6.感想

・感想

 
 アメリカへ着いたばかりの頃は、カルチャーショックやホームシック、英語が伝わらないし、わからないことだらけで、日本に帰りたい気持ちが強かったです。特に最初の1週間は 、とてつもなく長く感じました。でも、学校が始まると、毎日楽しくなっていきました。学校でも友達ができたり、授業準備などで忙しくても毎日充実していました。ホストファミリーとの生活にもだんだん慣れていきました。始めは 、ネイティブの人と英語を話すことに全然慣れていなかったため、消極的になりがちでした。それじゃあマズイと思い、まずは一番話しやすいホストシスターのケンドールと遊んで、もう少し英語を話してみようと思いました。子どもですが英語を話せば私の先生でした! もし 、子どものいる家にホームステイすることになったら 、仲良くなってみて下さい。きっといろんなことが学べるはずです! 
 学校では授業が始まったばかりの頃は、先生の言っていることが速くてわからなかったりしましたが、慣れていくうちにそんなことも忘れてしまって学校が本当に楽しかったです。今までは日本人としか話したことがなかったのに 、いろんな国の人と英語で話すことは楽しかったです! 初めのうちは英語を話すことに消極的だったり、自分の意見が言えなかったりしました。今思えば、そんな時間がもったいなかった! と後悔もしています。自分から積極的に行動することが 、どんなに大切かということがよくわかりました
 これから留学に行く人には、自分からどんどん行動して楽しい留学生活を送ってほしいです! たくさんの友達をつくって下さい! そうすれば絶対に楽しくなります ! いっぱい遊んで 、いっぱい勉強してください! 留学から帰って実感したことですが、こんなことができるのは本当に今しかないんです! 私は最後の1ヶ月くらいは 、アメリカでの生活が楽しくて、帰りたくありませんでした。そしてこんなにあっという間に過ぎた半年間は今までにないくらいです。アメリカでしか体験できないこともたくさんできて 、アメリカの良さももちろん知ることができたし、日本の良さにも改めて気づくことができました本当に留学をしてよかったです!  一緒に留学した青陵のみんな、学校の友達、ホストファミリー、そして留学の指導をしてくれた関先生、留学に行かせてくれた両親には、本当に感謝しています ! 私が6ヶ月間やってこれたのも 、みんなのおかげです。本当に本当にありがとうございました!

 


 

アルバム

最後のテストの日にレベル3のみんなとバッフェに行ったよ♪

レベル2のみんなと。

♪ハロウィンパーティで♪ 帰国の日。飛行機待ちです。みんなこっち向いてよ〜!
私がホームステイしたラーソン家です。 通学路。かなり急な坂があって、雨が降るとよく滑っていました。ノラ犬にも注意〜! 何回か追いかけられ、全力で逃げましたよ。

 

☆目次へ☆