出発前に・・・

★事前学習★

 出発前には、オリエンテーションや、事前学習があります。私の場合は、今回このプログラムができたばかりということもあって、全てが本当にギリギリの状態でした。
 7月中旬にプログラム参加者の選考テスト(Pre-TOEFL)を受け、8月中に何度か学校に行き事前指導を受けました。その内容は、必要な書類などを準備したり、姉妹校であるグリーン・リバー・コミュニティー・カレッジへの入学手続きをしたり、あとはちょっとした日常会話を学ぶ程度でした。
 選考テストであるPre-TOEFLは、説明などはすべて英語で問題数も多めなので、初めての人は書店などでTOEFLのテキストを購入し、一度やってみることをおすすめします。私はこのときが初めてで、わけがわからずすごくあせったのを覚えています。急いで問題を読んでいるにもかかわらず、最後まで終わらせるのがやっとで、リスニングは本当に適当に答えてしまいました。問題を考える時間はまずないと考えたほうが無難かもしれません。


★おみやげ★

 おみやげは、海外語学研修の人のホームページをみて決めました。喜ばれたのは、英語で書いてある日本食の本(ホストマザーが料理好きだったので)で、折り紙の本も持っていったのですが、英語で説明が書いてあってもわからないらしくていつも聞かれたので、折り紙が苦手な人は練習をしていったほうがいいかもしれません。
 前に日本人の学生を受け入れたことがあるホストファミリーがほとんどだと思うので、少し変わったものを持っていくと喜ばれるでしょう。
 あと、ちいさい子ども(1〜3才)のいる家庭にお菓子を持っていこうと考えることは、日本では自然なことですが、私はそれで失敗しました。アメリカの家庭ではちいさい子どもは甘いものを一切食べさせてもらえないというところが多いのです。
 

おみやげリスト
 


★写真★

 時間が少なかったので、あまり撮れませんでした。高校生の頃の写真やペット、自分の家、近所の風景、家族の写真などを持っていきました。日本の伝統的な行事や、お祭りなどの写真も喜ばれると思います。
 余談ですが、授業で自分の実際経験した旅行をテーマに発表をしたり、エッセイを書いたりすることがよくあるので、旅行に行った時の写真を多く持っていくと、便利です。発表のときに良い写真を使えば使うほど、高い点数がつきます。


★荷物★
 


 

★次ページへ★

★目次へ★