2.荷物

 

a. お土産

 

 お世話になるホストファミリーにお土産をあげました。 空港でスーツケースが1個行方不明になり、アメリカに到着して2日後にようやくお土産を渡すことができました…。遅くなったけれど、とても喜んでもらえたのでよかったです。これは本当に一部ですが…。

 

 


ちりめんのぬいぐるみ
 
ちりめんのハンカチ 藍染の財布 かまくらの模型

折り紙・和紙
 
折り紙の折り方の本(英語訳付) お茶 新潟のお土産品

 

 b. お金・トラベラーズチェック

  私は、半年間に使う分を現金とトラベラーズチェックで一気に持って行きました。すぐに銀行の口座を開いて、預けて、必要な時だけ下ろすようにしました。トラベラーズチェックは、使えないお店があったり、学校の ID では不十分だったりして、使いにくかったです。

 ホストファミリーへの家賃は、現金かアカウントチェックで払います。私はアカウントチェックで払っていました。

 初めは、小銭が分からなくってあたふたしていました。面倒くさいからお札で払ったりしていました。でも、バスの運賃を払うときにおつりがもらえないことを知らず、5ドル札を入れてしまって後悔したのでちゃんと覚えました。

 クォーターコインを集めてみたりしました。(州ごとの絵があってかわいかったから。)

 

c. パッキング

 圧縮袋を使いました。大きなスーツケース2つに詰めました。それでも帰国の時には入りきらなくて苦労することに…。 スーツケースがとても重たくて、運ぶときはフラフラしていました。

 

d. これは持っていくべき!


パスポート
 
 当たり前ですが…。 ビザ  学生ビザが必要です。
I-20  大学の入学許可証です。失くしたら大変! これがないと、向こうの大学にいけません。 電子辞書
 紙辞書もいいですが、これはとても便利です。英英辞書必須なので、英英辞書の入ってるものにしたほうが良いです。
 
携帯電話
 海外で使えるものだと、連絡が取りやすくて便利です。ただし、通話料金が高いです。フォンカードもあるからなくても大丈夫です。
 
パソコン  リサーチや、エッセイをタイプする時に必要です。大学の図書館にもありますが、使えないこともあるので…。メールもできるし。
写真  
 日本の写真をホストファミリーに見せました。
 
カメラ
 絶対必要。たくさんとりました。
 
 
 暇つぶしに。シアトルでも買えますが、ちょっと高いです。
 
時計
 腕時計と目覚まし時計が必要だと思います。
 
変圧器・プラグセット
  電圧が違うので、これがないと日本製の電化製品は壊れることもあります。
 
 常用薬・風邪薬・胃薬は持っていったほうが良いです。
圧縮袋
 これがなかったら…絶対に入りきらなかったです。
 
MD CD
 暇な時とかに、音楽が聞きたくなります。

 スーツケース、リュック、普段使うもの。
 
勉強道具
 アメリカではルーズリーフが3つ穴で、使えなかったりします。
 
フォーマルな服
 教会に行くのに必要でした。
 
   

 

次ページへ進む

目次ページへ戻る