9.終わりに…

 

  最後に、3ヶ月留学での費用と感想を述べたいと思います。


●費用●

【渡米前】 (1ドル110円)   

 パスポート申請料  10,000 円  
 ピザ申請料   31,000 円
 航空運賃(往復)   183,000 円
 航空保険料   4,500 円
 空港使用料・税金  7,500 円
 成田までの交通費(片道)   9,400 円
 旅行取り扱い手数料   2,100 円
 障害・損害保険(※)  50,000 円
 スーツケース宅配代   2,000 円
 ホストファミリー斡旋量   11,000 円
 
 合計
 
 310,500 円

       ※障害・損害保険は補償内容によって金額がかわります。



【渡米後】 (1ドル110円)

 学校施設費  10,450 円
 教科書代   20,000 円
 ホストファミリー家賃・食費(3ヶ月分)  176,000 円
 お小遣い(3ヶ月分)(※)  66,000 円

 合計
 
  274,450 円

       ※お小遣いは個人によって異なります。


●感想●

 3ヶ月という期間は本当に早いものでした。気づくと、「あともう一週間で帰国するの!?」と言っているほどで、帰国が迫るにつれて、もっとアメリカにいたいと思う気持ちが強くなりました。

 私はホームシックにもならず、普通に生活することができました。アメリカでは課題に負われて忙しい毎日を送っていましたが、自分が英語を勉強したくて行ったので、忙しさの中にも充実感がありました。学校では、他国の人たちと初めて知り合い、一緒に勉強する中で、考え方の違いや言葉のやりとりがうまくいかないことから、落ち込んだりしたこともありましたが、授業を重ね、そしてもっとお互いに話しをすることで、そんな気持ちも 次第に吹き飛んでしまいました。私が一番嬉しかったことは、授業時にペアを組んで行なったプレゼンテーションが成功したことです。話す内容を考える段階で 、お互いの意見が合わず、こんなことなら一人でやった方がいいと思ったこともありましたが、お互いの意見を取り入れながら作る形で事を進めていき、本番を迎えました。そして、本番では二人で声をそろえて言うセリフも意気ピッタリで、最後は "Good job !" と言い合って手を叩き合い、お互い納得のいくプレゼンテーションになりました。その出来事は、英語や異文化を学ぶ中ではまだまだ小さなことかもしれませんが、私にとっては初めて言葉の違う他国の人との共同作業だったので、達成感と嬉しさでいっぱいでした。

 お世話になったホストファミリーは本当の家族のようでした。帰国当日の朝、思いがけないクリスマスプレゼントと 、目に涙を浮かべて「またいつでもここに来ていいのよ。これからあなたが結婚して家族ができたら、その時はみんなで私たちの家に訪ねてきてね。」と言ってくれたホストマザーに、私も号泣してしまい、涙が止まりませんでした。空港まで送ってくれたホストファーザーとルームメイトのサマンサ、空港に駆けつけてくれた留学のみんなに見送られ、私は泣く泣く日本に帰ってきました。

 短い期間でしたが、短い中にも授業を通して学んだことや人との関わりで学んだこと、留学を通しての喜びや悔しさなどをいっぱい体験しました。本当に留学してよかったと思っています。留学を考えている青陵のみなさん、日本では体験できない異文化を是非、直に触れてきて下さい!

 

【レベル2のクラスのみんな】




目次ページへ戻る