♪出発前に…

☆お金
 お金は行く前にトラベラーズチェックと現金(ドル札)に換えていきました。トラベラーズチェックと現金はすべて50ドルと20ドルに換えていきました。お店によって、トラベラーズチェックで支払いをするときに、パスポートを見せなければいけないお店もあるのですが、私が行った所は全部大丈夫でした。やっぱり最初はトラベラーズチェックと現金の両方を持っていったほうがいいと思います。トラベラーズチェックは1,000ドル分、現金は300ドルくらい持っていきました。



☆お土産
 お土産はいろいろ考えた末、こんなものを持っていきました箸と食器のセット、折り紙、日本酒、柿の種、日本の歌手(宇多田ヒカルとドリカム)のCDです。みんなが集まってるときに渡したかったのですが、それぞれ仕事や学校の都合上、ホストファーザーのパットと娘のアンナがいるときにしか渡す機会がなかったので、その時に渡しました。
 お土産を渡すのにはタイミングが重要です!!やっぱり家族全員そろっているときに渡すのがいいと思います。私が渡したときは2人しかいなかったためか、普通に渡して、普通に会話が終了しました。日本酒を渡したときに、パットが微妙な反応をしていたので、どうしたんだろうと思っていたら、なんと!パットは牧師さんで、キリスト教の牧師さんの家(種類によって)は禁酒・禁煙なのです!だからあんなに微妙な反応をしていたのかと納得です。あの日本酒はどこに行ったのかな…。



☆荷物
 やっぱり6ヶ月行くんだから、荷物はかなりの量になります。私はスーツケース2個分に、洋服、辞書、日本食、文房具を入れていきました冬服は向こうで買ったほうが安いと思ったので、荷物になるようなコートなどは持っていきませんでした。
 日本食は必需品です!必ず持っていったほうがいいと思います。私の場合は特にそうで、最初はホストが食事を作ってくれなかったので、それで乗り切りました!カップラーメン、梅干、レンジでチンするご飯、みそ汁、日本のお菓子を持っていきました。レトルト・カレーとスパゲッティソースなどを持っていくといいと思います。
 あと、絶対に持っていったほうがいいのは電子辞書です!授業の最中にわからない単語があった時などに、いちいち辞書を引いていては日が暮れます。アメリカで出会ったほとんどのインターナショナルの生徒たちは必ずといっていいほど持っていました。私は持っていかなかったんですけど、やっぱり時間がかかってたくさん調べなければいけないときには疲れました。でも、普通の辞書も持ってって下さいね☆



☆ついに出発!
 9月14日、ついにこの日がやってきました!いつもの通り起きて、準備して…。よし!完璧だ!なんて思いながらかばんの中を見たら…!出し忘れた日本文化論のレポートが…。その日は学校に行かないはずなのに、行くはめになってしまって、緊張感もくずれました。なんだかんだで、やっと新潟駅に着きました。新幹線に乗って、成田エクスプレスに乗って、やっと成田空港に到着☆夕方の5時の便に乗るまで一時間くらい時間があったので、みんなで着いてからのこととか、ホストファミリーのこと、学校の話などをして、時間をつぶしました。そして、やっと搭乗の時間!飛行機の中は興奮と不安で一睡もできませんでした。テレビがついていたのでずっとそれを見ていました。アメリカに着く前に、飛行機の中で記入しなければいけない書類があって、それをフライト・アテンダントの人たちが配っていました。私に渡されたのはなんと!日本人用の紙ではなくて、中国人用の紙でした。中国人に間違えられるなんてショックでした…。なんだかんだいって、もうすぐ到着の時間!陸地が見えたときにはすごく感動しました☆シータック・エアポートに到着し、入国審査を済ませ、いよいよホストファミリーとの対面!
 
 

♪次へ行く♪

♪目次へ戻る♪