5.Party&プレゼンテーション

【Welcome party】
 
 私たちがホストファミリーと会った次の日の夜、Welcome partyが開かれた。ピザ屋さんのパーティールームのような所で、それぞれの家族ごとに分かれて夕食を食べた。まだ会って2日目だったので緊張していたし、英語が理解できないのもあって、友達同士で話している方が長ったような気がする。そこで私たちはプレゼント争奪戦ゲームをした。ホストファミリーが用意してくれたプレゼントを順番で、人の持っているものが欲しければそれを、自分で新しいものを開けたければ新しいものを一人ずつ取るというゲームで、初めはみんな遠慮がちだったけれど、一人が誰かのものを取った後から奪い合いになった。私もペンギンのスリッパを狙っていたけれど、結局もらえなかった。帰る前にケーキが出たが、そのケーキの色使いにビックリした。ピンクや紫、青や緑・・・。日本では考えられないようなケーキだった。それがアメリカのケーキを見た最初だった。味はといえば、もちろん<甘い>の一言だ。
                     
 

 

【Birthday party】
 
 2月27日にその日誕生日の亮子と3月1日に誕生日の絵里奈2人のBirthday partyを開くことになった。それを知って25日の夜、プレゼントを買うためにsupermallに行った。そこで私が最初に見たものは、メリーゴーランドだった。夕食もホストマザーの勧めでLittle Tokyoという日本食のお店でお寿司を食べた。久しぶりに食べるご飯に感激した。食べた後にJimmy、Matthewと私でメリーゴーランドに乗った。子供の頃に乗って以来だったので楽しかった。一番の目的であるプレゼントも選ばずに時間だけがすぎていった。何にしようか迷っていたけれど、あんまりガサばっても大変だと思ったので、無難な所でボディーソープにしてみた。
 
 Partyでは主役のいとこが手品をしてくれたり、お父さんが盛り上げてくれたりして、楽しかった。またあの甘いケーキを食べたが慣れてきたのかおいしいと思って食べた。その時慣れは恐いと感じた。予定にはなかったpartyだっただけに楽しかった。
 

【さよなら party】
 
 3月9日、さよなら partyをした。その準備に、午後からプレゼンテーションの練習や「私を忘れないでね」ノートや写真立てを作っていた。もう明日お別れなんだと思うとさみしかった。私たちはプレゼンテーションで、日本の節分についての説明とちょっとその場で豆まきをしてみた。アメリカに行く前からいろいろと準備が大変だったわりにはあっけなく終わったと思う。みんなで最後に「今日の日はさようなら」を歌ったとき、うるっときてしまった。その場でホストファミリーといっぱい写真を撮った。partyが終わってうちに帰ったら、Grandmomが「明日見送りに行けないから今日でお別れね」といったのを聞いて、大泣きしてしまった。泣き止みたくても、もう会えないんだと思うと、涙がとまらなかった。
 

 目次のページにもどる
 
次ページにいく