〇○イベント○〇

 日本にもクリスマスやバレンタインデーはありますが、アメリカはキリスト教にちなんだ行事がたくさんありました。感謝祭やセイントパトリックデーはアメリカで初めて体験しました。特にセイントパトリックデーは、緑のものを身につけてなければならず、食べ物も緑に着色して食べるのには驚きました。10月にハロウィン、 11月に感謝祭、12月にクリスマス、1月はニューイヤーなど毎月何らかのイベントがありました。
 
 

■ハロウィン■
   
  ハロウィンは有名な行事ですが、日本にはなかったので、私はこの時初めて経験することができました。ホストマザーは服を作るのが趣味で、1ヶ月前からハロウィンの衣装を作り始めました。キャメロンにはドラゴンの衣装を、ケイドンにはカボチャの衣装を作っていました。私は学校の授業のパーティーに参加したかったので、何か衣装を着たいと思っていました。そこで私と友達は黒猫の衣装を作ることにしました。衣装は簡単に猫の耳としっぽだけつけて、あとは黒のパーカとスカートを着ただけでした。でもパーティーはみんなが衣装にすごい工夫をしていて、とても楽しかったです。

 
 

■Thanksgiving Day■

   
 この祝日は感謝祭で、アメリカの人たちはだいたい家族と過ごします。私はホストファミリーにこの連休中にアリゾナへ連れて行ってもらいました。パパの実家がアリゾナで、2年に1度この連休に家族でアリゾナに行っているそうです。この年はちょうどその年だったので、アリゾナへ行くことになっていたんですが、パパは私も一緒にと誘ってくれました。本当にうれしかったです。飛行機のチケット代までも出してくれて、こんなことまでしてもらっていいのかなと、少しためらってしまいました。
  アリゾナは冬でもとても暖かく、昼間は日射病になりそうなくらいの暑さで、この暑さには驚くばかりでした。アリゾナのパパの家族もとてもいい人たちばかりで、私はすごくお世話になってしまいました。アリゾナではみんなで砂漠を歩いたり、買い物に行ったりしました。パパのママはすごく料理が上手で、ディナーはターキーなどが出て、毎日豪華でおいしかったです。この旅行は、今でも大切な思い出の1つです。

■クリスマス■

  
  アメリカ最大の行事クリスマスは、やっぱり日本と大きな違いがありました。アメリカの人たちは1ヶ月くらい前からツリーやリースを飾り、たくさんのプレゼントを買い、家族へのプレゼントはツリーの下に置き、親戚や友達には配達で送ったりもします。また、家をランプで綺麗に飾りつけし、夜はどの家もライトアップされてて、ディズニーランドの夜のパレードのように綺麗でした。アメリカのクリスマスは日本と違ってクリスマスイヴよりも25日のクリスマスの方が盛り上がっていました。いつも踊ってばかりのあのママが私のためにプレゼントを入れる大きな大きな靴下を作ってくれました。私は次の日に開けるのが楽しみでした。
  プレゼントを開けるのは家族みんながそろってからで、25日の朝に開けました。まず驚いたのが、ツリーの下のプレゼントの数です。日本だとプレゼントをもらうといっても多くて2〜3個程度でしょう。でもアメリカでは、1人10個以上は普通みたいです。また大人も子供も関係なくたくさんのプレゼントをもらいます。私のホストファミリーは私のためにたくさんのプレゼントを用意してくれました。セーター、手袋、帽子などさまざまな物をもらいました。私はパパには体を洗う長いスポンジつきのブラシをあげ、ママにはフルーツが入っているようなキャンドルを、キャメロンには手作りマフラーをあげ、ケイドンにはピカチュウのぬいぐるみをあげました。子供たちもパパやママにプレゼントを買っていました。私はとても感動しました。アメリカのクリスマスは最高です!!
 
 

■お正月■
 

  意外にも日本と違ってアメリカのお正月は、クリスマスの盛り上がりとは対照的に、そんなに大きな行事ではありませんでした。31日の夜もいつもと変わらない食事をして、夜も普通にテレビを見たりビデオを見たりして過ごしました。でもパパとママと私は年が変わる12時まで起きて、新年を祝いました。12時になったとたん花火の音が外から聞こえてきて、隣の家の人も家から外へ出てきて”Happy new year!!”と言い合っていました。年が明けた1月1日も、いつもと変わらない食事をして、夜も普通にテレビを見たりして過ごしました。
 
 

■バレンタイン・デー■

  日本では女性が男性にプレゼント(主にチョコレート)を送る習慣があると思いますが、アメリカでは男性から女性にプレゼントすることが多いです。ちなみに私のパパとママはお互いにプレゼントをあげてました。チョコレートをあげる習慣はアメリカにもあるみたいで、パパはママにチョコレートをあげてました。またママは2人の子供達へもぬいぐるみとおもちゃを買ってあげてました。私もチョコとぬいぐるみをもらいました。
  キャメロンはプレイボーイで、バレンタインの前の日に、幼稚園のクラスメートの女の子たちにあげるチョコレートを2個づつ包んでいました。でもキャメロンには好きな女の子(ジェシカ)がいて、ママがチョコレートをあげる子の名前を呼び上げているとき、他の女の子の名前のときは反応が小さかったのですが、「じゃ次はジェシカちゃん?」とママが言うと、すごい反応をしていました。また、ジェシカちゃんにはチョコレートをみんなより多い3個入れて、翼日の心の準備をしていました。私のことなどそっちのけで、頭の中はジェシカでいっぱいでした。
 
 

 
次のページに行く
 
目次に戻る