほうが荷物が増えるので、なるべく大きなものにするとよいでしょう。ボストンバックに1つスペアキーを入れておくといいでしょう。
 
斜めがけのカバン
 パスポート、現金など大事なものを入れるのに役立ちます 。斜めがけだと、ボストンバックなどを持つための手が開けられるので、おすすめだし、安全面でも安心です。手元にスーツケースの鍵を1つ入れておくとよいでしょう。
 
デジタルカメラ
 電化製品はスーツケースに入れると壊れる可能性があり、危険です。写真はたくさん撮るので、メモリチップをたくさん持っていきましょう。私はメモリチップを3枚を持っていきました。私はアメリカでメモリチップをもう1枚買い足しました。アメリカでは日本よりも多少安く買えます。
 
コンセント・変圧器
 アメリカと日本は電圧の強さが違うので、変圧器は必要です。パソコン、デジカメの機種によっては必要ない場合もあります。
 

 風邪薬、腹痛薬、頭痛薬、マスクなどは持っていくとよいでしょう。飛行機の中などで具合が悪くなったときに 、いつでもあると便利です。
 
パソコン
 アメリカの家で、パソコンをつなげてもらうことができる場合のみ持っていくと便利です。インターネットが使えるかどうかはホストファミリーによるので、事前に聞いてみるといいでしょう。
 
MDウォークマン
CDウォークマン

 MDウォークマンをよく使いましたが、アメリカではMDは普及していませんでした。
 CDウォークマンは、日本のものはもちろん、アメリカのCDも聞けるので、とても便利です。
 
辞書・電池
 電子辞書は、授業中はあまり使わないようにするとよいですが、宿題など様々な場面で電子辞書は不可欠です!! 電子辞書のために電池はもっていくといいでしょう。
 
ホストファミリーへのおみやげ
 もしもスーツケースが到着と同時に着かなかった場合のために、入れておくといいです。おみやげは、着いたその日に渡すとよいです。
 

 

 

スーツケース

 

衣類(服、下着、パジャマ)
 服にあまりこだわる必要はないですが、あまりラフすぎると困ると思います。
 パジャマ(スウェット)は2枚くらい持っていくと便利です。
 
靴(スニーカー)
 履いていく靴の他にもう1足もっていくといいです。6ヶ月も同じものを履いて生活するので、結構ボロボロになります。そして教会で履くパンプスも 1足持っていきましょう!
 
フォーマルな服
 教会のときに必要です。でもそこまでフォーマルにする必要はありません。私の行ってた教会はジーパンでもOKでした。しかし、あまり派手な色の服はおすすめしません。
 
タオル2、3枚
 バスタオルはホストファミリーが用意してくれますが、家庭にもよるので、一応持っていったほうがいいでしょう。ハンカチはあまり必要ないです。アメリカではどこへ 行っても、必ず手の乾燥機があります。
 
スリッパ
 家の中を土足で生活する家の場合は、あると便利です。しかし、アメリカ人はスリッパを使う習慣があまりないので、不思議に思うらしいです。
 
目覚まし時計・腕時計
 いつでも時間がわかるように腕時計はとても大事です。日本時間がわかる時計があると便利だったりします。
 
かみそり・つめきり
 金属製のものは、スーツケースの中に入れないと金属探知機に反応するので、注意しましょう。
 
リュック
 学校の通学用に使います。ほとんどの生徒がリュックを使っています。
 
シャンプー・リンス
石鹸・歯磨き粉

 これらはアメリカで買えますが、なかなか到着してすぐには買い物に行くことができないので、小さいお泊りバスセットなどは持っていったほうがいいでしょう。
 
写真(日本)
 自分の家族との写真や、日本の風景などの写真を持っていくとよいです。まだ、ホストファミリーに慣れていないころにそれを見せて、話題を作ることにもつながります。
 
便せん・ポストカード
 日本への手紙、ホストファミリーへの誕生日のときに使えます。アメリカではさまざまなときに、カードを使います。
 
圧縮パック
 荷物は圧縮して持っていくとよいですが、帰りのためにも数枚持っていくと便利です。
 
ビタミン剤
 慣れないアメリカンフードで胃がおかしくなったりする場合もあるので、持っていくとよいでしょう。
 

 

次ページへ進む

目次ページへ戻る