1. 留学準備

・事前指導

 留学が決定してから、事前指導(オリエンテーション)があります。夏休み前から数回留学準備に向けての説明があり、夏休みに入ると事前指導が始まり 、パスポートやビザの取得、持ち物などについて話を聞いたりします。
 ビザを取得するには東京のアメリカ大使館まで行かなければなりません。留学メンバーと夏休み中に炎天下、何時間も大使館の前の行列に並んで ビザを取りました。
 持ち物やアメリカでの生活については、留学経験のある2年生に来てもらい、詳しく話しを聞くこともありました。また、アメリカでの日常会話や自分のことについて英語で紹介する練習もしました。パスポートを持っていない人は早めに申請した方がいいです。パスポートを準備するのが遅れると留学に行けないかもしれないので、パスポートの申請はできるだけ早くしてください。

 


 

・持ち物

 事前指導の時に、留学メンバーのみんなと意見交換をしたりして準備をしました。私は大きいスーツケースを2個持っていきました。行く時は余裕がありましたが、帰国する時は荷物が増えたので 、ちょうどよかったです。

持ち物リスト

パスポート(I-20)


 これは出発当日に絶対に必要なので、手持ちのカバンに入れて持ち歩いてください。
 


成田までのチケット

航空チケット
 


 チケットも当日すぐ出せるように持ち歩きましょう。
 

お金


 私は20万円分くらいをトラベラーズチェックで、5万円分くらいを現金で持っていきました。その他に、帰国する時に日本円が必要になります(成田空港から自宅までスーツケースを宅配するためのお金、成田から東京までのチケット代、東京から新潟までの新幹線代)。 そのため日本円は2万円くらい持っていった方がいいです。お金についてはこの表の下にもう少し詳しく書いておいたので、参考にしてください。
 

キャッシュカード


 お金の他に、VISA カードなどを持っていきました。カードに顔写真が入っていると身分証明になったり、もしも盗難にあった時に使われないようにするために便利です。
 

電子辞書


 英和・和英辞典以外に、英英辞典も必要でした。
 


 薬はいろいろ持っていきました。特に風邪薬はよく使っていました。
 

おみやげ


 ホストファミリーに日本のおみやげを持っていきました。詳しくは下のおみやげリストを見てください。
 

パソコン


 持ってはいきましたが、ほとんど使いませんでした。ホストファミリーに頼んで、自分の部屋にインターネットをつないでもらうこともできます。
 

服、靴


 冬は寒いので、暖かい服を持っていったほうがいいです。服は乾燥機にかけるのでちょっと傷みます。もしかしたら教会に行くかもしれないので、教会に行く時のために 、ちょっとフォーマルな服も用意していくといいです。靴はスニーカーを2足、パンプスを1足、持っていきました。スリッパも持っていくといいです。 私は家の中ではスリッパを履いていました。
 

カバン


 学校用のリュック、小さめのバッグ、大きめのものなど3個持っていきました。学校の教科書がものすごく重いので、リュックは持っていくといいです。
 

洗面用具


 アメリカでももちろん買うことはできますが、シャンプー、洗顔、ボディソープ、化粧水、ハブラシなどを持っていきました。特に洗顔や化粧水はアメリカのものを使ったことがないので、抵抗があり、多めに持っていきました。他にもバスタオルを2枚持っていきました。
 

CD


 日本語の歌は癒しです。
 

写真


 ホストファミリーに見せたりしました。
 
カメラ
 いっぱい写真を撮りました♪
 
英会話の本
 あると何かと便利です。
 
腕時計
 必需品です。
 

 折りたたみ傘を持っていきました。シアトルはよく雨が降るので、持っていきましょう。
 
変圧器
 アメリカと日本では電圧が違います。変圧器とは、日本の電化製品をアメリカで使えるように電圧を変えてくれるものです。電気店で買えます。
 
筆記用具
 筆記用具は必要ですが、ルーズリーフやバインダーは、アメリカの3つ穴のものを使うので、持っていく必要はないです。
 
電池
 電子辞書用と目覚まし時計用に、何個か持っていきました。
 
目覚まし時計
 私はこれがないと朝起きられません。
 
スーツケースの鍵
 当たり前ですが、忘れちゃいけません!
 

トラベラーズチェックとは、現金と違って 、小切手に自分でサインをして買い物をする時に使うものです。トラベラーズチェックなら、もし紛失した時に銀行に連絡すれば、ちゃんと紛失した分が戻ってきます。トラベラーズチェックにしたい場合は 、銀行に行って現金をトラベラーズチェックに替えてもらってください。もし、アメリカで開いた口座にトラベラーズチェックを入れる場合は、あまり細かい金額にしない方がいいかもしれません。細かすぎると、何十枚もサインをすることになります!

アメリカに持っていく現金は使いやすいように、なるべく細かく、1ドル札、5ドル札、10ドル札、20ドル札で持っていくことをおすすめします。

アメリカに多額の現金を持っていくのは心配なので、6ヶ月留学の場合、アメリカで自分の口座を開くことをおすすめします。 私はホストマザーに一緒に銀行まで行ってもらい、自分の口座を開きました。口座を開けば、日本からその口座までお金を送ってもらい、必要な時に ATM から引き出すことができるので 、とても便利です。 私の場合は、口座を開いた銀行の ATM が学校にあったので、いつでも引き出すことができて便利でした。

 


 

おみやげ

  ホストファミリーには話題づくりと感謝の印としておみやげを持っていきます。決して高価なものでなくてもいいと思います。私は家族1人1人に買っていきました。

ホストファーザー
 とっくりと杯をあげました。説明する時に「これはお酒を飲む時に使います」と言ったら、「酒は飲まないんだよ〜。でもありがとう」と言われました……。
 
ホストマザー
 花火柄ののれんをあげました。とっても喜んでくれましたが、最初はテーブルクロスだと勘違いされて、説明が大変でした!
 
ホストシスター(姉)
 日本限定のキティちゃんのボールペンをあげました。
 
ホストシスター(妹)
 同じく日本限定のキティちゃんのタオルをあげました。他に紙風船をあげたら、とても気に入ってくれて、よく一緒に遊んでいました。
 

 

☆次へ☆

☆目次へ☆