◇◆学校◆◇

授業 (12:00〜12:50・Grammar、14:00〜15:20・Speaking/Listening、15:30〜16:50・Reading/Writing)

私たちが授業をする IESL (ESL という人もいる)は、留学生がアカデミッククラス(もちろん英語)を受けられるようになるために、英語を集中的に勉強するところです。初日のテストで、レベル1〜5に分けられます。だいたい1レベル2クラスあり、 1クラスの人数は12人前後です。 私はレベル2から始めました。


レベル2

授業 授業内容
Grammar 基本的な文法を学びました。
Speaking/Listening 毎週、単語テスト・プレゼンテーションがありました。
Reading/Writing 長文を読んで問題を解いたり、エッセイを書きました。

 

Grammar の授業は、Reading/Writing のクラスとつながってるので、だいたい同じ先生が受け持ちます。レベル2の時は、Grammar クラスは基本的な文法を勉強します。英語で聞くとわかりやすい点や、わからない点など、新たな発見をできました。

Speaking/Listening は、先生の話すスピードもゆっくりなので聞き取りやすいです。でも、話すことが苦手だった私には、毎週のプレゼンテーションは苦痛でした。プレゼンテーションは1人でやることもあるし、2 〜3人でやることもありました。他の人とやる時は、話し合いをしなければいけないけど、話がかみ合わないことがたくさんありました。しかし、逆に相棒に助けられたこともありました。クラスメートは 皆いい人たちでした。

これは Reading/Writing のクラス

かぼちゃ作り

Hugh Leong 先生と

 

レベル2のみんなで、学校のハロウィンパーティーで飾るかぼちゃを作りました。良い作品を作った人は、賞品がもらえました。


レベル3

Grammar レベル2でやったことを詳しくやりました。
Speaking/Listening グループディスカッション・単語テスト・プレゼンテーションなど。
Reading/Writing あいかわらず長文を読んだり、更に長いエッセイを書きました。

レベル2の時のメンバーがレベル3になり、また新しい学生も入ってきて、レベル2の時はわりと日本人が多かったけれど、レベル3では日本人は少なかったです。最初は嫌だったけど、だんだん気にしなくなり、逆に英語を使ういい機会が増えました

。レベル3の時の Grammar の先生はとにかくしゃべるのが早くて、最初何を言ってるのは聞き取れませんでした。もし、先生の言ってることがわからなかったら、恥ずかしがらずに “Excuse me” といいましょう。わからないで消極的になりがちですが、アメリカではわからなかったら、ちゃんと「わからない」ということが大切なんだなと思いました。

Reading/Writingのクラス Speaking/Listeningのクラス
おつかれパーティー♪

 


ランチタイム 12:50〜14:00

昼食は、学校でもピザ、ハンバーガー、フライドポテトなどが売っていました。でも、毎日食べてるとカロリーも高いしお金もかかります。私はほとんど家から持って行きました。 毎日クラスの友達と食べたり、昼食の後は宿題をやったり。また、天気のいい日は外でフリスビーやバレーボールをやりました。

レベル2のクラスメートと一緒に

海外研の皆が来た時は新鮮だったなぁ♪

☆久しぶりッ☆

 


図書館

日本語でパソコンが使えます。いつも朝早く行って宿題をしたりしていました。図書館に行けば、たいてい友達がいました。土曜日は休みで、日曜日は13:00〜19:00開館です。


イベント

学校で行事ごとにイベントがありました。私が参加したのは、ハロウィンパーティーです。冬にはスキーに行ったり、ボーリングに行ったり、いろいろな行事があります。参加費はいずれもお手頃なので、友達と皆で参加するのもいいと思います。

学校のハロウィンパーティー 恥なんてものはないッ!!

 

次へ進む

目次へ戻る