.ホストファミリー

 

  このファミリーと一緒にいろいろな素晴らしい思い出を作りました。日々の会話や一緒の食事、そんな何気ないことが私にとって忘れられない思い出です。

 行く前にみんなで入学願書をコンピューターで送り、その時にファミリーの希望調査もします。なるべく多く希望を考えておきましょう。 そうすれば自分にピッタリな家族と出会えるでしょう。

 私にとって彼らは第2の家族です。本当に帰りたくな かったです。本当に大好き♪ 今、留学に行こうか悩んでるあなた!  あなたの第2の家族がアメリカで待っています。

 

B.J.

(パパ)

 

 

会計士のパパ。見た目と違って、とっても優しくておもしろかった。私がわからない単語なので困っている時、教えてくれました。いつも私を笑わせてくれました。パパのお陰で家族との時間が楽しく過ごせました。 大好きです♪

 

Nicole

(ママ)

 

こと前の手紙のやり取りで発覚!!ママは21歳(昨年の12月で22歳になりました。)でした。最初は戸惑ったけど、歳が近いせいか映画や音楽の趣味が似ていました。2人でいろいろな話(恋話もね☆ )したのは一生忘れ ません。次に行った時は一緒に畑仕事をしたいです。

 

Jakob

(ブラザー)

 

 

世界中で一番大好きな男の子。ホームシックで私が泣いてたら、頭を撫でてくれました。まだ1歳なのにすごく大人でした。毎日私の部屋で一緒に遊んだのは、私にとって良い英会話の練習になりました。ジェイコブが5日ぐらい グランマの家に泊まりに行ったとき、淋しくて大泣きした私です。(恥ずかしい〜! )そのくらい私は彼が大好きです。

 

Ken & Neada

(グランパ&グランマ)

 

あんまり家にはいなかったけど 、たまに一緒にご飯を食べた時は、いつも楽しませてくれました。夜遅くまでトランプしたのも忘れられません。眠かったけど、その時間がかけがえのない時間になりました。もっといろいろな話をしたかった です。

 

ペット

 

みんなが言うには、私の家は “Kind of zoo” だったらしいです。というのは家は犬―3匹、羊―3頭、ラマー1匹、そして猫が1匹いました。今考えてみるとすごいですね☆ もっと一緒に遊びたかったな〜…。噂によるとまた羊が2匹も増えたみたいです。暇の時は動物に話しかけたりしていました。

 

       

 

           

       

家の周り。よく散歩しました★

ペットのシャイアン(ラマ)

家のベランダから見た景色。綺麗でしょ!?

地下室でもあり、おじいちゃん&おばあちゃんの部屋。映画を一日に何本もここで見ました。

                                             

 

次に行きます

 

目次に戻ります