1.出発前の準備

 

(1)持ち物

 

お金

 トラベラーズチェック、現金、クレジットカード、帰りの新幹線代等の日本円 。

 ※下記を参照してください。

ホストファミリーへのお土産

 ※下記を参照してください。

服・靴

 

 シャツ、Tシャツ、トレーナーを持っていきました。薄めのものばかりを持っていったのですが、 着いてみたら寒くて失敗でした。靴は1足だけです。

 

学用品

 

 筆記用具、英和・和英辞書、電子辞書。ノートは向こうでルーズリーフを買うので持っていかなくていいと思います。

 

カバン

 

 通学用のカバン。いつもたくさんの教科書などを持ち歩くので、リュックサックのようなものがいいと思います。買い物へ行く時の小さいカバン。肩からかけられるもの。

 

医療品

 一通り全ての薬を持っていきました。絆創膏、目薬、コンタクト用品。

日用品

 

 MD、ティッシュ、ハンカチ、くし、洗面用具(シャンプーなどは普通のサイズを持っていき 、少しあまりました)、化粧品、爪きり、耳かき、おりたたみ傘、腕時計2つ(1つは現地時間に、もう1つは日本時間に合わせて常に持ち歩いていました)、目覚まし時計、タオルなど 。

 

写真

 

 カメラ、フィルム。自分の家族、友達、家、学校、日本らしい風景や行事などの写真。ホストファミリーにも紹介できるし、自分が寂しくなったときにも見れるのでいっぱい持っていったほうが良いと思います。

 

日本食

 

 チンするご飯、インスタントのおみそ汁、おかし、ホストファミリーに親子丼をつくる予定だったので、干ししいたけ 。

 

その他

 

 どのくらいのペースで洗濯をするのかがわからなかったので、下着やタオルを自分で洗えるように洗濯用品を持っていきました。 洗濯バサミセットはちょっとしたタオルなどを干せて便利でした。

 

 

(2)お金

 

 お金はだいたいトラベラーズチェックで持っていきましたが、すぐに使う1か月分のホストファミリー代や、細かなお金は現金で持っていきました 。 あと、クレジットカードも一応持っていきました。カードは会社によって使えないお店があり、私が持っていったJ○Bカードはほとんど使えなくて大変だったので、VISAをオススメします。VISAならどこでも使えました。

 お金は約2,500ドル持っていきました。私はバスで学校に通っていて、バス代は自分で払っていました。1ヶ月54ドルです。教科書代はレベルによって違いますが、私のクラスは154ドルでした。

 お金は向こうへ行って苦労すると大変なので、できれば多めに持っていったほうが良いと思います。クレジットカードも便利なので上手に利用してください。

 

 

(3)ホストファミリーへのお土産

 

 七福神の置物  「これは何?」と聞かれ、「七人の神様だよ」と答えたら、喜んでいました。食器棚に飾ってくれました。
 お札  白山神社で買ったお札をあげました。
 習字  自分で「夢」と書いてあげました。これを一番喜んでくれて、しばらくリビングルームに飾ってくれました。
 折り紙と折り紙の本  英語で書いてある本と一緒にあげたらすごく喜んでくれて、幼稚園の先生をやっているホストマザーが「今度幼稚園に持っていくわ」と言っていました。
 ティーパックの日本茶、湯呑  誰も飲んでいなかったので、私が飲みました。
 お箸  前に来た日本人留学生もあげていたみたいで、棚の中にもう1組入っていました。
 重箱  使い方を説明したら「パーティーの時に使うわ」と言ってくれました。
 ハンカチ  ドラえもんとアンパンマンのタオルハンカチをあげました。
 紙風船  ホストマザーとホストブラザーが楽しそうに遊んでいました。

 なかなかお土産を渡すタイミングがなくて、少し渡すのが遅くなりました。でも、どれも喜んでくれて、「これは何?」とか、「どうやって使うの?」といろいろ興味をもってくれて、渡し終わったあとにハグをしてくれました。渡して良かったなって思いました。

 

次へ進む

目次へ戻る